中信 スピードスター300

ファクタリング無料診断

中信スピードスターとは?事業資金としても利用OK?

中信スピードスター300

「京都ちゅうしん」がからリリースされている「中信スピードスター300」というローン商品。

一体どのような特徴があるのでしょうか?
 

まず中信スピードスター300の利用資格者ですが、主婦やパート・アルバイトをしている人以外にも「個人事業主や法人役員の方」も利用可能なローンです。

主婦やパート・アルバイトの方がお金を借りれるローンなので一見、中信スピードスター300はカードローンやフリーローンのようにも思えます。

ですが、実は中信スピードスター300では「事業運転資金やビジネスローン」としても使用することも出来るのです。
 

中信スピードスター300の申し込み条件としては「満20歳以上で完済時年齢が満76歳未満」で電話連絡がちゃんと取れる人。

そのほか「ちゃんと定職についていて安定した収入を得ていること」「京都中央信用金庫が定める融資基準を満たしていて会員資格のある人」などが挙げられます。
 

中信スピードスター300の借入限度額は最高で300万円までとなります。

10万円以上からとなり1万年単位で融資上限金額が設定されます。

ただ、700万円以上の融資を希望の場合には京都中央信用金庫の会員に必ずならなければいけないので注意しましょう。

会員になった場合、融資実行時には「出資金として一万円以上払わなくてはならない」のも要注意です。

ただ逆に言えば、700万円以内の借入であれば京都中央信用金庫の会員にならなくてもいいということになります。
 

中信スピードスター300の返済期間に関してですが「最長で7年」と比較的余裕をもった返済ができ、毎月5千円以上の元利均等返済というのも口コミで評判を得ているようです。

ちなみに半年以上の返済期間で中信スピードスター300のローンを組むと、一ヶ月単位で返済期間を設定することも可能になります。
 

また、金利や利息は審査結果に応じて決まり「年7.0%~年9.5%~年14.0%」で設定されます。

中信スピードスター300はスピーディーな審査が特徴で、原則24時間以内に審査結果を回答してくれるので急ぎで資金調達したい人にもピッタリといえるでしょう。

mokuji

中信スピードスター300は甘い審査で通るのか?

中信スピードスター300の審査基準

キャッシングのような使い方以外にも「事業性資金」としても使える中信スピードスター300。

銀行などから融資を断られやすい個人事業主さんにとっては非常に嬉しいローン商品ですが、審査基準は厳しいほうなのでしょうか?
 

まず中信スピードスター300の審査は、保証会社の「株式会社クレディセゾン」によって行なわれます。

そのほか「京都中央信用金庫の融資基準を満たしているか?」についても京都中信側からダブルで審査されるため、「審査自体は甘いことはない」と予想されます。
 

ただ中信スピードスター300を事業資金として利用する場合、「業務拡大」などであれば「将来性がある」ため審査通過しやすいかも知れません。

もちろん、ある程度「事業計画書」などがしっかり書かれていなければ審査落ちは避けられませんよ。

逆に、会社が赤字などで「資金ショートしそうだからお金を融資して欲しい!」という場合であれば、融資してもらえない場合もあるでしょう。

京都中央信用金庫としては「事業が上手くいっていないのにお金を貸したら、返済されない恐れがある」からです。

事業計画書などでこれからの将来性を示せなければ、融資審査に通るのは難しいと考えてよいでしょう。
 

ちなみに、もし中信スピードスター300で融資を断られてしまった場合は、大手のカードローンなどで「生活費」としてお金を借り、現在あるお金をを事業資金に回すのも1つの手です。

個人としてのカードローンであれば、ビジネスローンや事業者ローンよりは審査に通りやすいかと思いますので、ぜひ試してみてください。
 

中信スピードスター300をカードローンやキャッシングとして利用したいという人の場合、今まで特に借金もなく現在もちゃんと働いて毎月収入が安定しているのであれば、中信スピードスター300の審査に通過することはそこまで問題はないでしょう。

しかし、過去に借金返済を何度も延滞している人や、現在他の金融業者からたくさん借金をしているという人は審査通過は難しいかも知れません。

借金が多ければ返済が追いつかず、お金を返してもらえないと判断されてしまうからです。
 

このように、中信スピードスター300の融資審査というのは甘いものではないといえるでしょう。

よく自分の状況を踏まえた上で中信スピードスター300の審査に申し込むのがお勧めです。
 

余談ですが、中信スピードスター300の保証料は「融資を受ける際の金利」に含まれているそうです。

他の大手金融会社などでは基本的には「無料」ですので、京都中央信用金庫は若干ケチくさいかもしれませんね笑

事業者ローンを断られても
ファクタリングなら資金調達可能!?
↓ ↓ ↓ ↓

ファクタリング無料診断