学生ローンのカレッジ

カレッジに申し込む前に
安心の大手も比較!
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 
 

学生ローンカレッジは審査基準は甘い?

カレッジの審査は甘くはない

⇒カレッジの公式HPはココ

 

学生ローンのカレッジは学生なら誰でも借りられるという訳ではありません。
 

お金を借りるには審査を受けて通過しなければいけません。

そして、学生ローンのカレッジには「独自の審査基準」があります。
 

ただ、審査基準は公開されていませんので、「どのように審査が行われるのか、どうすると審査に有利なのか?」については公表されていません。
 

ですので、ここでは「一般的なカードローンの審査基準」と照らし合わせ、学生ローンのカレッジの審査基準を考査してみました。
 

まず、「学生ローン」と聞くと「審査は甘いだろう」と思っている人は多いのではないでしょうか?

社会人に比べ、「大学生・短大生・専門学生」などの属性は低いですから、そう思うのも無理はありません。
 

確かに学生ローンは比較的、審査は甘いほうだといえます。

ただし、あくまでも「銀行や大手消費者金融」と比較した場合での話であり、カレッジが誰でも簡単に審査に通りやすいという訳ではありません。
 

審査基準を満たしていなければ、学生ローンといえど審査は否決となり、お金を借りる事はできません。

 

では学生ローンのカレッジの審査に通るにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、学生ローンカレッジの審査に通るためには、やはり「アルバイトで収入をえていること」が必須です。
 

つまり、「毎月安定的にバイト収入がある学生さん」でなければ、審査通過はできません。

また、アルバイトでも短期的なものですと、審査に通るのは厳しいです。
 

「短期バイトの一時的な収入」では返済できなくなる恐れもありますので、そのような人にはカレッヂは貸してくれません。

学生ローンのカレッジでは、「働いていて収入が無くても借りれる」というような甘い審査ではないのです。
 

また、学生といえど「過去の借入履歴」などは、審査のときに必ずチェックされます。

例えば、携帯の機種代を何か月も滞納していたり、何度も借金を繰り返している場合、審査に通るのは難しいでしょう。

 

このように、学生ローンのカレッジは誰でも審査に通るような甘い審査基準ではないのです。

ちなみに、学生ローンのカレッジの審査では、大手のカードローン会社と違い、すこし「特例」的な部分があります。
 

それは、カレッジの公式ホームページの質問一覧にも記載されていることですが、「一時的にアルバイトをしていない」という場合は、相談次第で借りられる可能性もあるようです。

ただし、あくまでも「一時的にアルバイトをしていない場合」に限ります。
 

「今後アルバイトをする予定があり、きちんと収入を得ること」を条件に、お金を貸しくれる可能性もある…という話です。

なので、始めからバイトする気がない場合は絶対に借りられません。
 

また、「次のバイト先が既に決まっている」といった場合でなければ、審査に通らないでしょう。

このように、カレッヂでは大手に比べて、多少は審査基準が柔軟な部分もあります。
 

しかし、ブラックや多重債務者でもお金を借りれるわけではないでしょうから、勘違いしないようにしましょう。

 

お得な無利息サービスがあるのは
安心の有名カードローンだけ!
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 
目次に戻る

学生ローンのカレッジの口コミ評判は?

カレッヂの口コミ評判

学生ローンのカレッジでお金を借りるとなると、やはり気になるのが口コミ評判です。

ここでは、カレッヂの様々なクチコミを、ネット上から集めてみました。

 

【カレッジの主な口コミ評判】

 

悪い口コミ(フリーター男)

カレッジは、とにかく電話対応が感じが悪い。
契約のときも面倒くさい感じで対応され、笑顔がひとつもない。
※引用元:Googleの口コミ

悪い口コミ(学生男)

対応があまり良くないし、できればここにお世話にならないほうがいいかも。
カレッジよりも大手カードローンのが安心かもです。
※引用元:Googleの口コミ

良い口コミ(フリーター女)

カレッジは過去に返済遅延が多くなければ、一応相談には乗ってくれる。
とりあえず電話で相談してみるのもオススメ。
※引用元:yahoo知恵袋

良い口コミ(学生女)

金利が低いし、昔から営業している老舗なので、怪しい金融よりも安心でおすすめです。
※引用元:yahoo知恵袋

 

カレッジの口コミで目立ったのは、「電話の対応があまりよくない」といった口コミです。

こういった口コミは数件あったので、対応に関してはドライな感じなのかもしれません。
 

そのほかだと、「ある程度借金をしていても、相談には乗ってくれる」というものです。

こういった口コミを見ると、カレッジは審査が甘いように感じます。
 

ですが、あまりにも借金が多かったり、返済遅延していることが多ければ、カレッヂといえど審査には通らないでしょう。

「カレッジは審査が緩い」と勘違いして申込しないよう、注意しましょう。
 

ちなみに、2ちゃんねる(2ch)でのカレッジの口コミ評価を調べましたが、ほとんどありませんでした。

カレッヂのような中小のサラ金業者は、けっこう2ch掲示板に悪いクチコミが書かれていることが多いです。
 

しかし、2chではカレッジはそこまで悪い口コミはありませんでした。

このように、カレッヂには様々な口コミ評価がネット上では見受けられます。
 

ただ、あくまでも匿名での口コミですから、不安な点があれば、まずはカレッジに電話して聞いてみるのが良いでしょう。

「どうしても中小の学生ローンは不安!」という人は、やはり安心の大手カードローンに申込むことをお勧めします。

 

大手有名カードローンなら
口コミ評価も高くて安心安全
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 
目次に戻る

学生ローンのカレッジでは在籍確認はない?

カレッジは在籍確認なしで借りれる

⇒カレッジの公式HPはココ

 

学生ローンのカレッジでキャッシングする際、やっぱり気になるのが「在籍確認の電話」ですよね?

「在籍確認」とは、勤務先に電話連絡をして「その会社に本当に在籍しているかどうか?」を確認することを言います。
 

申込者が申告した会社に在籍していないとなれば、「働いていない=収入がない」ということになり、そもそも嘘を付いたとして審査はほぼ100%落ちます。

では、学生ローンのカレッジではバイト先に在籍確認の電話がかかってくるのでしょうか?
 

これに関してですが、実は学生ローンのカレッジは「バイト先に電話連絡なしで借りることも可能」です。

また、申し込み者の自宅に電話が行く(在宅確認)もありません。
 

学生ローンのカレッジでは「プライバシーへの配慮」に力を入れているため、在籍確認の電話は基本的にしないのです。

ただし「必要書類に不備がある場合」は、在宅確認・在籍確認の電話が行われることもあるようです。
 

また、「本当にバイトしているのか怪しい」と審査で判断されれば、バイト先の給与明細書などの提出を求められることもあるでしょう。

ちなみに、仮に在籍確認・在宅確認の電話をかける場合でも、必ず申込者本人に同意・了承を得てから行ってくれます。
 

なので、勝手にバイト先に在籍確認の電話が行くようなことはありません。
 

このように、学生ローンのカレッジでは基本的に在籍確認の電話がバイト先に行くことはないです。

ただ、場合によっては電話連絡が行われることもあるので注意が必要です。

 

在籍確認の配慮なら
大手が安心!バレにくい
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 
目次に戻る

カレッジは郵送物はくる?親バレしない?

カレッジは親バレしない?郵送物なしにできる?

⇒カレッジの公式HPはココ

 

カレッヂでキャッシングする場合、「親に内緒にしておきたい」という学生さんが多いのではないでしょうか?

借金が親にバレると面倒ですから、なんとか内緒でキャッシングしたいところです。
 

この「キャッシングが親バレする主な原因」の多くは、「自宅に金融業者から郵送物が届いてバレてしまう」というものです。

つまり、親バレしないためには「郵送物なし」でカレッジからお金を借りるしかありません。
 

では、学生ローンのカレッジでは「郵送物なしでキャッシング」は可能なのでしょうか?

まず、結論から言うと「カレッヂに来店して契約すれば、郵送物は無し」になります。
 

カレッジに来店してしまえば、その場で契約書類などは受け取れますので、郵送物がそもそもなくなるというワケです。

ただ、問題なのは「カレッジへの来店契約は誰でもできるものではない」ということです。
 

学生ローンのカレッジは東京の高田馬場に1店舗しかありません。

ですので、遠方に住んでいる場合は、ネット申込の振込契約しかできません。
 

そして、この場合ですと「契約書類」などが入った郵便物が必ず自宅に送られてきます。

しかし、カレッジの社名ではなく「個人名」で郵送物を送ってくれるそうなので、家族にバレる可能性は低いかと思います。
 

このように、学生ローンのカレッジでは来店して契約すれば、家に郵便物が届くことはありません。

また、仮にカレッヂに来店できなくても、郵送物に会社名を記載しないで送ってくれますので、親バレの心配は低いでしょう。

 

自動契約機を使えば
来店なしで郵送物なし!
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 
目次に戻る

カレッジの必要書類は何?収入証明は必要?

カレッジの必要書類

⇒カレッジの公式HPはココ

 

ここでは学生ローンのカレッジに申し込みする際の「必要書類」について解説していきます。

学生ローンと聞くと簡単な書類のみで手続きできるイメージがあります。
 

ですが、学生ローンのカレッジでは用意する書類がちょっと多めです。

また、「来店契約」と「振込契約」の場合とでは必要書類が異なりますので、よく確かめてから手続きしてください。

 

まずは「カレッジに来店契約」の場合の必要書類です。

来店契約の場合は「学生証」と「免許証 or 保険証」の2点が必要となります。
 

もし免許証や保険証がない場合は、別で本人確認書類を用意しなければいけません。

 

次に「振込契約」の場合の必要書類です。

振込契約の場合は「学生証」「免許証か保険証」「銀行のキャッシュカード」「公共料金の領収書または請求書」の計4点となります。
 

他の学生ローンに比べ用意する書類が多いですから、忘れ物が内容注意が必要です。

公共料金の領収書・請求書に関しては、「ガス代、水道代、電気代、電話代」などが有効となっています。
 

もし公共料金の領収書や請求書がないという場合は、まずはカレッヂに相談してみると良いでしょう。

2つの契約方法で共通して言えるのは、「学生証」「免許証か保険証」が必須であるということです。
 

ただ、もし学生証がないという場合は「免許証を在学証明書を代わり」にして契約することも可能です。

ですが、必ず後日に学生証を発行し提出しなければなりません。
 

仮に在学証明書もない場合は、学生証が発行されてから出ないと、先へは進みません。

学生さんがカレッジでお金を借りるの場合、基本的に「学生証がないと申し込みできない」と思ったほうが良いかもしれませんね。
 

ちなみに、学校によっては学生証を発行していないところもありますが、その場合、学生さんがカレッジで借りることはできないようです。

 
カレッヂは収入証明書なしで借りれる

カレッジでの必要書類で、もう一点気になる点は「収入証明書」ではないでしょうか?

これに関してですが、学生ローンのカレッジでは基本的に「収入証明書なし」で借りられます。
 

だからといって収入がなくても借りられるわけではありませんので、その点は勘違いしないでくださいね。

 

このように、学生ローンのカレッジでは他のカードローンに比べ、必要書類がかなり多いです。

審査申込みの時には、必要書類に不備がないように必ず確認してから申し込みしましょう。
 

また、収入証明・所得証明書は不要ですが、収入がない学生さんは借りられませんので注意してください。

 

少ない必要書類で済むのは
安心の大手カードローン
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 
目次に戻る

カレッジは未成年者の学生は借りれるの?

カレッジで未成年が借りれる条件

⇒カレッジの公式HPはココ

 

学生ローンのカレッジは、「未成年」の学生でも借りることができるのでしょうか?

多くのカードローンやキャッシングでは、未成年の場合ですと、学生だろうが働いている社会人だろうが、100%審査落ちします。
 

ですが学生ローンのカレッジの場合ですと、条件を満たせば未成年の学生でもお金を借りることは可能です。
 

その条件は、

【1】高卒以上であること

【2】限度額は10万円まで

【3】親の同意書が必要

…この3点です。
 

基本的には親の同意書なしでは借りることはできず、「親が保証人になる」といった形で未成年者に貸し付けするのです。

しかも、未成年の学生だと上限金額は10万円までしか借りれず、これでしたら親に借りたほうが良いでしょう。
 

このように、18~19歳の未成年者はカレッヂでお金を借りることは可能ですが、現実的な話とは言えません。
 

ちなみに、成人している大学生などであれば、ちゃんとバイトをしていれば本人契約は可能です。

本人契約ですから、親バレ鶴可能性は低いですよ。

目次に戻る

学生ローンのカレッジは即日融資はOK?

カレッジは即日融資も可能

⇒カレッジの公式HPはココ

 

カレッジでは、学生ローンとしては嬉しいことに、即日融資に対応しています。

ただし、学生ローンのカレッジで即日融資を受けるには「条件」がいくつかあります。
 

ここではカレッヂで即日融資を受ける手段と条件に付いてご紹介していきます。
 

まず、学生ローンのカレッジでの即日融資を受ける方法は2通りあります。

「銀行振込」「来店契約」による即日融資です。

 

1つ目の「銀行振り込み」での即日融資の条件ですが、「平日の2時20分までに申し込み・契約完了を終わらせること」です。

銀行振込の場合、その日に融資が反映されるのは15時がタイムリミットとなります。
 

ですから、2時20分までに電話連絡・必要書類の送信を完了させ契約できなければ、カレッジで即日融資は受けれません。

これを過ぎると翌日振込み扱いになりますので、注意しましょう。

 

続いて2つ目の「来店契約」による即日融資の条件です。

これに関しては「平日の営業時間終了(18時まで)に契約を完了させること」です。
 

この条件をクリアできれば、その場でカレッジから即日融資で現金を受け取れます。
 

ただ、カレッヂは店舗が高田馬場に1つしかありませんので、来店するのは難しい人もいるかもしれません。

そうなると、振り込みでの即日融資を選びましょう。

 

ちなみに、来店の際は必要書類を不備なく持参するようにしてください。

必要書類が足りないと、即日キャッシングはできませんので要注意です。
 

このように、カレッジでは2種類の方法で即日融資を受けることが可能です。

 

より確実に即日で借りるなら
即日対応の大手カードローン
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 
第2位プロミスプロミス
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要

 
目次に戻る

カレッジで土日に即日借入できるの?

カレッヂは土曜なら即日融資OK

⇒カレッジの公式HPはココ

 

カレッジでは土曜日・日曜日や祝日は即日融資を受けることができるのでしょうか?

結論から言えば、土曜日のみ条件を満たせば即日融資は可能です。
 

まず、学生ローンのカレッジでは平日だけでなく「土曜日」も実は営業しています。

ただし、日曜日、祝日はカレッジはお休みですので、即日融資を受けることはできません。
 

また、振り込み融資の場合、土曜日は銀行がお休みですので、「来店契約」の場合のみ土曜日に即日融資が可能です。

気になる条件ですが、カレッジは土曜日の営業時間は10時~14時までです。
 

つまり、14時までには契約完了させなければ、即日で現金を受け取ることはできません。

ですので、できれば午前中に申し込みをしなければ、当日借り入れするのは難しいでしょう。
 

ちなみに、カレッヂでは第2・第4土曜日はお休みです。

つまり、第二と第四の土曜日はに即日キャッシングはできません。
 

このように、カレッジでは第2・第4以外の土曜日であれば、条件を満たせば即日融資は可能です。

ただし、日曜日や祝日などは当日融資はできないので注意しましょう。

 

土日や祝日も借りれるのは
全国に自動契約機のある大手
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 
第2位プロミスプロミス
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要

 
目次に戻る

カレッジでの増額方法は?追加融資は受けれる?

カレッジは増額・追加融資も可能

学生ローンのカレッジでは限度額を上げることはできるのでしょうか?

結論から言えば、カレッヂでは増額・増枠・追加融資は可能です。
 

ただし、無条件で増額ができるわけではありません。

ここでは、カレッジでの増額方法について解説していきます。

 

まず、「学生ローン」というのは一般的なキャッシングと異なり、「与信枠」が2つ設けられます。

それが「極度額」と「限度額」です。
 

極度額とは「契約上で借入可能な最高額」のことです。

限度額は「実際に借り入れできる枠」のことを言います。
 

これら2つを総称して「与信枠」というのです。

学生ローンのカレッジでは、契約すると「契約上の上限金額」が設定されますが、これが「極度額」にあたります。
 

そして、「その極度額の範囲内で設定される額」が「限度額」であり、極度額と限度額は同じとは限りません。

例えば、極度額が30万円で限度額が10万円であれば、「実際に借りられるのが10万円」までということになります。
 

そして、この場合で10万円借りてしまうと追加融資を受けることはできません。

どうしても追加でお金を借りたいのであれば、限度額を増やすしかないのです。

 

では、カレッジでの限度額を増額するにはどうすればよいのか?

まず、当たり前ですが「増額の申込み」をしなければなりません。
 

カレッジでは、増額の申し込みは電話でしか受け付けてないので注意しましょう。

そして申し込みは終わると、カレッジ側で「この人は増額しても大丈夫か?」といった増額審査が行われます。
 

この際に、「これまでの返済実績」と「現在の他社借入状況」が非常に重要となります。

そもそも、これまでカレッジで一度でも返済延滞をしていれば、「信用がない」と判断され増額・増枠することは難しいです。
 

また、借金が他の金融会社からあれば、「増額しても返済は見込めない」と判断され、追加融資してもらえません。

仮に他社借り入れがある場合は、「総量規制」も絡んできますので注意が必要です。

 

このように、カレッジに限らず、増額審査というのは「今までの利用実績・返済実績」「現在の借金状況」が非常に厳しく見られます。

また、仮に「カレッジで契約してから1か月ぐらいで増額する」というのは難しいです。
 

そもそも、1か月ぐらいでは返済実績などはできませんし、信用も得られにくいです。

ですから、カレッヂと契約してから6か月~1年ぐらいは経っていないと、増額はしてもらえないでしょう。

 

カレッジでの増額申込はココから

 

カレッヂで増額よりも新規契約のが早くて楽

カレッジでは限度額を増額し、追加融資してもらうことは可能です。

しかし、増額するには審査があり、返済実績や利用期間も重要になってくるので、注意しましょう。
 

もし増額審査に自信がないのであれば、大手カードローンで新規契約したほうが、早く借りれるし楽ですよ。

 

カレッジで増額が厳しいなら
新規で大手カードローン!
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 
目次に戻る

カレッヂの金利や利息は大手よりも低め

カレッジの金利・利息の一覧表

⇒カレッジの公式HPはココ

 

カードローンやキャッシングをりようする場合、必ず金利が付いてきます。

各金融業者によって、金利の利率は大きく異なりますが、カレッジの場合は金利は高いほうなのでしょうか?
 

気になる学生ローンカレッヂの金利についてですが、学生ローンのカレッジは大手消費者金融に比べて、金利・利息がやや低めです。

カレッヂの金利は「年利15.0%~17.0%」となっており、最高でも17.0%です。
 

大手のカードローンではだいたいが18.0%なので、カレッジはちょっとだけ良心的とも言えます。

大学生や専門学生はそこまでバイト代も高くはないので、カレッジの金利設定はありがたいところといえます。

目次に戻る

学生ローンカレッジの申込方法は3つ!

カレッジの申し込みの流れ

ここでは学生ローンのカレッジの「申込の仕方」や「申込方法」について解説していきます。

まず、学生ローンのカレッジの申込み方法は「インターネット申込・電話申込み・来店申し込み」の3種類から選ぶことができます。

 

【インターネット申込の流れ】

カレッジのネット申込の流れ

インターネットからのカレッヂに申し込む場合は、「専用の申し込みフォーム」から申し込みとなります。

⇒カレッヂのネットからの申込フォームはコチラ
 

その際、「利用に当たっての注意喚起」が表示されますので、「確認」にチェックを入れて申込をクリックします。

ちなみに、インターネットから申込した場合、「申込確認の電話」が必要となります。
 

申込時に「自分から電話するか」、「学生ローンのカレッジから電話をもらう」を選択できますので、都合の良いほうを選びましょう。

 

【電話申し込みの流れ】

カレッジの電話申込の流れ

電話で申し込む場合、学生ローンのカレッジに電話する前に「同意書」をメールで送ります。

さらに申し込みフォームに必要事項を記入して送信します。
 

そして送信後に電話をかけます。

電話で申し込む場合も、インターネット申込と同様の手続きが必要となりますので、正直、ひと手間かかります。
 

その後、電話にてカレッジから聞き取りが行われ、「住所」「銀行口座」「アルバイト先」などの情報を伝えます。

それが終わると、融資審査に移ります。

 
⇒カレッジの電話申し込みの詳細はコチラ

 

【来店申込の流れ】

カレッジの来店申込の流れ

カレッヂに来店にて申し込みする場合は、契約が完了すればカレッジの窓口にて、その場でお金を受け取り可能です。

忘れてはいけないのが「審査に必要な書類を必ず持参すること」です。
 

これを忘れると2度手間になるので注意しましょう。

ちなみに、カレッヂでは平日と土日では営業時間が異なりますので、間違えないように気をつけてください。
 

カレッヂの場所については下記の画像の位置になるので、よく確認してから向かいましょう。

カレッジの場所の地図
 

目次に戻る

カレッジの返済方法や返済額・返済日について

カレッジの返済例

ここでは、学生ローンカレッジでの「毎月の返済額」「返済の仕方」「返済日」についてご紹介していきます。

 
まず、気になるのは「カレッジでの毎月の返済額」ではないでしょうか?

学生ローンのカレッジでは、実は「利息以上の金額を支払いすればOK」とされています。
 

カレッジの返済額

つまり、「最低限の利息分だけ払う」という形でも良いのです。

カレッジの返済期間は「最長5年間」ですので、「5年以内に元金も含めて完済さればよい」ということです。
 

例えば「今月は支払いがキツイから利息分だけ払う」、「お金にに余裕があるから、元金も含めて多く支払う」…といった、自分の都合に合わせた返済ができます。

 

カレッジでの「返済方法」についてですが、「銀行振込・現金書留・専用ATM・来店返済」の4つから選べます。

「来店返済」や「専用ATM」での返済となると、高田馬場まで行かなくてはなりません。
 

それが面倒 or できないという人は、「現金書留」か「銀行振り込み」で返済しましょう。

銀行振込の場合、振込先口座は「三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行」のいずれかから選択できます。
 

同じ銀行からの振込なら振込手数料はかかりません。

ただ、残念ながらカレッヂでは「口座引き落としでの返済」には対応していません。

 

カレッジの「返済日」については、基本的には申込者の都合の良い日に指定できます。

給料日の2~3日後ぐらいに設定しておけば、返済も安心かと思います。
 

ちなみに「設定した支払日より7日以上遅れると延滞扱い」となってしまうので、注意が必要です。

その際は遅延損害金が発生しますので注意しましょう。
 

ただし7日以内であれば遅延分はサービスとなります。

学生ローンカレッジには「返済シュミレーション」もあるので、申込する前に良く計画を立てるのがオススメです。

 
⇒カレッジの返済シュミレーションはコチラ
 

目次に戻る

学生ローンのカレッジとは?

カレッジの貸金業者登録表

学生ローン専門の貸金業者は数多くありますが、その中でも学生ローンのカレッジは比較的長い歴史を誇る学生ローンです。

創立は1977年学生のニーズを満たす形で生まれた金融業者です。
 

東京の高田馬場駅から徒歩1分の距離に店舗を構えています。

学生ローンカレッジは1店舗しかありませんが、振込ローンにより遠方に住んでいる学生さんでもキャッシングは可能です。
 

カレッジでは「秘密厳守」に特に力を入れており、友達はもちろんのこと、家族にも内緒で借りられるので安心です。

学生ローンカレッジは専用のATMも設けており、早朝~深夜まで365日いつでも利用することができ利便性も高いです。
 

ちなみに「学生ローン専門」としていますが、社会人になっても以前に学生ローンカレッジでお金を借りたことがある場合、引き続きキャッシングは可能です。

学生ローンカレッジでは、「友達の紹介 or 取引実績」に応じ、独自の「会員ランク制度」もあります。
 

ランクに応じて金利が安くなるので、誰か友達を誘って借りたほうがお得です。

返済が遅れた際にネックとなるのが「遅延損害金」ですが、学生ローンのカレッジの場合、「返済日から7日以内」であれば、遅延分は無料にしてくれます。
 

また、学生ローンのカレッジではクーリングオフ期間も設けられていて安心です。

ちなみに、カレッヂでは「契約日から8日以内に借りたお金」は、全額返済できれば利息は一切かからず借入ができます。
 

これが未成年の未成年者の場合は「最長16日間」まで有効となります。

「契約したけどやっぱりやめたい」といったわがままにも無償で対応してくれますよ。
 

学生ローンのカレッジの営業時間は「平日が10時~18時まで、土曜日は10時~14時まで、日曜と祝日はお休み」となります。

ただし、第二と第四の土曜日は休みとなりますので、営業日はよく確認してから申込みしましょう。
 

ちなみに、カレッジでは、メールだけでなく電話でも相談を受け付けています。

ですので、もし分からないことがあったり、不安なことがあれば気軽に聞いてみるのがオススメです。
 

学生ローンのカレッジの電話番号は「03-3205-1105」、フリーダイヤルは「0120-40-3205」です。

 

⇒カレッジの公式HPはココ

 

目次に戻る

みんなが選ぶオススメカードローン お金を借りるにはコチラ