福島銀行

ふくぎんカードローンに申込む前に!
みんなが選ぶ人気業者もチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 

福島銀行の特徴や歴史

福島銀行

福島銀行カードローン(ふくぎん)は1989年に福島相互銀行から福島銀行へと普通銀行に転換しています。

1993年に福島県福島市万世町に本店が移転され、現在も同様の場所にて営業の中心となっています。

業績は徐々に拡大され、1996年になると東京証券取引所市場第一部に上場しています。

2000年初頭、世の中にインターネットが普及し初め、多くの人がインターネットバンキングを利用するようになり、福島銀行でも2006年に個人向けのインターネットバンキングのサービスをホームページにて開始しました。

近年2014年になると、「いつでもどこでも支店」と呼ばれるネット支店が新たに開設され、時代に乗り遅れることなく消費者のニーズに応えています。

福島銀行の大きな特徴としては「様々なローンに力を入れていること」です。

例えば教育ローンであれば「e-学問の助」などの3種類のローンがあり、自動車・オートローンであればマイカーローン「e-車助α(アルファ)」といったローンが2つほどあります。

また、女性向けレディースローンもしっかりと網羅しており、医療費ローンである「美のかがやき」のほかに「合わせて3種類」が用意され、女性にも安心です。

そのほか住宅ローンもリフォームローンを入れれば6種類があり、無担保住宅ローン「ナイスアシスト」が便利で特に人気が高いようです。

ここからは、福島銀行の各ローンの詳細や特徴をご紹介していきましょう。

mokuji

福島銀行マイカーローン

ふくぎんマイカーローン車助

福島銀行では、メインの自動車ローンとして「ふくぎんマイカーローン車助」「e-車助α(アルファ)」の2つのタイプの自動車ローンを取り扱いしています。

まずは「ふくぎんマイカーローン車助」についてご紹介していきましょう。

ふくぎんマイカーローン車助はインターネット、FAX郵送、電話、店頭窓口の5種類の申込方法に対応しています。

インターネットやFAXからなら24時間いつでも申し込みが可能で、電話は平日20時までと銀行にしてはかなり遅くまで対応しています。

地銀のマイカーローンで電話申し込みに対応している所は多くありませんから、福島銀行の申込方法は正に「充実」の一言といえるでしょう。

「ふくぎんマイカーローン車助」は融資限度額10万円から最高1000万円と、大手銀行にも引けをとらない高額融資対応が魅力です。

借りたお金は普通自動車・オートバイ・除雪車・スノーモービル・モーターボートなどの購入資金や、それに関連した「車検や修理、免許取得費用」など幅広く使うことが出来ます。

もちろんマイカーや自動二輪車の「借り換え費用」にも使うことが出来ます。

融資金利は「年2.30%」と低利なのも特筆すべきと言えるでしょう。

ディーラーローンはもちろんですが、メガバンクよりも安い金利設定なのが見逃せません。

長期返済になっても「総支払額を低めに抑えることが出来る」ので安心です。

しかもインターネットから申し込みすると「年1.90%の金利」と、ネット申込を利用しないてはありません。

ここまでの金利になるとネットバンクや信用金庫にも引けをとらないほどです。

もちろん保証料込みですので、別途で支払うお金の必要はありません。

保証料込みでここまで低金利を実現できる銀行は、福島銀行以外はそう多くはないかと思います。

自動車を購入しようと考えている人にとっては非常に魅力的と言えるでしょう。

そして、ふくぎんマイカーローン車助では担保や保証人を用意する必要はなく、面倒な手続きがないので忙しい人でもストレスなく手続きできます。

車助の申し込みに必要なものは「本人確認資料・所得証明書・資金使途確認書類」があればOK。

カードローンの申込とさほど変わらない手軽さが嬉しいマイカーローンです。
 

マイカーローンe-車助α

続いて「e-車助α(アルファ)」についてですが、こちらは「ふくぎんマイカーローン車助」よりも幅広い資金使途に対応したマイカーローンです。

自動車やバイクだけでなく、クルーザーやモーターボートなどマリンスポーツに関する費用、農機具の点検や修理など農機具全般の購入資金にも使用することが出来ます。

もちろんカー用品やガレージの設置費用、車検、免許取得費用としてもローンを組むことが出来ます。

車助と同じく、他金融機関のローンの借換え資金にも「e-車助α」は利用が可能です。

融資限度額は最高800万円と、「ふくぎんマイカーローン車助」に比べるとやや少なめです。

ですが、それでも十分すぎるほどの融資金額と言えるでしょう。

ただし、農作業機具に関連する購入費用の場合は「300万円」までが限度金額となりますので注意してくださいね。

「e-車助α」では段階ごとに金利が安くなる「ステップ制度」を採用しています。

ステップは1~4まであり、下限金利は「2.00%」とかなり安くなります。

上限金利でも「年3.10%」と、そこまで高いわけではありません。

しかもインターネットから申し込みすれば下限金利は1.70%、上限でも2.90%と更にお得になります。

「e-車助α」は保証料込みでこの金利ですから、他の金融機関と比べても「いかにに福島銀行のマイカーローンがお得なのか」が分かるのではないでしょうか?

ちなみ「e-車助アルファ」は、まだ働いていない「就職内定者」でも申し込みが可能です。

在学中で6ヶ月以内に就職することが内定している、もしくは就職後1年以内の人でも利用できます。

申し込みの際は内定通知書の写し、卒業後1年以内の新卒者は「健康保険証・社員証」が必要となります。

福島県で暮らす上でクルマは必須となりますから、就職内定者でもローンを組めるのは非常に嬉しいところですね。
 

福島銀行のマイカーローンは本支店窓口もしくはローンプラザでも申し込み可能です。

仮に土曜日でも申込手続き出来ますので、平日は仕事という方でもまずは福島銀行に相談をしてみると良いでしょう。

mokuji

福島銀行の教育ローン

福島銀行の教育ローンは「教育カードローン学問の助」「新・学問の助」「e-学問の助α(アルファ)」の3種類を主に扱っています。

「通常の教育ローン」と「繰り返し借り入れ可能なカードローン型」の2種類があります。

両タイプについて詳しく見ていきましょう。
 

福島銀行・教育カードローン学問の助

「教育カードローン 学問の助」は教育関連にかかる費用全般に使うことが出来る教育ローンです。

当座貸越のため設定された限度額内で繰り返し借入ができ、利便性の高さが特徴と言えるでしょう。

教育費が急に必要になった時でもサッと借入できますので安心です。

教育カードローン学問の助では、借りれる度額は「最高500万円」と高額対応なのもありがたいところです。

融資金利は「年4.5%」とやや高めですので、万が一の時に備えておくという使い方が良いでしょう。

就学者の卒業予定の年月から6ヶ月後の月末までで新規貸越は終わりとなります。

ただ、兄弟・姉妹が学校に在籍している場合は継続して利用が可能ですので、新たに学資ローンを申し込む手間が省けますよ。

国の教育ローンと違い、担保・保証人に関しては「保証会社のオリエントコーポレーション」が保証しますのでは不要となります。

このように、「教育カードローン 学問の助」は通常の教育ローンに比べると金利は高いですが、「急な出費に即対応できること」「カードローンやキャッシングのように繰り返し自由に利用が可能」なことが特徴と言えます。

「長期的な利用には通常の教育ローン」、「万が一の時のためにカードローン学問の助」といったように使い分けると良いでしょう。
 

福島銀行・新学問の助

続いて、「新・学問の助」は「新規教育費用の申込」と「既に借りている教育ローンの借換や一本化」が可能な教育ローンです。

教育ローンをもう組んでいる場合でも、「ふくぎん新・学問の助」と一つにまとめることで管理しやすい上に、金利や利息の返済を減らすことも可能です。

具体的には「授業料」「入学一時金」「受験のときの受験料・交通費・宿泊費」「アパート入居時の敷金・礼金・引越し費用」「教育ローンの借り替え」「仕送り資金」と多岐にわたってローンを組めます。

「新・学問の助」は「最高700万円」まで借入れすることができ、教育カードローンのほうに比べ大口で借りれます。

金利については「年2.30%の変動金利型」で保証料は込みとなります。

インターネットからの申し込みですと「金利は年1.90%」まで下げることも可能です。

担保と保証人は原則不要ですが、教育カードローンと違い場合によっては連帯保証人が必要となります。

「新・学問の助」の保証会社は有名信販会社の「㈱ジャックス」なので安心さもありますね。

利用期間は「最長で16年10ヶ月」と長期返済に対応していますですので、かなり余裕を見た返済が可能です。

元金据置も可能ですので、在学期間中の家計への負担を軽減させることに特化していると言えるでしょう。
 

福島銀行e-学問の助α

最後に「e-学問の助α」ですが、福島銀行の教育ローンの中でも「融資金額が一番高い教育ローン」とえます。

融資限度額は最高1000万円、「医学部・歯学部・薬学部・獣医学部」の場合は3,000万円まで限度額を上げることも出来ますよ。

ただ、1000万円を超える申込の場合は「団体信用生命保険」に入らなければ借入れできませんので、条件に注意してください。

授業料や入学金、受験費用、学用品の購入費用は勿論のこと、在学中のアパートやマンションの敷金・礼金、家賃一括前払い家賃、仕送り費用(生活費)、引越し費用にも使えます。

また、「e-学問の助α」では国内だけでなく海外での留学費用としてもローンを組むことが可能です。

その他にも「公的資格取得費用」や「他行の教育ローンの借換」にも対応してくれます。

「e-学問の助α」も上記のほかの学費ローンと同じく、ンターネットからの申込の場合は金利が「年1.75%~2.85%」とお得になります。

電話・FAX・窓口での申込の場合の金利は年2.1%~3.1%になるので注意しましょう。

株式会社セディナが「e-学問の助α」の保証会社となるので、担保や保証人は基本的には無しでOKです。
 

3種類の教育ローンをご紹介してきましたが、いずれも「インターネット・電話・FAX・郵送・窓口」と、どの方法からでも申し込み可能です。

福島銀行の教育ローンは申込方法が豊富ですので「ネット申込ではなく直接話を聞きたい」という場合も、ちゃんと店頭で相談に乗ってくれますよ。

ただ、インターネットから申し込みすると明らかに金利が安くなりますので、特に理由がない限りはインターネットで申し込みするのがオススメかと思います。

最後に、福島銀行の教育ローンでは「申し込み時の年齢には注意が必要」です。

「新学問の助」と「e-学問の助α」は満20歳以上65歳以下の方が申し込み可能ですが、教育カードローン学問の助だけは60歳以下となります。

よく確認した上で、ふくぎんの学資ローンに申込するようにしましょう。

mokuji

福島銀行の住宅ローン

福銀住宅ローン

福島銀行の住宅ローンでは「福銀住宅ローン」「無担保住宅ローンナイスアシスト」「フラット35」「ふくぎんスマートライフ」の4種類を取り扱っています。

ここではスタンダードな住宅ローンである「福銀住宅ローン」「ナイスアシスト」について解説していきたいと思います。

まず、「福銀住宅ローン」の最大の魅力は何と言っても「低金利」で住宅ローンを組める点にあります。

金利は「固定金利型と変動金利型」の2種類から選ぶことが出来ます。

変動金利の融資利率は年2.925%と、正直、変動金利にしては利率が高めです。

他社の銀行で取り扱う住宅ローンでは、固定金利よりも変動金利のほうが利率が低く設定されていることが多いです。

固定金利は金利情勢に左右されず安心感が得られますが」、その分「金利は高めというのがどこの金融機関でも常識のようになっています。

しかし福銀住宅ローンの場合は違います。

固定金利型は「3年で年2.35%」「5年で年2.65%」「10年で年2.95%」と変動金利とほぼ同等の利率となっています。

しかも福島銀行の「全期間金利応援プラン」の実施により、一定条件を満たしていると店頭表示金利より最大で「1.4%」まで引き下げしてくれるのです。

固定金利でここまで安く住宅ローンを組める銀行は、ふくぎん以外ではなかなか無いのではないでしょうか?

更に残りの全期間は「店頭表示金利より最大年1.2%引き下げ」と、常に低金利で利用することが可能です。

金利引下げの提供条件は

【1】給与振込・年金振り込みに福島銀行の口座を利用している
【2】福島カードを持っている
【3】福島銀行カードローンを利用している

…の中の、2項目以上満たしていればOKです。
 

ここまで固定金利のメリットをご紹介してきましたが、福島銀行の住宅ローンでは「変動金利型」でも金利引下げの優遇措置は用意されています。

該当条件については、上記の固定金利と同じとなります。

変動金利の場合は「最大で1.975%の引き下げ」で、しかも両親のいずれかが福島銀行で公的年金を受け取りしている場合は、更に「年0.05%」も優遇となります。

変動金利から固定金利への切り替えは随時可能ですが、特別引き下げ年0.775%の適用はなくなりますので、本当に金利が今よりも安く済むのかについて注意が必要です。

このように、変動・固定ともに低金利が衝撃的な「福銀住宅ローン」ですが、融資金額は「6000万円まで」と他の銀行よりも少なめです。

ただ、年収など条件にもよりますが、高額な買い物でなければ利用できる水準かと思います。

福銀住宅ローンでは融資期間は「35年以内」で設定可能。

また、親子リレー返済で申し込むこともでき、その場合は50年まで設定が可能です。

福銀住宅ローンは資金使途に諸費用も含まれているので、別途でお金を支払う必要もありません。

元利均等毎月払いで返済し、融資金額の50%以内までなら「ボーナス併用返済」にも対応してくれます。

所得合算もしくは担保提供者がいる場合は「保証人が必要」となりますので注意してください。

保証会社は「東北総合信用保証㈱」と「全国保証㈱」の2種類から選ぶことが可能です。

ただ、それぞれの保証料は異なりますので、必ず保証料を確認してから福銀住宅ローンに申し込みしましょう。

取扱手数料は「1件につき21600円」、さらに保証会社所定の手数料がかかりますので、こちらもしっかりと確認しておきましょう。
 

ふくぎん住宅ローン・ナイスアシスト

続いて「無担保住宅ローン ナイスアシスト」についてです。

こちらは「担保なしで新築・中古住宅の購入資金」のローンを組むことが出来る住宅ローンです。

「住宅ローンを組みたくても保証人が用意できず組むことが出来ない」という方は少なくありません。

福島銀行のナイスアシストは、そのような世帯でも住宅ローンを組むことが可能なのです。

ふくぎんのナイスアシストは担保設定に伴う調査や手続がありません。

そのため、住宅ローンの審査がとってもスピーディーと口コミで評判です。

有担保ローンとは比べ物にならないくらい手間がかからず簡単です。

もちろん住宅購入資金だけでなく、住宅ローンやリフォームローンの借り換えもできるので、住宅ローンの金利負担を減らすことも可能ですよ。

ただ、ナイスアシストの融資金額は「10万円から最高1000万円」までと若干少なめといえます。

金利については「変動金利で年2.35%・2.60%・2.90%」のいずれかを審査にて福島銀行側が決定します。

融資期間は最長15年と余裕を持った返済プランを立てられます。

ちなみに福島銀行のナイスアシストは、担保や保証人だけでなく「団体信用保険への加入」も必要ありません。

多くの場合、銀行の住宅ローンといえば団体信用保険に加入しなければいけませんが、ナイスアシストなら余計な費用をかけることなく住宅ローンを組めると言うことです。

ただ、所得合算の場合は「合算者を連帯保証人」としますので、その点だけは注意しましょう。
 

福島銀行の住宅ローンは「インターネット・FAX・郵送・窓口」から申し込みが出来ます。

ただ、ふくぎんのローンプラザなら土曜日などでも受付していますので、まずは直接出向いてみて話を聞いてみるのも良いでしょう。

mokuji

福島銀行のカードローンは3種類!

福島銀行のローンの中でも、CMなど作られ特に力を入れているのが「カードローン・フリーローン」です。

ここからは個人に向けたキャッシング商品である福島銀行のカードローンについて簡単にご紹介させていただきます。

まず福島銀行の大型カードローンとして「グラン・フリー」と呼ばれるプレミアムローンについてですが、こちらはその名の通り、最大限度額1000万円までに設定されている大口のカードローンとなります。

満20歳以上で満70歳未満の方で安定収入があれば申込をすることができ、最低金利が3.8%と非常に低く設定されていることから返済負担を軽減出来ます。

申込審査で利用限度額が低く設定されてしまったとしても、ある程度の利用実績の積み重ねと、遅延なく返済を続けることで増枠の申請も可能になります。

ちなみに「利用金額上限の増枠」については福島銀行のすべてのカードローンに言えることですが、「増額の審査」に申込み審査通過しなければ増額できませんのでご注意を。

利用できる限度額が増額され、計画性を持ってお金を借りることによって低い利息となることから、貴方の生活を強力にサポートしてくれることでしょう。

次に「フリーライフ」についてですが、こちらは10~500万円までの借入れが可能であり、福島銀行との取引が現在ない方でも申込をすることが出来ます。

またインターネットを使っての申込みができ、「300万円以上から収入証明書が必要」なので、とっても利用しやすいと口コミで評判です。

審査は即日に回答をもらうことが出来ますが、実際にキャッシングカードを発行してもらうまでに時間がかかるのでご注意ください。

即日の審査回答を可能にしている金融商品としてカードローン「イーベ」があり、こちらは福島銀行の窓口で申込をすることで、原則即日で審査結果の回答をしてもらえます。

もちろん保証人や担保は必要ありませんが、株式会社オリエントコーポレーションの審査基準を満たしている必要があります。

このイーベについては、インターネット申込に対応していませんが、「とにかく今すぐに審査結果を知りたい」という方に大変オススメのカードローンとなっています。

mokuji

福島銀行の「グランフリー」って審査は甘いの?

ふくぎん・グランフリー

ここからは、各ふくぎんカードローンの審査基準についてみていきましょう。

まず、ふくぎんカードローン「グランフリー」は審査は緩めなほうなのでしょうか?

グランフリーは上記でも述べましたが利用限度額が最高1000万円まで借りれる「大口融資が可能なカードローン」です。

別名「プレミアムローン」とも言われ、大きなお金を貸付するタイプのローンですので審査が甘く通りやすいということはまずありえません。

福島銀行側としては、大きい金額のお金を融資して、もし返済がされなかったとすればかなりダメージが大きいでしょう。

ヘタすると経営が傾きかねません。

そのため、大口の金額を貸すときは審査は非常に慎重になるものです。

もし、自分が友人に50万円貸すとしたら、1万円貸すよりも「ちゃんと返してもらえるのかどうか?」を悩みますよね?

それと一緒で、グランフリーの審査でも「返済が必ずできるかどうか?」というのを入念にチェックされるでしょう。

したがって福島銀行の「グランフリー」は審査基準は厳しいものだと思っていたほうがよいのかも知れません。

ちなみに、グランフリーでは学生さんは申し込みできませんので、審査では必ず落とされてしまうようです。

他社とも比較しよう!
みんなが選ぶ人気の金融業者!
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
mokuji

ふくぎん「フリーライフ」は審査基準は緩いほう?

ふくぎん・フリーライフ

続いて、福島銀行カードローン「フリーライフ」の審査は通りやすいほうなのでしょうか?

このフリーライフはインターネットでweb申込が可能な上、「300万円を超えるキャッシングであれば収入証明が必要」と、比較的敷居は低めです。

そしてアルバイトやパートの主婦でも審査上ではお金を借りることはOKです。

また、仮に今まで福島銀行を利用していなかったとしても、申し込むことは可能です。

多くの地銀のカードローンでは「取引がないと利用はできない」ということが多いので、これは非常にうれしいところです。

ただ、福島銀行が営業しているエリア内に住んでいなければ、申込はできません。

また、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)の審査にも通過できなければキャッシングを行なうことはできません。

基本的には働いていて収入が無ければフリーライフで審査通過することはできず、無職だったりすれば借入は不可能です。

また、多重債務でブラックリストなどであれば、まず審査落ちするでしょう。

このように、フリーライフはグランフリーに比べ利用はしやすいかもしれませんが、審査が甘いということはありません。

最低限の条件(働いているなど)を満たしていなければいけないことを覚えておきましょう。

ちなみに、福島銀行のフリーライフはプロミスの保証が受けられなければいけないので、「だったらプロミスでお金を借りたほうが早いのでは?」という考え方もあります。

福島銀行のほうが金利・利息面ではお得ですが、プロミスは「30日間無利息サービス」などもあるので、上手く利用できればフリーライフよりも金利がかかりません。

また、プロミスは自動契約機があるため土日や祝日なども申し込めますが、福島銀行は無人の契約機は無いので休日は審査してはもらえません。

よく比較して申し込むのもオススメと言えます。

一度はチェックするのが吉!
みんなが選ぶ人気の金融業者!
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
mokuji

カードローン「イーベ」は審査は通りやすい?

ふくぎん・イーベ

最後に、ふくぎんカードローン「イーベ」は審査基準は甘いほうなのでしょうか?

福島銀行のイーベはとにかくスピードキャッシングが一番のウリです。

ふくぎんの窓口まで出向けば、即日その日に審査結果が分かるようです(原則)

しかし、いくら審査回答が早いからといってイーベの「審査がゆるめ」というわけではありませんのでご注意を。

イーベに関しても、フリーライフと同じくちゃんと働いて収入があるというのは審査通過の絶対条件です。

ブラックや他社借入件数が多ければ審査通過は厳しいと考えたほうがよいでしょう。

イーべも一般的なカードローンと同じく、審査条件は決して甘いわけではないのです。

また、イーべは実はネットから申し込むことはできません。

ファックスまたは書類郵送か、直接窓口まで行かなくてはならないのでご注意を。

もし、わざわざ出向く時間が無いのであれば、ほかの大手カードローンなどを利用したほうが便利でいいのかも知れません。

mokuji

みんなが選ぶオススメカードローン お金を借りるにはコチラ