京都銀行

京銀カードローンに申込む前に!
みんなが選ぶ人気業者もチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 

京都府京都市下京区に本店を置く京都銀行(きょうぎん)は、総資産で全国第七位の地方銀行であり、京都府の指定金融機関です。

1884年に亀岡銀行が設立され、現在では京都銀行亀岡支店として存続しています。

1941年になると、両丹銀行、宮津銀行、丹後商工銀行、丹後産業銀行による4行合併が行われ、丹和銀行が創立されました。

その後1951年に、「株式会社 京都銀行」に商号が変更され、1982年、DCカード(ディーシーカード)と共同にて「京都クレジットサービス」が設立されました。

テレビのCMなども作成されメディアへの露出も高い京都銀行ですが、2011年には金融機関として最初に、任天堂の人気携帯用ゲーム機「ニンテンドーDS」を有効活用したサービスである「ニンテンドーゾーン」が設置されたことで知られています。

これは専用機器と接続することによって色々なコンテンツをニンテンドーDS、3DSを使って楽しむことが出来るサービスで子供を中心に人気があります。

このように、将来の顧客となり得る子供たちを相手とした積極的なサービスを展開している京都銀行では、様々なローン商品を取り扱っています。

まず上げられるのが、9タイプにも及ぶ住宅ローンです。

借り換えや繰り上げ返済が可能なほか、京都銀行の住宅ローンは女性専用の「ロング・エスコート」というものもあり、幅広いニーズに対応しているのです。

また、教育ローンも低金利で提供しており、保証人や担保が必要ないことから利用しやすいのが人気です。

京銀マイカーローンでは、変動金利となりますが「年2.675%」と低い金利を実現し、自動車ローンの借り換えなども可能です。

このように京都銀行には様々なローン商品がありますが、とりわけ私たちの生活に身近なのがカードローンやフリーローンです。

京都銀行では「京銀カードローンW(京銀カードローンワイド)」という個人向けのキャッシングサービスを取り扱っています。

京銀カードローンWについて簡単にご説明しますと、融資の最高限度額は500万円で、30万円・50万円・100万円・300万円・500万円といった5つのタイプから選ぶことが出来ます。

担保や保証人は原則不要となっており、年利3.975%~11.975%という低金利でお金を借りることが出来ます。

京銀カードローンWで借りたお金は、事業運転資金としての利用は出来なく、あくまでも個人で使う生活費やレジャー費用などで、また最長一年毎に契約を更新する必要があり、その都度新たに審査が行われ、京都銀行が定める審査基準を満たしていなければ新たな契約は出来ません。

ただきちんと毎月期日を守って返済をしており、年収金額が大きく下がっていなければ特に問題なく、即日に契約更新をすることが出来ますのでご安心ください。

他銀行のカードローンなどでは、その銀行の住宅ローンを利用していれば、金利が優遇されるなどの特典がありますが、京都銀行の場合は調べてみましたが、そのような優遇は採用されていないようです。

最後に「どうして京銀カードローン「W」と呼ばれているのか?」ということですが、条件を満たすことで、最大500万円までの増額が可能であること、さらに増額に伴い借入利率の引き下げが行われるからです。

たくさん借入すればするほどお得になりますが、借り過ぎに注意をして計画的に利用しましょう。

mokuji

京銀カードローン・ワイドの審査は緩いの?

京銀カードローンw

では、京都銀行のカードローンは審査基準は甘く借りやすいほうなのでしょうか?

結論から言うと、審査の敷居自体は高めで、審査が通りやすいということはまずないといえるでしょう。

京銀カードローンWの利用条件の欄には「現在、当行で他のカードローンのご契約がない方」と書かれています。

つまり、「他のカードローンを持っている人は申込できない」ということになります。

多くのカードローン会社・金融機関では、他社借入が多いと「審査通過は厳しくなる」という傾向があります。

しかし、京銀の場合は「他のカードローンを契約しているだけでもダメ」ということになるため、他社よりもはるかに厳しいといえるでしょう。

もちろん「多重債務者でも借りれるような緩い審査基準ではない」ということも当然言えます。

ですので、今までカードローンを契約したことのない人であれば、京銀カードローン・ワイドを申し込んでも望みはありますが、既に他のカードローンを持っているのであれば止めたほうがよいでしょう。

ただ、カードローンは京都銀行以外でも様々なものがあります。

大手のカードローンであれば即日キャッシングなども可能なので、アコム・アイフル・プロミスなどに申し込んでみるのも1つの手です。

仮にパートやアルバイトだとしても、安定した収入があれば審査通過はもちろん可能です。

ぜひご参考に。

みんなが選ぶオススメカードローン お金を借りるにはコチラ
mokuji

京都銀行のカードローンは即日で借りれる?

京都銀行カードローン・即日

京銀カードローンWでは「当日中に契約して現金を借りる」ということは可能なのでしょうか?

これに関してですが、正直、京銀カードローンWで即日にお金を借りることは難しいといえるでしょう。

多くの銀行系カードローンに共通していえることですが、まず審査申込をした後、審査期間が1~2日、長いところだと3~4日はかかります。

この時点で即日でのキャッシングは不可能です

さらにそこから京銀カードローンWの「本契約書類」が送られてきて記入、そして送り返さなくてはならないので、トータルすると融資スタートまでは1週間~10日間はかかってしまうようです。

このように、京都銀行のキャッシングでは当日にお金を借りることはできません。

また、京都銀行にはATMなどはありますが、カードローン専用の「自動契約機」などは存在しません。

そのため、土日や祝日といった休日の日には契約・振込みなどはして貰えないのです。

もし、緊急を要していてすぐにお金が必要なのであれば、アコムやプロミス、アイフルといった「即日融資にも対応しているカードローン会社」を利用するようにしましょう。

これらの金融会社では、無人契約機もあるので休みの日でも即日で借りることは可能です。

ただし、指定時間までに契約を完了させなければ即日でお金を借りることができないので、よく注意した上で申し込むようにしましょう。

即日で借りたいならココ
みんなが選ぶ人気の金融業者!
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
mokuji

京銀カードローンWで増額するには??

きょうぎんカードローン・増額

京都銀行が販売するカードローン「京銀カードローンW」は借入限度額の増額は可能なのでしょうか?

きょうぎんカードローンを既にお持ちの方は、現在の融資上限金額をもっと増やしたいと考えているかと思います。

京都銀行では限度額は契約時に決まりますが、実は後から増額手続を行うことで借り入れ可能額が増やすことができます。

京銀カードローンWの増額・増枠の申込は、ネット申込や電話、もしくは店頭で直接申請となります。

増額するにも審査が必要となりますので、申込前には十分に注意が必要です。

初回申込時とは違って、これまでの返済実績や利用実績も重要となるからです。

さらに重要といわれているのが「去年の年収」です。

もし年収が極端に下がっているのであれば、ヘタすれば限度額を減額されることもあるのです。

このように、去年の年収や返済履歴がなければ増額審査のしようがないので、契約して間もない方が申し込んでも限度額を増枠することはまず無理でしょう。

京銀カードローンWでは、増額が可能になる期間というのは特に定められていませんが、銀行カードローンの場合、最低でも半年~1年以上の実績がないと厳しいと思ったほうが良いです。

もちろん実績があるという方は京銀カードローンWの増額審査に申込みをしてみるのも良いでしょう。

ただし、増額審査に申込をしてから実際に増額の融資が通るまでには1~2週間ほど時間がかかるようです。

遅い場合であれば、1ヶ月近くかかる場合もあるでしょう。

また、京銀の増額審査では「在籍確認の電話」が再度行なわれます。

つまり、初回契約と同様に職場・勤務先に確認電話がかかってくるということです。

増額審査の時に再度在籍確認の電話をしない銀行も多いようですが、なかには「仕事を辞めてしまってお金がないからカードローンを増額してお金を借りる」という人がいるので、京都銀行での増額審査では在籍確認は避けれないようです。

京銀カードローンw・増額

このように、京銀カードローンWで増額するにはなかなか手間と時間がかかります。

ですので、もしすぐにでもお金を借りたいという方は「他社で新たにカードローンを作る」ほうが早いかもしれません。

特に大手のカードローンなら「即日借り入れ」も難しくありませんから、急いでいる方にはピッタリです。

審査に関しても、京都銀行の厳しい審査に通過している方であれば、まず問題はないでしょう。

新規申込であれば増額審査よりも比較的通りやすいはずですのでオススメです。

京銀カードローンWの実績がない方、急ぎでお金を借りたいという方は、他の大手カードローンで新規で申し込んでみてはいかがでしょうか?

みんなが選ぶオススメカードローン お金を借りるにはコチラ