モビットについて

お金を借りるにはコチラ
 

モビットの概要や金利について!

モビットの名前の由来

モビットは日本の「銀行系の消費者金融の会社」です。

2000年の5月に三菱東京UFJ銀行が消費者金融プロミスと共同出資し、誕生したのが「モビット」です。

その後4年間にわたり、「低金利ローン」として優良顧客を相手に貸付業務を行ってきました。
 

その当時は「グレーゾーン金利」と呼ばれる違法金利での貸付が横行していました。

そんな中モビットは、創業以来一度も違法な金利での貸付は行わず、堅実な経営を続けてきた数少ない金融業者なのです。
 

2004年には三井住友銀行がプロミスの株式を取得し、プロミスがグループ傘下入りしたのをキッカケに、プロミスを通じて三井住友銀行がモビットへ出資することとなりました。

その結果、三菱東京UFJ銀行と並んで半々ずつモビットの株式を取得しており、莫大な資金力のおかげもあり徐々に勢力を伸ばしていったのです。
 

そして2012年に、モビットは事業を三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行で分け合い、主要業務の「個人向けローン」を三井住友銀行が引き継ぐことになりました。

これを機にモビットは三井住友銀行グループへと生まれ変わり、金融業界内でのシェアをさらに着実に伸ばしつつあります。
 

モビットは銀行系グループですが、あくまでも消費者金融系です。

ですから「金利や利息が銀行並みにやすい」というわけではありません。

金利は「下限が年3.0%」、「上限が18.0%」と一般の消費者金融と同等の利率です。
 

モビットでは「10秒簡易審査」が用意されています。

「簡易審査」と聞くと、よくある「お試し審査」と同じと思ってしまうかもしれませんが、モビットの「10秒簡易審査」は別物で注意が必要です。
 

フォームに従って入力すると10秒で「簡易審査結果」が表示となります。

モビットの「10秒簡易審査」では、他社の簡易審査とは異なり入力項目が多く、いずれも必須項目となります。
 

そしてモビットが他社と違うのは、入力する情報量だけでなく「信用情報機関に瞬時に送信され、かつ個人情報や信用情報を紹介される点」です。

一般的な簡易審査は信用情報機関に送信されませんが、モビットの場合は違います。

つまり、キャッシング申込の事実として信用情報機関に登録がされてしまうということです。
 

そうなると、既にモビット以外ののキャッシング会社に申し込みをしている場合は「多重申込み」と判断される可能性が高くなります。

ご存じの通り、キャッシングにおいて多重申込みは「審査で不利」となりますので、安易に10秒簡易審査は利用しないことです。
 

モビットではWEB完結、またはカード申し込みから契約すると、会員サービスの「Myモビ」が使えるようになります。

Myモビは「スマホ、パソコン、タブレット」にて利用可能です。
 

モビットのMyモビにて利用できるサービスは「振込キャッシング」「利用状況確認」「登録内容の変更」「ユーザーIDとパスワードの変更」「カードの紛失や盗難の連絡」など、実に様々なサービスを利用することが出来ます。
 

他社の会員サービスと比較すると、モビットの会員サービスはかなり多くの機能を使うことができるといえるでしょう。

モビットは「快適にキャッシングすることが出来る便利なサービス」が非常に充実しているといえます。

目次に戻る

モビットの申込方法や申し込みの流れ!

モビットの申込方法の種類

では、次にモビットの「申し込みの流れ」について解説していきます。

ある程度の流れを把握しておくと、実際にモビットで手続きする際に手間取らずにスムーズに融資を受けることが出来ますので、申し込み前に把握しておくと良いでしょう。
 

モビットの申込方法は「パソコン・携帯電話・スマホ・郵送・電話・ローン申込機」があります。

モビットは申込方法が多彩ですから、自分にあった方法で申し込めます。

特に「パソコンやスマホ」を使ってネットからの申し込みなら「24時間いつでも」申し込めますので、忙しい人や窓口に行く暇がないというときでも便利です。
 

モビットへの申し込みが完了すると「入力された内容」に基づき審査され、個人信用情報の照会も行われます。

モビットの審査結果はメールか電話で連絡が来ますが、「郵送申込の場合は電話での審査結果通知」となります。

モビットでは、審査結果は早ければ「30分以内」で完了します。
 

ただし、郵送ですと「モビット側に書類が到達してから審査」となり、多少時間がかかりますので注意が必要です。

急ぎでお金を借りたい場合は「ネット、電話、ローン申込機」のいずれかの方法で申し込むのが良いでしょう。
 

審査通過後には、モビットより「入会申込書とモビットカード」が送られてきます。

モビットのローンカードは「ローン申込機」で受け取ることもできます。

ですが、審査結果次第では「郵送のみ」になることもあるので注意しましょう。
 

入会申込書に必要事項を記入し返送、その後、モビット側に入会申込書が到達し、確認が取れ次第、契約が完了となります。

これがモビットでの「一般的な申し込みの流れ」となります。
 

モビットの「web完結申込」での申し込みの流れについては、下記の項目で紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。

目次に戻る

モビットの「web完結申込」って何?

モビットweb完結申込のメリット

モビットには、上記で挙げた一般的なj申込方法のほかに、「WEB完結申込」という申込方法があります。

申し込みから契約、さらに融資まで「全てWEB上で終わらせる」ことができる画期的な申込方法です。
 

では、モビットのWEB完結申込はどのようなメリットがあるのか?

また、WEB完結申込に必要な書類や、気になる利用条件について具体的に解説していきましょう。
 

まず、モビットのweb完結申込みの最大のメリットは「郵送物なしにできること」と「在籍確認の電話連絡なしにできること」です。
 

今でこそインターネット上で契約できる金融業者多くなりましたが、結局のところ「契約書類やローンカード」は郵送で自宅に届いてしまい、家族にバレてしまう可能性がありました。

しかし、モビットならweb完結申込みで手続きすれば自宅に郵送物は一切送られてきません。

ですから、家族バレも可能性がグッと低くなります。
 

さらに、モビットのweb完結申込では在籍確認が「提出書類のみでOK」ですから、勤務先に在籍確認の電話連絡がモビットから行くことはありません。

もちろん、勤務先に在籍確認の電話をされても、基本的に職場の人にバレる可能性は低いです。

しかしモビットweb完結申し込なら、そもそも在籍確認の電話がありませんから間違いなく職場ではバレないでしょう。
 

そして融資に必要な手続きをオンライン化することで、実際のモビットでお金を借りるまでの時間が短くなります。

つまり、即日でお金を借りやすいというメリットもあるのです。
 

ちなみにモビットweb完結申込みで契約すると、ローンカードは発行されず「カードレス」でキャッシングすることになります。

これにより、財布がかさばらなくなるという利点もあります。
 

この様に、モビットのweb完結申込みには様々なメリットがあるのです。

目次に戻る

web完結申込を利用できる条件は厳しい

web完結申込の利用条件は厳しい

では、モビットのウェブ完結申込を利用するための条件や必要書類は、いったい何があるのでしょうか?

まず、この「モビットweb完結申込み」を利用するには「下記の3つの条件」を満たしていることが必須となります。
 

第1条件として、「三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座」を既に持っていなければいけません。

モビットのweb完結では、お金を借りるときはカードではなく「銀行振込」ですから、これらの口座を持っていなければ振り込んでもらえません。
 

第2条件として、「直近2ヶ月分の収入証明」を提出しなければいけません。

収入証明書は「源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書」などを直近2ヶ月分用意すればOKです。
 

第3条件として、「全国健康保険協会発行の保険証 (社会保険証)」、または「組合保険証」を持っていなければなりません。

そのほか、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類も、もちろん必要となります。

ちなみにWEB完結申込の「必要書類の提出方法」ですが、書類をスマホのカメラなどで撮影し指定された方法でアップロードすれば提出完了です。
 

まとめると、

【1】三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を既に持っている
【2】直近2ヶ月分の収入証明を提出しなければいけない
【3】全国健康保険協会発行の保険証や社会保険証 or 組合保険証を所持している

…この3つの条件を満たしていないと、「web完結申込み」で申込むことはできないのです。
 

モビットのweb完結申し込みは非常に便利なサービスです。

ですが、利用条件と必要書類が多いので、実際に利用するには若干ハードルが高い部分もあります。

誰でも簡単にモビットのweb完結申込を使えるわけではないので注意が必要です。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

モビットの返済方法や月々の返済額!

モビットの返済日

ここでは、「モビットの返済方法」や「返済額」について見ていきましょう。

モビットでの返済方法は「口座振替・銀行振込・提携ATM」の3つの方法があります。
 

「口座振替」は手数料無料で返済できますが、「三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座」のみでしかできない上に、手続きが必要です。

他の銀行口座は指定できませんので、やや不便な印象はあります。

ちなみに、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行に預金口座を持っていて口座振替で返済する場合は、口座振替依頼の手続きのために「印鑑」が必要となります。
 

「銀行振込」の場合、振込手数料は各金融機関によって異なり、無料のところもあります。
 

「ATM返済」は108円~216円の手数料がかかりますが、コンビニのマルチ端末を使用すれば手数料は一切かからず無料です。

モビットではセブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニATMでも返済可能です。
 

いずれも返済日は5日、15日、25日、末日から好きな日を選べます。

モビットでは、月々の返済額は「必ず最小返済額以上は返済しなくてはいけない」という決まりがあります。
 

借入残高が10万円以下であれば「月々の最小返済額は4000円」、10万円超え20万以下は「8000円」と、借入残高に応じて最小返済額があらかじめ決まっています。

最小返済額以上であれば、いくら返済しても問題ありません。
 

モビットでは「お金に余裕があるとき」は少し多めに返済しておくと、支払う利息を節約できます。

「一括返済も可能ですが、その際は必ずモビットのコールセンターに電話し、返済総額を確認しましょう。
 

利息は1日毎に加算されるので、モビットでは「日にちごとに返済総額が違う」ということがあります。

そこは気をつけるようにしましょう。

目次に戻る

モビットの必要書類!収入証明は必ず必要なの?

モビットの必要書類

モビットに申込む上でどのような必要書類があるのでしょうか。

上記では「web完結申込み」の必要書類などをご紹介しましたが、ここでは「一般的な申し込み方法」での必要書類をご紹介していきます。
 

まず、モビットを申し込むうえで必ず必要となるのが「本人確認書類」です。

これは「web完結申込み」の場合でも変わりはありません。
 

基本的には「運転免許証の写し」をモビット側に提出することになります。

変更事項がある場合は、運転免許証の裏面のコピーも必ず提出しましょう。
 

もし運転免許証を持っていない場合は、パスポートなども問題ありません。

ただ、「顔写真が付いている身分証」でなければ使えない場合が多いので注意しましょう。

 

モビットの収入証明の有無

次に「収入証明書」です。

収入証明の提出に関してですが、モビットの場合は「収入証明が必要となる明確な金額」などは記載がありません。
 

ただ一般的に、消費者金融では「原則、利用限度額は50万円を超える場合、または他社借入との合計金額が100万円を超える場合」には収入証明書を提出しなければいけません。

ですので、モビットで50万円以上借りたいのであれば、収入証明が必要となる確率は高いです。
 

ただ、電話で収入証明の有無について「モビットのコールセンター」に問い合わせてみたところ、「50万円以下でも収入証明が必要な場合もあります」という答えが返ってきました。
 

これに関してですが、以前に他社で返済の滞納があったり、他社借入が多い場合は、「仮に50万円以下の希望額」でも収入証明が必要となることが多いようです。
 

ちなみに、上記のでも触れましたが「web完結申込の場合」は、必ず収入証明が必要ですので注意してください。
 

モビットで使える収入証明

モビットで使える収入証明書や所得証明書は「源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書」のどれか1点となります。

コピーでOKですが「郵送」で提出した場合、書類は返してもらえません。

ですので、絶対に原本を提出しないように気をつけてください。

目次に戻る

モビットで即日融資を受けるための条件は?

モビットで即日で即日融資

モビットでは即日融資を受けることが出来ます。

「今すぐお金が必要」という場合は非常に助かりますが、申し込めば誰でも簡単に即日で借りれるわけではありません。

きちんと「条件」を満たした上でないと、モビットではその日にお金を借りることは出来ませんので、注意してください。
 

モビットで即日融資を受ける方法は「2通り」あります。

一つは「WEB完結申込」、もう一つは「カード申し込み」です。
 

「WEB完結申込」は申し込みから契約まで全てWEB上で完結でき、融資は銀行振込で対応してくれます。

WEB完結申込であれば、「自宅から一歩も外に出ることなく即日融資も可能」です。
 

ただ、WEB完結申込で即日融資を受けるためには、そもそも「WEB完結申込」の利用条件を満たしていなければいけません。
※このページの「モビットのweb完結申込を利用できる条件は厳しい」の項目を参考に。
 

また、締め切り時間もちゃんとあり、平日14時50分までに「振込手続きを完了」まで終わらせることが必須条件となります。

この即日融資の締め切り時間に間に合わない場合は、翌日以降の融資となってしまいます。
 

また、WEB完結申込では「銀行振込」でお金を借りることになるため、土日祝日は銀行自体が休みとなり、即日融資を受けることはできません。
 

続いて、「カード申し込みで即日融資を受ける方法」についてです。

この場合もWEB上で申し込みを行いますが、平日の14:50までに「振込手続き完了」まで行わなければ、即日で融資は受けれません。
 

審査時間は人によって変わりますから、遅くともお昼までに申し込みを済ませておかないと、当日借りるには間に合わない可能性が高いです。
 

ちなみに、申込後に「モビットコールセンター」に電話して「急いでお金を借りたい」という旨を伝えれば、モビットでは優先的に審査してくれるようです。

ですから、確実に今日即日でお金を借りたいのであれば、申込後すぐにモビットコールセンターに電話すると良いでしょう。
 

では、「WEB完結申込ではなく、カード申し込みで即日融資を受けたいけど、14:50までに間に合わない」という場合はどうすればよいのでしょうか?

ここで活躍してくれるのが「モビットのローン契約機(自動契約機)」です。
 

このモビットのローン契約機は遅い時間まで営業しており、「夜21時まで」に契約手続きが完了すれば、即日融資が可能です。

ローン契約機にて計約手続きが終わると「モビットカード」が発行されますので、後はそれを使ってATMからその場でお金を借りれるというわけです。
 

まとめると、「カード申し込み」で一番早く即日融資を受ける手順は、

「ネット申し込み」

「コールセンターにすぐに電話」

「審査回答が電話でかかってくる」

「指定口座に振込 or ローン契約機でカードを受け取り出金」

…の方法が一番早いといえるでしょう。
 

「WEB完結申込」は利用条件が厳しく、多くの場合「カード申し込み」で申し込みをすることとなります。

モビットで最速でお金を借りたいのであれば、上記の方法を試すのが良いでしょう。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

モビットで土日祝で当日お金を借りる方法!

モビットで土日に借りる方法

モビットは土曜日、日曜日、祝日でも即日でお金を借りることは可能です。

ただし、それには「ローン申込機を使う」「ローン契約機の営業時間内に契約する」といった2点の条件があります。
 

まず、土日祝日は「銀行」が休みですので、口座振り込みによる融資は受けれません。

そこで、モビットのローンカードを使って借り入れすることとなり、当日中にローンカードを受け取るには「モビットのローン契約機」を利用する必要があります。
 

モビットのローン契約機は土日祝などの休日でも営業しており、審査通過できればその場で現金が受け取れるため、土日でも即日融資が可能となるのです。

しかし、モビットのローン契約機は24時間営業しているわけではありません。
 

ローン申込機自体の営業時間が決まっており、即日でお金を借りるためには「営業時間終了の21時まで」に契約を完了させないといけません。

審査が長引いて営業時間を過ぎてしまう場合もありますので、できるだけ早くモビットの自動契約機に行って契約するようにしましょう。
 

このように、モビットではローン契約機を使えば土日祝でもキャッシングすることは可能です。

ただ、いくつか注意点もあるので気を付けましょう。
 

まず、申し込みの際に「ローンカードの受取先」は必ずローン契約機を選択しましょう。

でないと郵送でカード受取になってしまい、日数がかかりますので、モビットカードの受取方法には気をつけてください。
 

次に、土日の「在籍確認」についてです。

土日祝日は定休日の会社が多いかと思います。
 

モビットで融資を受けるためには在籍確認をクリアしなければいけませんが、会社が休みですと、モビット側が電話での在籍確認が取れない可能性が高いです。
 

その場合、残念ながら「休み明けに在籍確認が取れたら融資実行」となる可能性が高いです。

もし土日祝日は会社が定休日という場合は、モビットでの即日融資はかなり厳しいかもしれません。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

モビットは在籍確認の電話をなしにもできる!

モビットで在籍確認電話なしにする方法

モビットでお金を借りる上で、誰もが避けたいと思っているのが「在籍確認」ではないでしょうか?

残念ですが、モビットでは「在籍確認」自体をなしにすることは絶対にできません。
 

在籍確認なしで貸付を行うのは、モビット側にリスクでしかありません。

ですから、どの金融業者も必ず在籍確認を行います。
 

ここで気になるのが、モビットでは「職場に在籍確認の電話連絡なし」にできないのかということです。

これに関してですが、モビットでは「WEB完結申込」を利用すれば、「電話連絡以外の方法」で在籍確認が可能です。
 

WEB完結申込というのは、収入証明や会社の健康保険証などを提出しなければいけない上に、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座を持っていなければ申し込みはできません。
 

ですが、これらの口座や収入証明により、在籍確認の電話を掛ける必要がなくなため(在籍確認が取れるため)、モビットのWEB完結申込では在籍確認の電話なしにできるのです。
 

このように、モビットでは「WEB完結申込」を利用すれば、在籍確認の「電話連絡なし」にすることは可能です。

ただし、WEB完結申込は利用条件が結構キビシイため、正直なところ、あまり利用できる人は少ないでしょう。
 

そして、一般的な申し込み方法であれば、残念ですが「ほぼ必ず勤務先にモビットから在籍確認の電話連絡がある」と思ったほうが良いでしょう。
 

ただし、モビットの在籍確認電話は「担当者の苗字」などを使って電話してきます。

ですので、いきなりモビットと名乗るわけでもないので、会社の上司や同僚にバレる心配はまずないでしょう。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

モビットからの郵送物をなしにする方法は?

モビットで郵送物なしにする方法

モビットを利用するにあたり、郵送物が送られてくることがあります。

家族に見られてしまうとバレる可能性がありますから「モビットでの郵送物をなしにしたい」という人は多いのではないでしょうか?

最近は郵送物なしで借り入れできる金融業者が増えていますが、モビットでも可能なのでしょうか?
 

結論から言いますと、モビットでも郵送物なしにすることは可能で、家や自宅に一切郵便物が送られてくることなくお金を借りることができます。

その方法は2通りあり、「モビットのWEB完結申込で契約する」か、「ローン契約機までカードや契約書類を取りに行く」という方法です。
 

まず、モビットの「WEB完結申込で郵送物なしにする方法」についてですが、WEB完結申込はそもそもカードレスですし、契約書類も会員ページで確認できます。

そのため、WEB完結申込で契約してしまえば、家にモビットから送られてくる郵送物はないというわけなのです。
 

ですが、既に上記で触れていますが、

・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座がある
・社会保険か組合保険証を持っている
・直近2ヶ月分の収入証明を提出する

…といった条件を満たしていないと、モビットのWEB完結申込を利用することはできません。

正直、WEB完結申込の利用ハードルは高めといえるでしょう。
 

続いて、モビットの「ローン契約機で郵送物をなしにする方法」についてです。

モビットのローン契約機では、契約時にその場で「モビットカードや契約書類」を受け取ることができます。

つまり、「モビットのローン契約機で契約すれば、家に送られてくる郵送物はその場で受け取れるため、郵送物なしになる」というわけです。
 

ちなみに「ネットから申し込む」という場合でも、ネット申し込みをして契約後、ローン契約機まで行き「カード受け取りに必要な予約番号」を入力すれば、その場でローンカードが発行され受け取れます。

どちらにしてもローン契約機まで出向かなければ、モビットで郵送物なしにすることはできません。
 

モビットからの郵送物を「局留めして取りに行きたい」と考えている人も多いようですが、モビットでは局留めは出来ません。
 

ただ、自宅か勤務先のどちらかに送り先を選択は可能です。

とは言っても、「入会申込書とモビットカード」は自宅のみの郵送となります。

ですので完全に郵送物をなしにするには、上記の「WEB完結申込」か「ローン契約機での契約」以外に方法はないようです。
 

ちなみにモビットの郵送物に記載される「送り主名」は、「MCセンター」と記載されますので、一見、モビットからの郵送物とはバレにくいです。
 

モビットから送られてくる郵送物については、「契約時に郵送されてくる書類一式」「モビットカード」「領収書」「利用明細書」などがあげられます。

モビットから郵送されるもの
 

領収書・利用明細書は、銀行振込かコンビニATMを利用した場合にのみ、家に送られてきます。
 

ですが、希望すればモビットからの領収書や利用明細書を家に送られてこなくすることは可能ですよ

このように、モビットで郵送物をなしにする方法は2通りしかないので注意しましょう。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

モビットの審査基準や審査通過の条件は?

モビットの審査基準

モビットでお金を借りるときに、一番の「山場」といえるのが「審査」です。

ここでは、モビットで「審査通過するための条件」や「審査に落ちる人」、そして「審査時間や審査期間はどれくらいなのか?」についてまとめてみました。
 

まずモビットで審査通過するためには、「働いていて毎月安定した収入があること」が絶対条件となります。
 

収入が安定してなければ、「モビットでお金を借りても返済できない」と審査で判断されてしまうからです。

つまり、働いていない無職だったり、今現在失業中なのであれば、モビットでは審査落ちすることになるでしょう。
 

ここで重要なのは、「年収が高ければモビットの審査に通りやすい」というわけではありません。

仮に年収が高くても、毎月の収入に波があるようではモビットで審査に通らないでしょう。

逆に言えば、ちゃんと働いているのであれば、モビットの雇用形態はそこまで審査では重要視されないということになります。
 

このように、モビットの審査基準として「ちゃんと働いていて収入が安定している」ということが、審査通過の最低条件となります。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

モビットで審査落ちする人の特徴はコレ!

モビットで審査落ちしやすい人

では、どのような人がモビットの審査で落とされてしまうのでしょうか?
 

まず、上記でも触れましたが、働いていない無職の人は必ずモビットで審査落ちします。

仮に働いている場合でも、「日雇いバイト」だったり、「働いている日数が極端に少ない場合」は、モビットの審査に通過することはできません。
 

続いて、過去に何度も他金融で返済遅延があった場合、高確率でモビットの審査に通ることはできません。

何度も返済が遅れているということは、モビットでお金を借りても「また返済が遅れる可能性がある」と審査で判断されるからです。

 
ブラックや債務整理は必ず審査に落ちる

また、過去に借金で首が回らなくなり「債務整理・任意整理・自己破産」などの法的措置していれば、まずモビットでは審査通過はできないでしょう。
 

そのほか、今現在ブラックリストであれば、ほぼ100%モビットでは審査で否決されます。
 

仮にブラックリストではない場合も、他社借入件数が多い場合は、モビットの審査では落とされる確率は高いです。

他社での借入件数が1件程度なら、まだ審査通過のチャンスはあるでしょう。

ですが3件以上の他社借入件数があるのであれば、総量規制の関係上、モビットでの審査通過はかなり絶望的といえるでしょう。
 

ちなみに、モビットの審査の際に「他社借入件数」や「無職なのに勤務先を偽る」といった嘘をついたとしても、必ずバレます。

信用情報機関というところで申込者の過去の金融履歴はすべて共有されているため、どんな嘘でも必ずバレてしまうのです。

仮に嘘をついたことがバレれば、必ずモビットの審査で落とされてしまいますので、注意しましょう。
 

このように、モビットは「ブラックや多重債務者でもOK」といった「審査が甘い金融業者」ではありません。

むしろ、モビットの審査は厳しい基準で行われます。

ネット上で「モビットは審査が緩い」といったような口コミがたまにありますが、そのようなことはないので気を付けましょう。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

モビットは審査時間や期間は早い?遅い?

モビットの審査期間や時間は?

モビットの審査に申込んで、実際に結果がわかるまでの「期間や時間」はどのくらいかかるのでしょうか?

まず、モビットの公式ホームページなどでも記載されていますが、モビットの審査は「最短30分」で完了する場合もあります。
 

ただし、これは「あくまでも一番早い場合」ということなので注意が必要です。

審査で特に問題のない人であれば、最短30分で審査が終わることも可能でしょう。
 

ですが在籍確認が遅くなれば審査時間は長くなりますし、仮にモビットの審査が混んでいれば審査期間は多少伸びてしまうこともあるそうです。

また、申し込み者の信用情報などを調べるのに時間がかかる場合だってあるでしょう。
 

ですので、モビットの審査は必ずしも30分で終わるわけではなく、「人やその時の状況によって、審査に時間がかかる場合もある」ということになります。

ちなみに、モビットのコールセンターに電話で聞いてみても「申込者様によって審査期間は変わるので、何とも言えません」としか答えてもらえませんでした。。。
 

このように、モビットの審査期間や時間は人によって違ってきます。
 

ただ、銀行カードローンの場合だと「保証会社」という審査会社を入れ、「銀行を含めた2社」で審査を行うので審査が遅い場合が多いです。

ですが、モビットは銀行カードローンと違い「審査はモビット1社で行う」ため、比較的審査は早いほうだといえるでしょう。
 

おおよその目安ですが、モビットでは「早ければ当日に審査結果がわかる」「遅くても翌日か、2~3日中には審査通知が来る」といった感じで覚えておくと良いのではないでしょうか?

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

モビットで最初に借りれる初回限度額は?

モビットの初回限度額

モビットの初回限度額はいくらになるのか気になるところです。

必要以上にお金を借りるのは危険ですが、やはり限度額は多めに設定してもらいたいですよね。
 

まず、モビットで最初に借りれる上限金額は「総量規制」と「審査」によって決定します。

モビットは消費者金融ですから「総量規制の対象」となり、年収の3分の1を超える借り入れは出来ません。

ですから、「年収が300万円の人であれば100万円までしか借りれない」ということになります。
 

だからといってモビットで、いきなり限度額100万円で設定してもらえるわけではありません。

実際にモビットで借りれる上限金額は最終的に「審査」で決まります。
 

年収、勤務先、勤続年数、信用情報など、あらゆる情報を元に「いくらまで貸せるか?」が決まるのです。

ただ、モビットのカードローンは「無担保・無保証人」という「貸す側にリスクの高い貸付」であるため、ほとんどの場合、初回限度額は少額スタートが基本です。
 

モビットで最初に借りれる金額は「10万円~20万円」が相場といえるでしょう。

初回からいきなり50万円以上の金額をモビットで借りれるというのは、なかなか難しいといえます。
 

ちなみに、モビットでの限度額は「雇用形態」により変わってくる場合もあります。

具体的には、正社員は比較的限度額は高めに、パート・アルバイトは限度額は低めに設定される可能性が高いでしょう。

目次に戻る

モビットで増額する方法は?条件は何?

モビットで増額する方法

「モビットで借りれる限度額の上限を上げたい!」という場合、限度額を増額することは可能なのでしょうか?

結論から言えば、モビットではキャッシングの限度額を増額することが出来ます。

ですので、もし今のモビット限度額に不満がある方は検討してみると良いでしょう。
 

ただし、モビットで増額を希望する場合、新規申込み同様に「増額審査」があります。

そのため、「希望すれば誰でもモビットで限度額を上げてもらえる」というわけではありません。

また、モビットの増額審査の結果によっては「逆に限度額を減額されて引き下げになる」ということもあるようですので、よく考えてからモビットの増額審査に申し込みは行いましょう。
 

モビットの増額審査では、「返済遅延はないか?」「今現在、他社借り入れは他にないか?」「前年度の年収より下がっていないか?」などが厳しく審査されます。

これらがマイナス評価されてしまえば、モビットの増額審査に落とされてしまうでしょう。
 

逆に言えば「遅延が一度もなく、マメにモビットを利用している」という人は、モビットで増枠できる可能性が高いということになります。

この「モビットでの借り入れ・返済の利用回数」なども、増額審査の通過の条件としては重要といえるでしょう。
 

ちなみに、モビットで増額するには「一定の利用期間」が必要です。

つまり、モビットに新規契約し、すぐに限度額を増額してもらえるわけではないのです。
 

モビットで増額可能な利用期間の目安は「半年以上」といわれています。

ですが、最近は「9ヶ月~1年」と長くなっているようです。

以前よりもモビットの増額審査はが厳しくなっているようですので、その点は十分に理解しておきましょう。
 

モビットで増額の申込をする方法についてですが、「モビットのコールセンター」に電話して増額申し込みしなければなりませんのでご注意を。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

モビットの口コミ評判はどうなの?

モビットの口コミは高評価

ここでは、モビットのネット上や2ch掲示板に書き込まれている口コミ評判や評価についてまとめてみました。

モビットは大手のカードローンですので、ネット上では様々なクチコミがあります。

その中でも「特に多かった口コミ」や「信憑性の高そうな口コミ」を集めてみました。

・審査はかなり速い。業界最速かも。
・ちゃんと即日でお金を借りれた。急ぎの人は絶対ココ
・家のローンが少し残っていたが、モビットの審査で悪影響はないようだった
・派遣社員でもちゃんと借りれた
・自営の個人事業主でも審査に通りやすい印象
・他社借入が30万あったが審査に通った
・一括返済でも対応が良かった
・公務員には待遇がいい。
・web完結申込は在籍確認の電話連絡なしなのがいい
・CMなどでよく名前を聞く大手だから安心だった
・増額するには年収よりも「返済の実績」が重要な印象
・金利の18%はやはり高いかも

※あくまでも個人の口コミです。
 

様々なモビットの口コミを集めてみましたが、やはり「審査が早い」「即日でキャッシングできた」といった、「借りれるスピードの速さ」について評価の高い口コミが多く見られました。

人それぞれ審査の時間は変わってくるかと思いますが、やはりモビットの審査スピードは全体的に速いようですね。
 

その他、モビットでは様々な「高評価の口コミ」が多く、評価の低い口コミとしては「金利が高い」といったものぐらいしか見当らず、2ちゃんねるなどにも悪評などの口コミは特にありませんでした。
 

このように、モビットの口コミ評判というのは全体的にかなり良いと言っていいでしょう。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

アルバイトやパート主婦がモビットで借りる条件!

パートやバイトでもモビットで審査通過可能

モビットで借入を検討している方の中にはアルバイトやフリーター、パート主婦の方もいるでしょう。

しかし正社員に比べ、一般的に年収が低いアルバイトやパートでもモビットの審査を通過することはできるのでしょうか?
 

嬉しいことにモビットでは「アルバイトやパート勤務だからお金を借りれない」という事はありません。

申し込み者本人が「安定して継続収入があること」が条件であり、雇用形態は特に問わないようです。

ですから、アルバイトやパートでもモビットで借りられる可能性は十分にあると思って良いでしょう。
 

アルバイトやパートがモビットの審査を通過するコツは「安定収入」はもちろんの事、「勤続年数」と「信用情報」が重要となります。

「1つの職場で何年ほど勤めているのか?」…これは長ければ長いほど仕事が安定していると言えるでしょう。
 

それに「長く勤めていれば仕事を辞める可能性も低く、将来的に見ても収入が見込める」と判断され、モビットの審査では有利になります。

最低でも「半年から1年以上」は今もバイト先やパート先に勤務していないと、モビットでお金を借りるのは厳しいと思ったほうが良いでしょう。

また、パートの出勤数が少なかったり、日雇いバイトですと、やはりモビットの審査に通るのは難しいといえます。
 

続いて「信用情報」についてですが、信用情報とは「過去のローンやクレジットカードの利用履歴のこと」です。

過去~現在において、「返済で問題を起こしているような人」は、正直、モビットで融資を受けるのは難しいです。

返済遅延の履歴は信用情報機関にきちんと記録が残りますので、嘘を付いても見破られるでしょう。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

専業主婦はモビットではお金を借りれない!

専業主婦はモビットで借りれない

パートをしている主婦であれば、安定収入があればモビットで審査通過は可能です。

では、働いていない専業主婦でもモビットは借り入れできるのでしょうか?

残念なことにモビットでは専業主婦は貸付対象外となっており、お金を借りることはできません。
 

モビットのような消費者金融では、「総量規制」が適用されるため「借入限度額は年収の3分の1まで」と決まっています。

ですから、そもそも収入がない人は1円も借りることは出来ないようになっているのです。
 

このように、モビットでは働いていない専業主婦はキャッシングすることはできません。

ただ、どうしても借りたいという専業主婦さんは、総量規制の対象とならない「銀行カードローン」で検討すると良いでしょう。
 

銀行のカードローンはそもそも総量規制の対象外であり、「配偶者貸付」という制度を使い専業主婦でもお金を借りることが可能です。

配偶者貸付とは「配偶者の年収と合算して申込む制度」で、配偶者を審査にかけて融資を受けます。
 

ただし、配偶者貸付は一般のカードローンよりも必要書類が多い上に、手続きに時間がかかります。

また、専業主婦さんが本人契約するわけではないので、旦那さんに絶対にバレないでお金を借りるというのも少々難しくなります。

ですが一応、専業主婦でも借りれる場合があるので、覚えておくと良いでしょう。
 

このように、モビットでは専業主婦は融資を受けることはできず、審査落ちしますので注意しましょう。

目次に戻る

学生がモビットでキャッシングする条件は?

モビットで学生がお金を借りるには?

モビットでは大学生や短大生、専門学生だとしてもお金を借りることはできるのでしょうか?

モビットの申込み資格は満20歳以上で安定した継続収入があることです。

ですから「年齢が満20歳以上でアルバイトをしている学生さん」は、モビットで融資審査に通過することは事実上、可能です。
 

学生は収入に不安があることから融資を断っている金融業者も多いですが、モビットなら大学生でも安定収入が証明できれば借りられますよ。

ただし、「バイトの出勤日数が少ない」「まだバイトを始めたばかり」「日雇いの日当アルバイト」の場合ですと、「収入が安定していない」と判断され、モビットで審査落ちしやすいです。
 

中堅消費者金融などが行っている「学生ローン」といった、学生向けの比較的審査の甘いローンもあります。

ですが、やはり安全性や安心面などから、借りるならモビットのような大手カードローンのほうが断然良いでしょう。

お金を借りるにはコチラ
目次に戻る

未成年の学生はモビットで借りれない!

未成年の学生はモビットで借りれない

ちなみに、学生でアルバイトをしていたとしても「18歳~19歳の未成年」はモビットでお金を借りることはできません。

仮に社会人だとしても、未成年ということだけでモビットでは審査に通過することはできません。
 

未成年のローン契約というのは、後から取り消すことも可能なため、モビット側にとって大きなリスクがある貸付です。

そのため、モビットでは未成年の学生さんへの貸付は行っていません。
 

このように、モビットではアルバイトをしていれば学生さんでも審査に通ることは可能です。

ですが未成年の学生は、仮に働いていたとしてもモビットではキャッシングできませんので、注意しましょう。

目次に戻る

派遣・契約社員でもモビットは借り入れ可能?

派遣や契約社員でもモビットで借りれる

派遣社員だから契約社員だからモビットでは借りれないと諦めていませんでしょうか?

結論から言えば、派遣社員・契約社員だとしても、モビットでキャッシングすることは可能です。
 

確かに派遣社員であれば正社員と比べると収入は少ないですし、契約期間満了となれば仕事を切られる可能性もあり、正直不安定です。

だからといって、モビットで絶対に借りれないというわけではありません。
 

「毎月収入が安定している」「勤続年数も6か月~1年以上ある」のであれば、派遣社員や契約社員だとしても、モビットで審査通過できる可能性は十分あります。

ただし、「月によって、かなり収入に波がある」「まだ派遣社員として働き始めたばかり」だと、さすがにモビットで審査通過は難しいでしょう。
 

派遣社員、契約社員の人がモビットの審査を受けるときに気を付けたいのが「モビットからの在籍確認電話の連絡先」です。

会社員であれば、勤務先の電話番号で何の問題もありません。

しかし派遣社員や契約社員の場合は、派遣先の電話番号を記載してしまうと、モビットからの在籍確認が取れない危険性があります。
 

審査で「この人にはお金を貸しても問題ない」とどんなに評価されても、在籍確認が取れなければモビットでは審査落ちします。

ですから、勤務先ではなく「派遣元の会社の電話番号」に在籍確認の電話連絡がいくようにしないといけません。

意外と見落としがちな部分ですので、モビット申込みの際は間違えないよう気をつけましょう。

目次に戻る

自営業の個人事業主はモビットで融資してもらえる?

モビットは自営の個人事業主でも融資は可能

「自営業や個人事業主はモビットで借りるのは難しいのか?」…そんな不安を抱く人は多いですが、全くそんなことはありません。

モビットは自営業や個人事業主の場合も、安定した収入があることできを証明れば、審査通過は可能です。
 

ただし、自営の個人事業主がモビットで融資を受ける場合、「審査に必要な書類が少し多くなる」など、会社員やアルバイト・パートとは多少違う部分があります。
 

まず自営業の個人事業主は、一般の会社員のように勤務先の確認が取れません。

例えば「自宅が職場となる」ということで、電話連絡を入れるだけでは在籍確認としては不十分です。
 

「きちんと仕事をして収入があること、返済能力に問題がないこと」を確認するには、モビット側としては「公的な書類」を確認しなければなりません。

ですから、自営業の個人事業主がモビットで審査を受ける際には、「申込金額に関係なく収入証明書の提出が必須」です。
 

収入証明書や所得証明書の書類提出は非常に面倒です。

ですが、モビットで借り入れするには「収入証明書を提出しなければ審査してもらえない」ので注意しましょう。
 

モビットに提出する収入証明は「確定申告の写し」や「納税証明書」があればバッチリです。

もちろん、本人確認書類も必要となりますので忘れずに。
 

ちなみにモビットでは、自営業の個人事業主は「営業状況のお願い」という書類も提出しなければいけません。

この書類によって営業状況が判断され、モビットの審査結果に反映されますので非常に重要な書類です。

これはモビットのホームページよりダウンロードしなければいけませんので、まずは確認してみましょう。
 

まとめますと、自営業や個人事業主がモビット申し込みに必要となる書類は、「本人確認書類・収入証明書・営業状況のお願い」の3点です。

書類に不備があるとモビットで審査落ちしますので、きちんと準備してからモビットの審査に申込しましょう。

最後に、モビットで借りたお金は事業運転資金としては使えません。

その点は気をつけてくださいね。

目次に戻る

みんなが選ぶオススメカードローン お金を借りるにはコチラ