南日本銀行

なんぎんワッゼカに申込む前に!
みんなが選ぶ人気業者もチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 

南銀(なんぎん)という略称で知られる南日本銀行は、鹿児島県鹿児島市に本店を構える第二地方銀行であり、鹿児島県だけではなく熊本県や宮崎県、福岡県、そして東京都にも店舗を置き営業しています。

1913年の同仁貯金合資会社が設立が南日本銀行の始まりで、1951年に株式会社旭相互銀行に商号が変更されました。

1987年、福岡証券取引所に株式上場し、1989年になると普通銀行への転換を迎え、株式会社南日本銀行に商号変更となりました。

1995年には第三次オンラインシステムを稼働し、近年2009年、第三者割当方式によってのA種優先株式150億円を発行しています。

現在、関連会社として「なんぎんリース株式会社」「南九州サービス株式会社」などがあります。

また「システムバンキング九州共同センター」に加盟している6行の通帳やキャッシュカードでも、各行のATM相互間におけるカード利用の入出金や通帳を使った入金、記帳も可能となっています。

なんぎんの住宅ローンでは「スピード審査」がウリで、ほかの地方銀行の住宅ローンに比べ審査回答が早いのが人気です。

そのほか、教育ローンやマイカーローン、フリーローンに関してもスピーディーな審査対応が口コミなどでも評判のようです。

中でも「3秒クイック審査」で融資可能なのかすぐにわかる「なんぎんカードローン・わっぜか」。

ではここからは、南日本銀行が取り扱うカードローン「WAZZECA(ワッゼカ)」の特徴やメリットなどをご紹介します。

WAZZECAというのは、企業や会社などに向けた事業性資金の融資ではなく、あくまでも個人向けに提供している小口の融資(カードローン)です。

小口と言いましても、消費者金融とは異なり銀行系カードローンですので借入額は高く設定されており、最大で1,000万円までお金を借りることが出来ます。

しかもワッゼカの金利は「最低年3.8%」と返済負担が少ないことから、審査基準さえ満たしていれば大変便利でお得なカードローンと言えます。

なんぎんカードローン・ワッゼカでの融資対象者は「満20歳以上70歳未満の方」で、南日本銀行が定める「保証会社の保証を受けられる方」と記載されています。

必要書類は運転免許証やパスポートなどの「本人確認書類一点のみでOK」ですが、ご利用希望額が300万円を超える場合には収入証明書を提示する必要があります。

WAZZECAの大きなメリットとして、専業主婦やパート・アルバイト、そして年金受給者の方も利用することが出来ること。

また、仮に南日本銀行の口座を持っていなくとも、他の金融機関と比較して融資までのスピードは早いようです。

仕事などで忙しい方は、インターネットを使った申込みも可能で、7分程度の時間で申込みを完了させることが出来ます。

ワッゼカの返済方法については「50万円以下のキャッシングであれば毎月1万円」「100万円以下であれば2万円」といった感じで、借入金額に応じて返済金額が徐々に上がっていくタイプになります。

借入が出来るかどうか不安でしたら、まずは南日本銀行のホームページの3秒クイック診断を利用して見るのがオススメです。
 

なんぎんカードローン・ワッゼカの審査は通りやすいのか?

なんぎんカードローン・わっぜか

では気になる南日本銀行ワッゼカの審査基準ですが、果たして甘い基準なのでしょうか?

上記でも述べましたが、「なんぎんのワッゼカ」ではパート主婦やアルバイトのフリーターはもちろん、専業主婦や年金をもらっている人でも審査申し込みは可能です。

ただし、注意が必要なのはやはり「勤続年数や出勤日数」です。

これが少ないようであれば、やはりパート・アルバイトもOKとはいえ、審査に落ちてしまうでしょう。

また、「働いていない専業主婦でもお金を借りれる」と勘違いしがちですが、旦那さんに収入がある(働いている)ということを南日本銀行に証明しなければいけません。

つまり、専業主婦は「配偶者貸付」といった形での貸付になるため、「旦那さんに100%内緒で」というわけには行かないでしょう。

そもそも、カードローン会社や銀行などの金融期間というのは、「収入がまったくない人」にはお金を貸しません。

あくまでも「安定収入のある配偶者がいなければいけない」ということなので注意しましょう。

年金受給者に関しても、規定の年齢制限が「70歳未満」とあるので69歳までしか借りれません。

ちなみに、なんぎんワッゼカは他の地方銀行のカードローンと違い、「5社の保証会社」がついています。

もちろんすべての保証会社の審査に通らなければいけないというわけではありませんが、2~3社ほどは審査されるようなので、決して甘い審査とはいえないでしょう。

このように「なんぎんカードローン・ワッゼカ」は審査が緩いというわけではありません。

「働いてない専業主婦もOKだから、無職でも大丈夫かな?」「ブラックの多重債務者でも平気そう」といった甘い考えは持たないようにしましょう。

ワッゼカと比較しよう!
みんなが選ぶ人気の金融業者!
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
 

南日本銀行ワッゼカで即日に借りるのは無理!?

南日本銀行カードローン・ワッゼカ

なんぎんカードローンのワッゼカでは「スピーディーな審査対応」や「3秒クイック審査」などのサービスがあるので、その日に即日でお金を借りれると思うかもしれません。

しかし、ワッゼカで当日中にキャッシングを行なうことは不可能です。

実際、なんぎんのコールセンターに実際に電話して確認してみました。

まず、ワッゼカでは携帯電話・スマートフォン・PCなどから仮審査に申し込みます。

その後、仮審査に通れば審査通知が来るとのこと。

まず、この時点で保証会社の審査時間が「おおよそ3~4日、早くて翌日」という感じだそうです。

また、仮審査に通っても「本契約」をしに「必ず一度、店舗窓口まで出向かなければいけない」そうです。

その後、本契約完了後にようやくお金が借りれるということです。

つまり、なんぎんカードローンでお金を借りるには、「1週間ぐらいは見ておいたほうが無難」ということでしょう。

もちろん、なんぎんには自動契約機などはないので、土日祝は審査してもらえません。

もし週末をはさんでしまえば、さらに時間がかかるでしょう。

とにかく急ぎでお金が必要という場合は、やはり大手のアコムやプロミスなどのカードローンがオススメです。

アコムプロミスには無人契約機・自動契約機があるため、休日でもカード発行は可能、お金を借りることができます。

また、平日の指定時間内に契約をできれば、その日に現金を借りることもできます。

土日祝にどうしても借りたい場合は自動契約機まで出向かなければいけませんが、平日であればネットからすべての契約が完了です。

なんぎんのワッゼカは確かに低金利が魅力的ですが、スピードキャッシングができるかというと難しいので、自分の状況に合わせて借入先を選ぶようにしましょう。

アコムやプロミスでは「無利息のサービス」なども行なっているので、正直ワッゼカよりもお得なのかも知れません。

みんなが選ぶオススメカードローン お金を借りるにはコチラ