風俗嬢・困り顔
私は目が一重なことにずっとコンプレックスを抱えていて、今度整形手術で二重まぶたにしようかと思っています。

ただ今すぐまとまったお金は払えないので、できればローンを組んでバイト代で返していこうかと思っているんですが、整形手術ってローンを組むことはできるんですか?

オペ・納得
整形外科や美容整形クリニックでは「医療ローン・メディカルローン」として整形費用のローンを組むことは可能です!
ただ、ローンですのでちゃんと「審査」があり、場合によっては保証人が必要だったりもします。

また、美容整形のローンは大手の整形外科でないと取り扱っていないこともあるので注意!

仮に整形ローンを組むなら、トラブルの起きにくい有名な「大手美容外科」でローンを組むのが安心安全です!

↓ 見たい項目をクリック!↓

整形費用のローンを組むなら
大手の湘南美容外科が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

全国対応!テレビCMでも有名!

 

整形手術の費用はローンが組めるの?

若い女性からから年配の女性まで年齢を問わず、大きな悩みのひとつに挙げられるのが「自分の容姿」についてです。

例えば、腕や脚、ウエスト周りが気になってダイエットする女性も多く、女性の美意識に関しては永遠のテーマともいえます。

※ダイエットなどについての参照元⇒30代女子のココロエ【結婚・美容健康・お金の悩みを解決】
 

これが「顔」となってくると、さらに悩みは深くなるでしょう。
 

例えば、

「一重だから、二重まぶたにして目を大きくしたい」
「アゴやエラを削りもっと小顔にしたい」
「もっと鼻を高くしたい」
「シワ・たるみを伸ばしたい」

…多くの女性がどれかしらのコンプレックスを抱いているはずです。

近年では多くの芸能人・モデルさんや整形大国・韓国などの影響もあり、整形手術を行なう女性が非常に増えてきました。

整形手術代を作るためキャバ嬢として働いている女性もいるほどです。

しかし、美容整形というものは基本的には「高額な費用」がかかります。

下記で「各部位の整形手術料金」について詳しくご紹介していますが、基本的に「プチ整形であれば安ければ2~5万円」、「メスを入れて切開するとなれば10~20万円」はザラです。

アゴやエラの骨を削るとなれば4~50万円は最低でもかかってしまい、高ければ100万円を余裕で超えてしまうこともあります。

そのため、整形手術の一括払いが難しい場合は「ローン」を組んで月々支払っていくという方法もあります。

それが医療ローンやメディカルローンと呼ばれているローン商品です。

美容整形クリニックや整形外科の多くは「クレジットカード会社や信販会社」と提携しており、「美容整形をしたいけど治療費を支払うことが出来無い…」という方のために分割払いで手術費用を支払うことが可能となっています。

前述の通り施術費用は高額ですし、その他検査として「レントゲンやMRI」などを受けなければいけないこともあり、さらに負担が増します。

そんな時にローンを組むことによって負担を軽減することが出来ます。

ですが、分割にするということはその分、「金利や利息」も加算して返済していかなければいけませんのでご注意を。

また整形ローンを組むためには「審査」がちゃんと行なわれます。

「ちゃんとローン返済ができるのかどうか?」ということを厳しく判断され、「働いていない」「日雇いのバイトしかしていない」などの場合は審査落ちしてローンは組めません。

また、整形ローンを組むために「保証人」などを付けなければいけないケースもあります。

このように、整形手術のローンは手続きが若干面倒くさい部分もあります。

また、大手の美容整形外科でないとローンを組めない場合もあります。

ただ、高額な美容整形の費用を分割払いできるというメリットもあるので、気になる人は有名な美容外科などでローンの相談をしてみると良いでしょう。

整形ローンは大手が安心!
CMでも人気の美容整形はココ!
↓ ↓ ↓ ↓

 

mokuji

実はカードローンで借りたほうが早くて便利!?

カードローン

手続きに時間がかかり何かと面倒くさい医療ローンやメディカルローン。

しかし実はこれらのローンを組むよりも、大手のカードローン会社へ申込みをしキャッシングをしたほうが「何かと便利、かつ簡単で早い」ということをご存知でしょうか?

大手カードローン会社というと具体的には「アコム」「プロミス」「モビット」「アイフル」などのテレビCMでも有名な金融業者のことです。

この大手金融機関が提供するカードローンというのは、最短即日にキャッシングカードを発行してもらうことが出来ますし、もちろんその場でお金を借りることも出来ます。

具体的なメリットは下記の通りです。

・最短即日で10~20万円借りることも可能(※1)

・保証人や担保の必要なし

・無利息サービスなどを利用すれば金利負担なし

・整形費用以外にもお金を使える(※2)

※1 即日融資は各金融の指定時間内・曜日内で契約完了が必須。
※2 医療ローンなどは整形代にしか使えない。

大手のカードローン会社では医療ローンやメディカルローンと違い、審査に必要な時間が短くスピーディーな借入が出来るという大きなメリットがあります。

ちゃんと働いていて安定収入があるのであれば、医療費ローンのように「保証人や担保が必要!」ということもありません。

大手カードローンは金利が少しだけ高くなりますが、多くの場合「○○日無利息キャンペーン」などを行なっているので、実質、医療ローンやメディカルローンよりも利息がかからない場合が多いです。

初回申込時の借入限度額については概ね「10~20万円程度」でしたらその日のうちにキャッシングすることが出来るでしょう。

10~20万円借りれるのであれば、今もっているお金と合わせて整形手術の頭金にすることはできますよね。

また、メディカルローンなどは「整形する費用」以外にはお金を使うことはできませんが、カードローンは利用用途自由ですので、例えば何か困ったときに利用するという意味でもかなり便利と言えます。

仮に「すぐに美容整形したい!でもお金が無い」なんて時は、近くの店舗や自動契約機に出向くことで、申込みからキャッシングカード発行まで概ね一時間程度出できます。

簡単なプチ整形などであれば、そのままその日のうちに整形手術を受けることも可能です。

これはメディカルローンや医療ローンで支払うのであれば、まず不可能なこと。

そのほか、もし整形手術で何らかのトラブルがあり後日再施術となるとその分負担は大きくなりますし、メンテナンスやアフターケアが必要な場合、さらにお金がかかることもあります。

その際にカードローンを1枚持っておけばすぐにお金を借りることもできます。

何も整形手術代はメディカルローンなどを組んで支払わなければいけないというわけではありませんので、「賢くカードローンでお金を借りて支払う」という方法もぜひ覚えておきましょう。

整形費用のお金を借りるなら
カードローンが楽で早い!
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
 

mokuji

そもそも美容整形手術はどれぐらいお金がかかる?

整形手術

このように十数年と比較して整形手術はかなり利用しやすくなりましたが「手術にかかる費用」というのは実際いくらぐらいかかるものなのでしょうか?

まず、ただ単に美容整形と言いましても整形費用は様々です。

どこの病院・医院・形成外科を利用するのかによって変わってきますし、また整形箇所・部位や仕上がり具合によっても個人差が出てきます。

ただ、1つ覚えておきたいことは「美容整形手術にかかるお金というのは基本的に保険や医療費控除はきかない」ということです。

そのため、部位にも寄りますが基本的にはかなり高額になることが多いようです。

では、ここからは各部位別の整形費用についてご紹介していきます。
 

目の整形手術の費用

目の整形手術

多くの日本人が抱えているコンプレックスの1つである「目の大きさ」。

日本人の多くは目が細く「一重瞼」の人が多いです。

そのため、中高生の間ではアイプチなどを行い、無理やり二重にしている人もたくさんいます。

では、そんな一重まぶたを二重にして目を大きく見せる整形手術はいくらぐらいかかるものなのでしょうか?

まず最初に知っておいて欲しいのが、二重手術には「埋没法」と「切開法」の2つがあるということです。

「埋没法」というのは、「まぶたの皮下の部分に医療用の糸を通し、二重になるようにとめる」という施術になります。

この「埋没法」はいわゆる「プチ整形」と呼ばれる軽い手術になるため、相場としては2~6万円ほどになるようです。

続いて「切開法」についてですが、こちらは「メスを入れてまぶたを切り、二重にする」という手術になります。

埋没法とは違い、切開法はちゃんとした手術になるため費用相場としては25~28万円前後、高くなれば30~50万円となります。

ただし、部分的に切開する「部分切開法」の場合は7~8万円前後と、若干安くなるようです。

このように二重まぶた整形方法には「2種類の施術法」があります。

安ければ2~6万円前後、高ければ30~50万円近くの費用がかかってしまいますが、実際のところは「その人の目元・まぶたの状態によって施術は変わる」ということを忘れてはいけません。

かなり厚ぼったい一重の人であれば「全切開法」などをしなければキレイに二重にならない場合もあります。

逆に、埋没法でも問題なければ整形手術代は安く済むというわけです。

このほかにも目周りの整形手術には「眼瞼下垂」「目下のクマの除去」「目頭・目尻切開」「下まぶのたたるみ取り」など様々なメニューがあります。

多くの場合、メスを入れて切開したりすれば10~50万円ほどの値段がかかるようです。

まずは、整形外科や美容整形クリニックなどでカウンセリングをしてもらうのがよいでしょう。

二重手術でローン組むなら
大手の湘南美容外科が安心です!
↓ ↓ ↓ ↓

 

mokuji

鼻の整形手術の料金

鼻の整形手術費用

鼻が低くて悩んでいる女性は意外と多いのではないでしょうか?

できれば鼻を高くしたい…そんな鼻の整形手術の種類や料金についてまとめてみました。

まず、鼻の整形手術の施術は大きく3つに分けられます。

1つ目は「隆鼻術・プロテーゼ法」といわれる人工軟骨(プロテーゼ)を鼻に入れ高くする方法です。

鼻の高さの調整がしやすくハッキリと効果が分かりますが、異物を体内に入れるため体が拒否反応を起してしまう人も稀にいるようです。

プロテーゼ法はメスを入れて切るため、手術費用は25万円前後と高額になります。

2つ目は「隆鼻術・軟骨法」です。

こちらは人工軟骨ではなく「自分の耳・肋骨などの軟骨」を移植するため、アレルギー反応を起しにくく安全性が高いのが特徴です。

ただし、その分かかる費用は45万円前後とかなり高額でなかなか利用しやすいとはいえないでしょう。

3つ目は「ヒアルロン酸を注入する隆鼻術」です。

この方法はメスで切開などはせず、注射でヒアルロン酸を注入し鼻を高くするという施術になります。

価格も5万円前後と他の2つの方法に比べかなりリーズナブル。

ただし、ヒアルロン酸が体内に吸収されてると元に戻ってしまうというデメリットがあります。

半永久的に鼻が高くなるというわけではないので注意が必要です。

このほかにも「鼻の大きさを小さくしたい」という人には小鼻術(約30万円前後)

「だんご鼻を直して鼻を尖らせたい」という場合は鼻尖術(約30万円前後)

「ワシ鼻」を直すためのワシ鼻修正術(約40万円前後)などがあります。

基本的に鼻の整形手術は目の整形よりも大掛かりなものが多いので、価格的にはどうしても高くなってしまう傾向があるようです。

ただ、人それぞれ適した手術方法は違うので、まずは整形外科や美容整形クリニックに相談してみるとよいでしょう。

安心の鼻整形の手術は
大手美容整形外科が安全!
↓ ↓ ↓ ↓

 

mokuji

小顔・アゴ・輪郭の整形手術の値段

小顔の整形手術費用

「小顔したい!」…近年かなりの小顔ブームにより、こう思っている女性は多いのではないでしょうか?

しかし、ただ小顔になりたいといっても様々な手術方法あります。

これは実際に「整形手術する人」の現在の状態から「どの施術をするべきなのか?」が変わってくるため、「この金額!」といったものは出しにくいのが現状です。

例えば、アゴが出ている人であればアゴの骨を削る、エラや頬骨が張っている人であればエラを削る・または脂肪吸引・ヒアルロン酸注射などで輪郭を整える…といった感じで変わってくるからです。

ここでは代表的な小顔整形の種類・料金についてご紹介していきましょう。
 

1.ヒアルロン酸を注射する

ヒアルロン酸を顔に注射し、顔の輪郭を整えることによって小顔に見せる施術方法です。

メリットとしては安全性が高いことと、値段が比較的安く5~10万円前後で行なえることです。

しかし、ヒアルロン酸が体内に鳩首されてしまえば元に戻ってしまいます。

おおよそ期間としては半年から1年持つかどうかといったところでしょう。

継続的にヒアルロン酸を注射しなければならないのがデメリットといえます。
 

2.ボトックス注射を打つ

ボトックスとは骨と下顎骨についている「咬筋」を抑制させる働きのある成分です。

このボトックスを打つことにより、エラなどをシャープに見せ小顔にしてくれる効果が期待できます。

「筋肉を抑制させる」と聞くと副作用はないのかどうか不安になりますが、医療用として使われている成分ですのでもちろん安全性は非常に高いです。

しかし、費用相場が10~20万円することと、ヒアルロン酸注射同様に半年~1年ほどしか効果がないため、定期的に注射しなければ元に戻ってしまうようです。
 

3.顔の脂肪を吸引する

こちらは文字通り顔の余分な脂肪を吸引し、小顔に見せる整形手術方法です。

脂肪を吸引することにより、顔のシワ・たるみ・ほうれい線などを伸ばしてなくすフェイスリフト効果も期待できます。

ただし、吸引する量を間違えれば余計に頬がコケて見えたり、シワが目立ってしまう場合もあるようです。

また、吸引する際に顔が腫れてしまうこともあり、人によっては一ヶ月近く腫れが引かないことも。

脂肪吸引にかかるお金も相場は15~50万円と非常に高額になってしまうのが難点ともいえます。
 

4.あご・エラの骨を削る
顎骨、エラ骨、頬骨を削り小顔にする手術方法です。

まず、メリットとしては注射による小顔整形とは違い「半永久的に顔が小顔になる」こと。

注射の小顔整形を毎回やるよりも長い目で見れば安く済むのは必然です。

しかし相場費用としては50~150万円ほどかかってしまうようです。

また、メスを入れることになるため上記の3つの方法に比べると安全面ではリスクを伴うことになります。

もちろん、骨を削るわけですからかなりの痛みを生じますし、麻酔により顔が数日間腫れてしまうことは避けられないので、他の種類の整形手術よりもダウンタイムは長くなります。

※ダウンタイムとは整形手術後から日常生活に戻れるまでの期間のことです。

また、手術を行なう医者の腕に左右される部分もあるため、ヘタクソな医者に当たってしまうリスクも考えなくてはなりません。

小顔の整形費用のローンなら
湘南美容外科が安心・安全!
↓ ↓ ↓ ↓

 

mokuji

口の整形手術の価格

口の整形手術費用

最近、芸能人などの影響で「アヒル口」や「ふっくら唇」にしたいという人は多いようです。

また、「口の大きさを小さくしたい」「たらこ唇を直して薄くしたい」「笑ったときに歯茎が見えないようにしたい(ガミースマイル)」といった願望も多く、口整形をする人は人気の整形手術の1つです。

まず、アヒル口・ふっくら唇などの「唇を厚くする手術」についてですが、「ヒアルロン酸注射」や「脂肪吸引」が一般的です。

相場としてはヒアルロン酸注射であれば10万円前後、脂肪吸引なら40万円前後となります。

ヒアルロン酸注射と違い脂肪吸引となると半永久的に持続しますが、どうしても高くなってしまうのが難点といえます。

次にたらこ唇などを薄くするための「唇を薄くする手術」ですが、多くの場合メスを入れるため相場費用は15万円前後と若干高めです。

ただ唇の組織細胞は傷の治りが早いため、すばやく完治してくれるというメリットがあります。

続いて歯茎が見えないようにするための整形手術ですが、「耳の軟骨を鼻と歯茎の間に入れる方法」と「ボトックス・ボツリヌストキシン注射」をして口を開く筋肉を抑制する方法の2つがあります。

前者はメスを入れるためおおよそ35万円前後かかってしまうようです。

ボトックス・ボツリヌストキシン注射の場合は相場が5万円前後と安めですが、半年~1年ほどの効果しかなく継続的に行なうことが必要となります。

口角を上げる口整形もボトックス・ボツリヌストキシン注射を使うことが多く、同じく相場価格は5万円前後となります。

最後に、クチの整形ではありませんが「歯のホワイトニング」の相場価格も調べてみました。

おおよそですが「1本1000~1500円前後」が相場となり、最近話題のセルフホワイトニングであれば「1回4500~5000円」と非常に安く済ませることが可能です。

口整形は安心の大手!
湘南美容外科なら安心!
↓ ↓ ↓ ↓

 

mokuji

豊胸手術にかかる値段

「バストが小さくて悩んでいる」という人が胸を大きくするための整形手術が豊胸手術です。

しかし、実は大きさ以外にも「乳首・乳輪の形」「胸の形」などもキレイにできるということをご存知でしょうか?

まず、バストアップの整形手術についてですが、「プロテーゼ挿入」「ヒアルロン酸注入」「脂肪注入術」と大きく3つに分けられる場合が多いようです。

料金の相場は「7万円~30万円」と若干高額になります。

続いて「乳首・乳輪の形」を直す手術についてですが、

・陥没乳首をなおす(25万円前後)
・乳頭を小さくする(15万円前後)
・乳輪を小さく(30万円前後)
・乳輪のぶつぶつをとる(5万円前後)
・乳頭・乳輪黒ずみ除去(3万円前後)

…などが上げられます。

このように、基本的には豊胸手術は「メスをいれ切開などを行なう」ため費用は高くつく傾向があるようです。

ただ、人によっては切る部分が少なく済み、値段が多少下がる場合もあるようなので、まずは先生に相談してみるのがよいでしょう。

豊胸手術は有名美容整形外科で!
湘南美容外科なら安心で安全!
↓ ↓ ↓ ↓

 

mokuji

整形手術は痛いの?腫れたり跡が残ったりする?

整形手術をする上で「費用」の次に気になるのは「痛いのかどうか?」「腫れたりするのか?」「跡が残らないか?」ということではないでしょうか?

まず、プチ整形などの簡単な整形手術では、メスで切ったりすることもないので、そこまで激痛があるということはありません。

ただ、「注射をしてヒアルロン酸を打つ」「医療用の糸でまぶたを縫う」といったことはするので、お肌が弱い人などは「あとから痛くなってきた」「腫れてしまった」ということもあるようです。

メスを入れて切開したり、アゴ・エラなどの骨を削る場合、必ず麻酔をするため手術直後には痛いということはほぼありません。

しかし麻酔が切れた術後は、仮にも皮膚を切ったり骨を削ったわけですから、2~3日から1週間ぐらいは痛みが続くと考えておいたほうがよいでしょう。

歯医者などで「親知らず」を抜いたときと同じと考えてください。

多くの場合は痛み止めなどの薬を処方してもらえるので、どうしても痛みが我慢できない場合はそれで乗り切るしかないようです。

手術跡についてですが、執刀医が上手く見えない部分にメスを入れてくれるようですので、切開跡などは基本的には残らないようです。

ただし、執刀医の腕がヘタクソな場合跡が残ってしまうことも十分ありえます。

できれば大手の名の知れた整形外科や美容整形クリニックで手術するか、ネットの掲示板などの口コミで情報収集した上でお願いするのがベストといえるでしょう。

このように整形手術では、簡単な手術であればそこまで痛みはなく、メスを入れたり骨を削る場合は2~3日の痛みは伴うようです。

しかし、体調が悪いときは腫れやすかったり、二重手術の場合は寝る姿勢によっても変わってきます。

また、「コンタクトレンズ」「プールや海」などで雑菌が入れば腫れてしまう場合もあるでしょう。

整形手術後はタバコなどの喫煙・飲酒などもできるだけ避けたほうがよいといえます。

このように整形手術後の痛みについては、人それぞれの体質や体調にも左右されるということも覚えておいてくださいね。

有名な大手美容整形なら
安心・安全・痛くない!
↓ ↓ ↓ ↓

 

mokuji

整形手術で失敗することはある?安全性は?

ネットなどで整形手術について調べていると必ず目に留まる「整形手術での失敗」「整形手術の後遺症」などです。

アメリカや韓国などの海外の整形手術失敗例は過激なものが多く、皮膚がただれ壊死してしまったり、ヘタクソな脂肪吸引により腸に穴が開き感染症・合併症より死亡してしまった例などもあります。

では、日本では整形手術で失敗するなんてことはあるのでしょうか?

まず、失敗の定義は2つのパターンに分けられます。

・思い通りにならない

・傷、跡、アザ、後遺症が残った

まず、最初の「整形手術をしたのに思っているのと違う仕上がりになった」という失敗に関してです。

これは「手術担当の先生」との意思疎通ができていないことが失敗の大きな原因です。

多くの場合、「先生側は最善を尽くしたのに患者側のイメージと違った」ということが多いので、めんどくさがらず最初のカウンセリング時にちゃんと相談するようにしましょう。

美容室やヘアサロンなどで最初に「髪の毛をどれくらい切るか?」について細かく注文しておけば、失敗の確立が減るのと同じです。

適当に注文すれば美容師側にちゃんとイメージが伝わらず、かなり短く切られてしまうこともありますよね?

できれば写真などがあればイメージが伝わりやすく成功率も上がるはずです。

また、整形手術は魔法ではありませんので「できること」「できないこと」はどうしても出てきます。

自分の整形手術で「できないこと」はちゃんとカウンセリングで確認しておき、理解することも重要です。

続いて「後遺症やキズなどが残ってしまった」という失敗についてです。

多い事例としては、

・二重手術で縫った糸が飛び出して眼球が傷ついた、視力低下
・まぶたが開かなくなった
・メスを入れた部分に傷跡が残った、目立つ
・バストにプロテーゼを入れたら「しこり」が残った
・麻酔によるアレルギー反応・炎症が起きた

…などが挙げられます。

顔周りの整形手術ともなれば、「注射により表情がなくなり怖い顔になる」「顔が腫れ上がって外に出れなくなった」などの事例もあるようです。

これらの失敗の原因は、多くの場合「担当医師が未熟・ヘタクソだから」ということが多いようです。

整形手術において医師選びというのは非常に重要で、医者の手術のウデより大きく左右されます。

まずカウンセリングを受けてみて、「なんか変だな」「適当だな」と感じた場合はそこで手術するのは止めておいたほうがいいかも知れません。

カウンセリングをしてくれた医師と執刀医が違うような整形外科・美容クリニックでは、絶対に手術を受けないようにしましょう。

整形手術で失敗すれば「元の顔に戻る」というのは非常に難しいことです。

リスクを理解した上で十分注意し、手術を受けるようにしましょう。

トラブルの危険性がないのは
安心の大手の有名美容外科!
↓ ↓ ↓ ↓

 

mokuji

整形手術で副作用が出たりすることはあるの?

整形手術の中には「注射」などによるプチ整形などがあります。

簡単かつ費用も安いので若い女性を中心に人気がありますが、「ボトックス・ボツリヌス・トキシン」や「ヒアルロン酸」といった医薬品を注射するとなると「副作用」が気になる人も多いでしょう。

ネットで調べればボトックスやボツリヌス・トキシンは「多少毒素がある」と危険性を謳うサイトも見受けられるのでなおさらです。

まずヒアルロン酸に関しては美容成分としてサプリメントや食品などにも使われているため、基本的には副作用はないと思ってもよいでしょう。

ただし、人それぞれアレルギーなどもあるので「必ず100%安全」といううワケではないことも覚えておきましょう。

次にボトックス・ボツリヌス・トキシンですが、これらは「筋肉の神経の伝達を阻止する」という薬品です。

これにより「シワを作る筋肉」の動きを阻止しシワを伸ばすという目的で使われますが、基本的には副作用はないようです。

稀に「痛み・頭痛・違和感・内出血」などの症状が出る場合もあるようですが、整形外科やクリニックでは安全性の高いものを使っているハズなのでそこまで心配する必要はないでしょう。

しかし、人によってはアレルギーを起してしまう場合があるのも事実です。

もし心配であれば、整形外科や美容整形クリニックの先生にちゃんと相談し、検査なりをしてもらうことが重要です。

整形費用を安全に受けるなら
大手の湘南美容外科が安全!
↓ ↓ ↓ ↓

 

mokuji

整形手術は未成年でも受けれるの?

最近の中高生は非常に垢抜けていて美容意識が高い子が多いです。

では未成年者である中学生・高校生・18~19歳の大学生は整形手術は受けれるのでしょうか?

結論から言うと「親の承諾があればOK!」です。

未成年者は親の同意がなければ整形手術を受けることはできません。

中高生ぐらいのアイドル・モデルなどが急に顔が変わり「整形疑惑」が浮上することはたまにあります。

もし、本当に整形手術をしているという場合は、おそらく親が同意して整形をしているということなんでしょうね。

ただし、中学生や高校生は体・顔は発育段階ですので、大人になれば顔・体形が変わることはよくあります。

そのため、若いときに整形手術をしてしまうと大人になったとき「生帰依した部分に違和感が出る」ということが多いので正直オススメではありません。

大人になったときに後悔しないためにも、よく考えて整形手術を受けるようにしましょう。

mokuji

 

↓ ↓ ↓ ↓