フリーター女・困り1
今、結婚をして3年目ですが、貯金もなく経済的に非常に苦しい状態です…。
しかし最近、妊娠していることがわかりました。
出来れば産みたいのですが、出産育児一時金以外の自己負担の出産費用が正直ありません…。

お腹の赤ちゃんを中絶するのはどうしてもイヤです…。
なので、出産にかかるお金をどこかで借りることってできないんでしょうか?

オペ・喜び
銀行や大手消費者金融のカードローンは、多くの場合が使用用途が自由な借入れとなります。
そのためキャッシングして出産費用として使ってもOK!

旦那さんやご自分がちゃんと働いていて「毎月安定収入」があれば、すぐに出産費用を借りることも十分可能ですよ!

出産費用を借りるなら
安心の大手カードローン
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 
 

そもそも出産費用に必要なお金はいくら!?

人生の一大イベントでもある「出産」。

非常に喜ばしい出来事ですが、出産費用はお金が結構かかるのも事実です。

では出産費用というのは、おおよそいくらぐらいのお金がかかるものなのでしょうか?

まず、「出産にかかるお金」というのは様々なものがあります。

1.出産費用
2.健診費用
3.マタニティ・ベビー用品の費用
4.出産・育児準備用品の費用

…など色々な項目がありますが、総額となると安く見積もったとしても50万円ほど。

高くなると100万円にも及ぶ場合があります。

このうちの42万円ほどは「出産育児一時金」というものがあり、国から給付金としてお金を出してもらえます。

そうなると、おおよそ出産の自己負担金額は8万円前後。
 

しかし、病院にもよりますが「超音 波(エコー)「尿検査」「血液検査」などでさらにお金がかかってしまう場合もあります。

たとえば、「検査に引っ掛かってしまい、薬代が別でかかってしまう」などもあるでしょう。

最悪、入院しなければいけない事態も起こりえます。

また、病院が家から遠ければ、タクシー・電車などの交通費は当然、自己負担となってしまいます。

自然分娩ならまだ費用は安くすみますが、帝王切開などになればさらに金額も上がります。

そう考えるとやはり医療保険などがあっても『子供一人の出産に自己負担額10~15万円』ぐらいは用意しないといけないでしょう。

しかし「いきなり10万円以上もの出産費用を払えない…」そんな人も多いのではないでしょうか?

もちろん、ご両親・兄弟・親戚・友人などに借りるのも良いですが、中にはできない人もいるでしょう。

そんな時の選択肢の1つで「カードローンでお金を借りて、出産費用に回す」と いうものがあります。

mokuji

カードローンは出産費用に回しても大丈夫!?

いまの世の中、様々な金融業者のカードローンがあります。

銀行が運営しているものもあれば、テレビCMなどでも有名な消費者金融・サラ金のカードローンなど、いろいろ見かけますよね。

では、このカードローンでお金を借入し、出産費用として使うことはできるのでしょうか?

答えは、「出産の費用に回しても特に問題はない」です。

消費者金融や銀行のカードローンは「フリーローン」と呼ばれるものが多いです。

これは「使用用途は自由」なので、キャッシングさえできれば、とやかく言われる心配はありません。

そのため、「15万円ほどキャッシングして、出産にかかるお金に使おう」ということもOKなのです。
 

ただし、カードローン会社の審査に通過しなければお金を借りることはできません。

カードローン審査は「働いていて毎月収入があり、返済能力がある」「過去に金融事故がない」といったことをクリアできていなければ通過はできないので十分注意しましょう。

最近だと、「○○日の間は金利がタダ!」といったサービスの金融業者もあるようです。

大手の消費者金融などですと、条件を満たせば即日融資も可能です。

うまく利用すれば、お得に、効率的にお金を借りることが出来るので、是非チェックしてみてくださいね♪

お金を借りるにはコチラ
mokuji

フリーター女・納得
なるほど~!
出産費用として借りるのではなく、借りたお金を出産費用に使うというワケですね!

ウチの旦那は低所得なので借りれるのか心配だったけど、一応ちゃんと働いているので、何とかカードローンではお金を借りられそうですね。

オペ・GOOD
ちゃんと働いていてある程度の収入が毎月あり、他社借入・過去の返済延滞などが無ければ、カードローンでお金を借りることは十分に可能でしょう。

もちろん、妊婦さん自身が現在働いていて「産休」に入るのであれば、審査上、借入も可能です。

フリーター女・喜び
これから育児でも何かとお金が必要になったりするだろうし、急に困った時のため1枚ローンカードを持っていると安心ですよね。

さっそく旦那に相談してみます♪

mokuji
みんなが選ぶオススメカードローン お金を借りるにはコチラ