住信SBIネット銀行

住信SBIで申込する前に!
人気カードローンも比較!
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ

住信SBIネット銀行の歴史・ローン商品

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同して出資を行い設立された「ネット専門の銀行」であり「新たな形態の銀行」に分類されます。

1986年に住友信託銀行における事務受託する完全子会社「住信オフィスサービス株式会社」が設立され、2006年に「株式会社SBI住信ネットバンク設立準備調査会社」という謎に長い名前に改称されました。

そして2007年に銀行免許の予備審査が終了したことで、「住信SBIネット銀行株式会社」に名称が変更されました。

 

同年には銀行免許を取得し、営業開始と同時に日本全国に展開しているセブン銀行ATMとの接続が開始となりました。

2008年にはイーネットやローソンATMとの接続も開始され、より一層便利なネット専業銀行として若い世代を中心に注目を集めるようになりました。

 

近年2015年には、イオン銀行とも提携し、同銀行のATMを手数料無料で利用可能になり、同年に預金総残高3兆7,000億円を突破しています。

このように、まだまだ新しい銀行である住信SBIネット銀行は、SBI証券との連携を重視しており、銀行と証券会社間とのサービス一体化に成功しています。

mokuji

住信SBIネット銀行のMr.カードローン

さてそんな住信SBIネット銀行ですが、Mrカードローン(ミスターカードローン)と呼ばれる個人向けキャッシングサービスを提供しており、金利1.99%~7.99%と業界トップクラスの低金利を誇っています。

しかもプレミアムコースでしたら、最大限度額1,000万円となっており、自動車などの高額商品の購入も十分射程圏内です。

プレミアムコースも「申込み⇒審査⇒融資実行」までの全ての手続きは、インターネットで完結することが出来ます。

使い道は事業運転資金を除き自由となっており、他の金融機関や金融業者での借金をミスターカードローンに借り換えすることも可能です。

 

他にもいくつかのメリットがありますが、中でも注目したいのが「最短即日に借入が出来る」というスピード融資が挙げられます。

「急な冠婚葬祭でお金が必要になった」「月末の給料日まであと少し生活費が足りない」「明日限定商品が発売されるからその資金が欲しい」などといった時には是非ミスターカードローンへ申込みをしてみてください。

 

ただし注意しなければいけないことがあり、どのようなカードローンでも同様ですが、返済はきちんと毎月期日までに終わらせるようにしましょう。

一度の数日遅延でしたらそこまで問題になることはありませんが、返済遅延が続くと、カードが使えなくなり、返済専用カードとなってしまうこともあるのでご注意ください。

mokuji

住信SBIネット銀行のマイカーローン

住信SBIネット銀行マイカーローン

新車や中古車はローンを組んで購入するという方が多いかと思いますが、何も考えずに決めてしまっているのではないでしょうか?

殆どの方は自動車ディーラーに勧められるがままに何も検討せずにローンを組まれているのではないでしょうか?

ですが、ディーラーで勧められるローンよりも更に有利な条件で借りれるマイカーローンというのは沢山あります。

住信SBIネット銀行が提供する「MR自動車ローン」もその1つです。

 

ミスター自動車ローンでは、マイカーの購入はもちろんのこと、諸費用やオプション費用、更には中古車やバイクの購入費用にと幅広く使用できます。

既に他金融機関等で自動車ローンを組まれている場合でも「借り換え」が可能ですので、月々の返済額を見直したいという人にもお勧めです。

ミスター自動車ローンは融資限度額は「10万円から最高1000万円」と高額対応なのも嬉しい所。

購入できる車の選択幅が広がりますよね。

 

銀行系ローンの場合、ディーラーローンに比べて金利が低めに設定されていることが多いです。

住信SBIネット銀行のミスター自動車ローンの金利は「年1.525%~3.725%」となっています。

しかも「住信SBIネット銀行 住宅ローン残高がある」などの所定の条件を満たしていれば、基準金利より最大で「年1.25%」の金利引下げが適用となります。

住信SBIネット銀行で取り引きがある人であれば、明らかにお得なマイカーローンと言えるでしょう。

また、借入期間は「最長で10年」まで対応ですので、ゆとりを持って返済していくことも出来ます。

 

一般的な住宅ローン場合、一括返済だけでなく「一部繰り上げ返済」に対応しているものが多いですが、自動車ローンですと対応不可というところが少なくありません。

ですが、住信SBIのMr自動車ローンなら「一部繰り上げ返済をすることが可能」です。

1円から繰り上げ返済ができ、しかも手数料は何度でも無料です。

返済期間を短縮するか。毎月の返済額を減らすか、申込者の都合に合わせた返済方法を取ることができるのです。

 

ちなみに、ミスター自動車ローンは「車を選ぶ前でも仮審査の申し込みが可能」です。

「まだ車種は決まっていないけど、カーローンを組めるかが心配」という人でも、ミスター自動車ローンなら安心です。

しかも申込手続きに関しては来店は不要です。

ネットのみで手続を完了させることが出来ますので、仕事が忙しく休みが少ない人でも安心といえるでしょう。

mokuji

住信SBIネット銀行の住宅ローン

住信SBIネット銀行のMR住宅ローン

数あるネット銀行の中でも「住信SBIネット銀行」は最大級の規模を誇っており、インターネットやスマホによる独自性の高い金融サービスを提供し利用者から絶大なる支持を集めています。

そんな住信SBIネット銀行が扱う住宅ローンにはどのような特徴があるのか、解説していきたいと思います。

住信SBIネット銀行が取り扱う住宅ローンは「ネット専用」「フラット35」「MR住宅ローン」の3種類です。

mokuji

ネット専用の住宅ローン

住信SBIネット銀行ネット専用住宅ローン

まず、住信SBIの「ネット専用の住宅ローン」の特徴は主に3つ挙げられます。

1つ目にネット銀行ならではの魅力的な「金利」にあります。

ネット専用は「金利タイプ」と「金利のプラン」が充実しています。

変動金利と固定金利タイプの2種類。

住信SBI銀行ネット専用住宅ローンの固定金利は「2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年、30年、35年」と幅広い選択肢を用意しています。

金利プランは「通期引下げプラン」と「当初引下げプラン」から選ぶことが出来ます。

借入全期間において、「基準金利から一律金利引き下げ」となるのが通期引き下げプラン。

一方、当初引き下げプランは「借入当初の特約期間を重視し、基準金利から金利を引き下げ」するプランです。

 

2つ目に「団体信用生命保険・8大疾病保証」の保険料が0円という点です。

団体信用生命保険は返済期間中に万が一のことが起きた場合、住宅ローン残高を保険金で完済するための保険です。

8大疾病保証は「8大疾病で就業不能となった場合、毎月の返済を保障」するための保証です。

しかも、就業不能が続いた場合は住宅ローン残高相当額が支払われます。

多くの他行の住宅ローンでは、この保険と保障を付帯することが可能となっていますが、安心が故に「保険料が高額」となります。

しかし、住信SBIのネット専用住宅ローンであれば、無料で加入することが出来るのです。

 

そして3つ目は「一部繰り上げ返済が無料」という点です。

毎月の約定返済とは別に「臨時でまとまった金額」を返済することができ、住宅ローン残高を減らすことが出来ます。

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンでは「1円単位で一部繰り上げ返済が可能」で、しかも何度利用しても手数料0円と利用者に優しい設定です。

mokuji

住信SBIネット銀行のフラット35

住信SBIネット銀行フラット35

住信SBIネット銀行の2つ目の住宅ローンは「フラット35」です。

フラット35とは「民間の金融機関」と「住宅金融支援機構」が提携し提供する「長期固定金利住宅ローン」です。

フラット35の特徴は何と言っても「長期間金利が変わらない点」にあります。

借入時に「金利と返済額が確定」しますので、返済プランが立てやすく安心です。

そして「住信SBIネット銀行のフラット35」なら、更に安心と便利が備わり魅力的です。

 

まず、金利が一般的なフラット35の中でも最低水準であることが挙げられます。

住信SBIのフラット35では、15年~20年なら金利は「年1.21%」、21年~35年なら「年1.48」で利用可能です。

 

そして「8大疾病保障」で万が一の時も安心です。

長期間に渡る住宅ローンの返済、何が起こるか分かりません。

例えばガンになってしまったり、急性心筋梗塞・脳卒中で倒れてしまう可能性もあります。

 

そのほか、5つの重度慢性疾患で働けなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、住信SBIの8大疾病保障があれば、そんな状態でも月々のローン返済を保障してくれます。

住信SBIネット銀行のフラット35なら万が一の時でも保障が効くので安心と言えるでしょう。

 

更に住信SBIネット銀行なら、他社の住宅ローンで必要となる保証料が驚きの0円。

繰り上げ返済や条件変更の際の手数料も0円と良心的。

ネット銀行だから来店することなく手続を完了できるのも嬉しい所。

住信SBIネット銀行の公式WEBサイトにて、メールアドレスを登録するだけで申込手続きを開始できるのでとっても簡単です。

店舗に行く時間がなかなか作れないという人でも申し込みが容易です。

ちなみに、住信SBIネット銀行のフラット35は「新築住宅購入だけでなく中古住宅購入や借り換え」にも使えますよ。

mokuji

住信SBIのミスター住宅ローン

住信SBIネット銀行ミスター住宅ローン

そして3つ目の住宅ローンが「MR住宅ローン」です。

ミスター住宅ローンは「ネット専用住宅ローン」と同様に、「団体信用生命保険と8大疾病保障の保険料が無料」となります。

また、一部繰り上げ返済時の手数料も、もちろん無料です。

 

ミスター住宅ローンには「地震補償のミニリスタ」がついているのですが、こちらの保険料も0円です。

震度6強以上の地震が発生した場合、被害状況に関わらず「地震見舞金」が支払われます。

さらに、万が一の交通事故による「障害補償」も無料で付帯されています。

その他には「登記費用」「固定資産税」「太陽光発電の設置費用」「事務手数料」といった諸費用も合わせて借り入れすることが可能です。

もちろん、こちらもネットと郵送で完結できますから、わざわざ来店する必要は一切ありません。

 

 

このように、住信SBIネット銀行の住宅ローンを3つほどご紹介してきました。

まとめると、「医療保険等の保険料を節約したい」「万が一病気になった時のリスクを重視したい」など、「補償が充実している住宅ローン」を探されている方にお勧めと言えるでしょう。

また、来店不要申込から契約まで完結可能ですので、来店のためのまとまった時間が中々取れないという人にもオススメです。

mokuji

住信SBIネット銀行の教育ローン

住信SBIネット銀行ミスター教育ローン

入学金に学費や教科書代、大学生であれば一人暮らしのための引っ越しや毎月の家賃。

子共さんにかかる教育費用はいくらあっても足らないもの。

あらかじめ積み立てていた学資資金で賄えればよいですが、中々そうもいかず、頭の痛いところですよね。

住信SBIネット銀行では子供の教育資金に使用できる「教育ローン」の取り扱いももちろんあります。

教育ローンは各銀行で取り扱いしていますが、住信SBIネット銀行の教育ローンはどのような違いがあるのでしょうか?

 

住信SBIネット銀行の教育ローン「Mr教育ローン」は幅広い教育にかかる費用に利用することが可能です。

例えば、学校・塾・予備校の「入学金や授業料」や、施設費・教科書代・通学費用・制服代など教育関連資金以外にかかるお金にも利用可能です。

また、既に他で借入中の教育ローンの「借り換え」も可能ですよ。

中学や高校はもちろん、大学進学の際の入校費にも利用できます。

また、働きながらキャリアアップを検討中の人の「大学院や専門学校の学費」などにもローンを組むことが可能です。

しかも支払い後3ヶ月以内であれば「支払い済の費用」もローンの対象とすることが出来ます。

 

ただ、教育ローンでお金を借りれても、仮に返済ができなくては意味がありません。

融資が受けられるかの不安もそうですが、毎月の返済がちゃんと無理なく出来るかも心配ですよね。

しかし住信SBIのミスター教育ローンでは、借入当初の5年間は「利息のみの支払い」を選ぶことも出来ます。

在学中は何かとお金がかかりますから家計への負担は増すばかり。

そんな事情を考慮して、ミスター教育ローンでは「特定期間中は利息のみの支払いでOK」にしてくれるわけです。

一時的に返済負担が軽減されるのは本当にありがたいですね。

 

ミスター教育ローンは所定の条件を満たしていれば「最大で年1.0%」の金利引下げも適用されます。

さらに少ない返済負担で教育ローンを利用することも可能ですよ。

また、嬉しいことに一部繰り上げ返済は1円から可能で、しかも手数料は何度でも無料です。

余裕のある時に随時返済することで、元金を早く減らすことが可能です。

 

繰り上げ返済の申込みに関しては、住信SBIネット銀行の公式サイトより「ネット手続のみ」で可能ですので、面倒な手間もかかりません。

ミスター教育ローンの借入限度額は最大で1000万円ですから、私立大学の入学金にも対応でき安心ですね。

新規申込にしろ、借り換えにしろ、まずは資料請求してみるのがオススメですよ。

mokuji

Mr多目的ローン(ブライダルローンなど)

住信SBIネット銀行ミスター多目的ローン

住信SBIネット銀行では様々な事に使用できる「ミスター多目的ローン」というものがあります。

具体例を挙げると、「結婚式のブライダルローン」「引っ越し費用」「旅行費用のトラベルローン」といったように、それぞれの目的に応じた使い方ができます。

では、ミスター多目的ローンの詳細スペックについてみていきましょう。

 

まず、ミスター多目的ローンの最大のメリットと言えば「低金利であること」でしょう。

金利は「年2.975%~4.975%」と、銀行系カードローンの中でもトップクラスで低めの金利設定です。

一般的な銀行フリーローンですと「金利は年4.0%~14.0%」ですから、いかにMr多目的ローンが金利が安いかお分かりでしょう。

 

気になる限度額は「10万円から最高で1000万円」と融資限度額もトップクラスと言えます。

このように、ミスター多目的ローンでは条件を満たせば高額な借入も可能です。

そのため、前述したように「結婚式費用や引越し代」、「家具や家電の購入資金」など様々な事に使えるでしょう。

 

住信SBIはネット銀行ですから、申込から契約まではネットで完結OK。

店舗に行く時間が中々取れないという場合でも問題なく利用が可能です。

また、来店しないでいいので「誰にも見られずに内緒で借りれできる」というのも嬉しいところですね。

しかも申込金額が100万円以上からの収入証明書提出となり、手間がかかりません。

もちろん自宅に利用明細書が届くこともありませんので、実家暮らしだとしても家族に知られることもなく安心です。

 

また、繰り上げ返済に対応しているのもミスター多目的ローンの大きな特徴と言えます。

毎月決まった支払金額とは別に臨時で返済することで。返済期間を短くする、もしくは月々の返済額を軽減することが出来ます。

しかも手数料は何回行なっても無料なのも嬉しいところですね。

余裕のある時に積極的に繰り上げ返済すれば、それだけ早く返済が可能になりますよ。

また、一定の条件を満たしていれば基準金利より最大で年1.0%の金利優遇も用意されています。

 

このように、住信SBIネット銀行の多目的ローンでは、よりお得な金利でローンを組むことも可能なのです。

mokuji

ミスターカードローンの申込や返済方法は?

ミスターカードローンの申込方法

住信SBIネット銀行のMRカードローンの利用を検討されている方は多いかと思います。

ここではミスターカードローンの申込方法や返済方法について解説していきます。

まず、ミスターカードローンの申込方法は「ネット申込のみ」となります。

来店不要で申し込みできるので便利ですが、郵便や電話などネット申込以外の方法を希望される人にはやや不便といえるでしょう。

ミスターカードローンには「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2種類が存在しますが、申込方法は基本的に同じです。

 

手順としては、まず住信SBIネット銀行のホームページ内の申し込みボタンから申込画面へと移り、必要事項を入力していきます。

その入力した情報を元に、住信SBI側で仮審査が行われます。

ミスターカードローンは、保証会社である「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が仮審査をします。

仮審査が完了すると、登録したメールアドレスに審査結果の連絡が届きます。

その際に、利用限度額と金利も決定されていますので、必ず確認しましょう。

 

その後、本審査へと移り、ここで勤務先への在籍確認の電話連絡を行ないます。

この電話確認で職場の人にカードローンの利用が知られることはまずありませんので安心してくださいね。

在籍確認が取れましたらカードローン口座を開設し、契約手続は完了となります。

その後、住信SBIネット銀行の公式サイトや提携ATMからキャッシングが出来るようになります。

 

ちなみに、ミスターカードローンはスタンダードコースとプレミアムコースの2種類がありますが、申込者が選ぶことは出来ません。

審査時に年収や金融履歴などをみられ、どちらかのコースに決定されるようです。

最初からプレミアムコースになるための条件としては、やはり年収が高く安定していることでしょうか。

 

原則として一度契約したコースを変更することは出来ないようです。

仮にスタンダードコースからプレミアムコースに変更したいのであれば、借入金を0円にして一度スタンダードコースを解約し、再度プレミアムコースへ申込⇒審査という流れになります。

 

ミスターカードローンの返済方法

では、次にミスターカードローンの「返済方法」についてです。

Mrカードローンの返済方法は、毎月5日に代表口座の円普通預金から自動引落となります。

残念ながら、住信SBIネット銀行のカードローンでは返済日を指定することは出来ません。

 

ちなみに、ネットやATMから追加返済することも可能です。

全額返済することも可能ですが、この場合ATMからは出来ません。

ネットからのみの対象となりますので注意しましょう。

万が一返済が遅れた場合、口座に入金すれば自動的に引き落としとなりますのでご安心を。

 

毎月の返済額は前月末の借入残高によって決定されます。

例えば、「残高が50万円以下の場合は1万円の返済」、「100万超え200万円以下の場合は3万円」といったように、借入残高に応じて返済額が決まっていますので計画的に返済ができます。

mokuji

Mrカードローンで必要な書類!収入証明はいる?

住信SBIネット銀行のMRカードローンに申し込む際には必要な書類があります。

書類は「必ず提出するもの」と「限度額によって必要となる書類」の2点あります。

主に必要となる書類は「本人確認書類と収入証明書」です。

 

ミスターカードローンではどのような条件下で申込をすると、これらの書類が必要となるのかを解説していきましょう。

まず「本人確認書類」ですが、こちらはスタンダードコースであろうとプレミアムコースであろうと、必ず提出しなければいけない書類となります。

申し込み者が本人であることを証明するものですから、当然、利用限度額に関わらず用意しなければいけません。

 

ミスターカードローンでは、顔写真付きの「運転免許証、パスポート」などが本人確認書類として認められています。

運転免許証なら普段から手元にあるものですので、用意する際に苦労することはないでしょう。

 

次に「収入証明書」です。

ミスターカードローンは、以前は「利用限度額が300万円を超える申込の場合」に収入証明書が必要でした。
 

しかし、今現在は金額の明記は特になく「希望借入額や審査結果に応じ、収入確認書類の提出が必要」という形に変更されています。

つまり、ミスターカードローンに申込みをして、審査結果が出るまでは収入証明の有無は分からないということになります。

 
収入証明書は「給与所得者(雇われている人)」と「個人事業主 or 法人代表者」かで若干異なりますので、必ず確認してから申し込みしましょう。

給与所得者の場合は基本的には「源泉徴収票・所得証明書・確定申告書」のいずれかを提出しなければいけません。
 

もし勤続年数が1年未満で、上記の書類のどれも提出できない場合は「給与明細書」があればOKですが、最低でも直近2か月分は用意するようにしましょう。

 
個人事業主と法人代表者の場合は「所得証明書もしくは確定申告書」となります。

収入証明書は最新のものでなければNGですので、間違えないように注意してくださいね。

ちなみに原本ではなくコピーでOKです。
 

ミスターカードローンの申込に必要なものは、上述した「本人確認書類と収入証明書」の2点だけとなります。

来店不要で申し込みも可能ですので、手間がかからず楽といった印象ですね。

mokuji

住信SBIミスターカードローンは即日融資はOK?

ミスターカードローンで即日融資

住信SBIネット銀行のMRカードローンは銀行系カードローンの中でもハイスペックなカードローンです。

そのため利用を希望される人はかなり多く、人気は高いようです。

ですが、住信SBIのMrカードローンは契約してすぐその日にお金を借りることは出来るのでしょうか?

最近では消費者金融だけでなく銀行系カードローンでも即日融資に対応しているところが多いです。

住信SBIネット銀行のミスターカードローンも即日融資が可能なのか?

また、融資実行までにどれぐらい時間がかかるのかを詳しく解説していきます。

 

まず、結論から言いますとミスターカードローンは即日融資は一応可能なようです。

一応と記載しているのは条件的にかなり厳しいためです。

しかも当日中に利用するには、「既に住信SBIネット銀行の口座を持っている場合のみ」となります。

つまり新規の方は、住信SBIの口座を持っていなければ即日でキャッシングは不可ということになります。

 

ミスターカードローンは融資金額が高額な上に、金利は銀行系の中でもトップクラスのハイスペックカードローンです。

商品内容だけで見れば文句なしのカードローンといます。

使い勝手自体は良いのですが、借り入れできるようになるまでにどうしても日数がかかってしまいます。

そのため急いでいる方には正直向いていないカードローンといえるでしょう。

 

では、Mrカードローンは申込から借入まで大体どれぐらいかかるのでしょうか?

申込から仮審査までは、早ければ数時間程度で完了となります。

その後、本審査へと入りますが、この本審査に時間がかかります。

基本的には当日で本審査が完了することはあまりないようで、1~2日、混雑状況によっては更に時間がかかることもあるようです。

しかも口座を持っていない場合は口座開設の手続もしなければいけません。

 

何よりローンカードは郵送で受け取る必要がありますので、仮に全ての審査が当日中に終わったとしても物理的に即日融資が不可能となります。

借入ができるようになるまでには、「申込から約1週間前後かかる」と思って良いでしょう。

「今月中にお金を用意しないといけない」など、急ぎではないけどお金が必要、「低利で借りたい」といった人にはミスターカードローンは向いています。

逆に「いますぐぐにでもお金が必要」、「今日中にお金をなんとかしないといけない」という場合には不向きといえるでしょう。

お金を借りるにはコチラ
mokuji

住信SBIミスターカードローンは土日融資は可能?

ミスターカードローン土日

土曜日や日曜日に緊急でお金が必要となった時、カードローンでサッと借り入れできれば有り難いですよね。

既に専用のローンカードを持っていれば、近くのコンビニATM等で簡単にお金を用意することが出来ますから、土日に急にお金が必要になっても安心です。

ですが、新たにカードローンを新規で作る場合はどうでしょうか?

「土日に即日融資」と聞いて、真っ先に思い浮かぶ借入れ先は大手消費者金融かと思います。

テレビCMなどでも宣伝している通り、自動契約機がありますので、休日でも新規でキャッシングが可能となっています。

銀行系カードローンの中でも一部、土日でも新規で借り入れが可能となっている所はあります。

ですが、金融機関によっては土日は新規契約は不可としているところも多く、ローンカードを持っていないかぎりは「休日にお金を借りたい」となっても条件的に厳しくなります。

 

では、住信SBIネット銀行のMRカードローンは土日など休みの日でも新規契約でお金を借りることは出来るのでしょうか?

残念ながらミスターカードローンは土日は手続することが出来ないようです。

やはり銀行は基本的に平日のみ営業となりますので、審査や契約手続を取ることは出来ないのです。

勘違いされやすいのですが、「24時間申込を受け付けているからいつでも審査してくれる」と思う人が多いようです。

しかし、実際は「店舗の営業時間内のみ」で審査や契約手続が行われます。

そして、銀行の大半は平日しか営業をしていません。

ですから土日や祝日は申込は出来ても、それ以降の手続は対応してくれません。

土日に申し込んだ場合は、休み明けに審査や契約手続を行うことになります。

 

また、ミスターカードローンの場合、基本的に即日融資は不可となっており融資までに時間がかかります。

予めお金が必要なことが分かっているのであれば、早めに手続を済ませておくことをオススメします。

Mrカードローンでは、利用できるようになるまで早くて1週間、遅くなると2週間前後かかる場合もあるようです。

どうしても間に合わないという場合は、即日対応の他の金融機関を検討するのも手かと思います。

お金を借りるにはコチラ
mokuji

住信SBIのMrカードローンは郵送物が自宅にくるの?

ミスターカードローンの郵送物

住信SBIネット銀行のMRカードローンを利用する上で、「審査基準・金利・返済方法」はもちろんですが、「プライバシー」を心配される人も多いのではないでしょうか?

正しく使えば「借金」は悪いことではありませんが、出来ることなら誰にも知られたくありませんよね?

特に「家族には絶対に知られたくない」という人は多いのではないでしょうか?

このような事情を考慮してから、家族や友人・知人に知られないように、手続から利用まで出来るカードローンが最近では多くなりました。

内緒でキャッシングが出来るのはありがたいことですよね。

 

では、住信SBIネット銀行のミスターカードローンは家族に内緒で利用することが出来るのでしょうか?

カードローンを利用するにあたり、家族にバレる原因となるのが郵送物です。

郵送物を受け取ったのが申し込み者本人であれば良いですが、早々都合よく行きませんよね。

家族の誰かが郵送物を受け取ってしまえば、カードローン利用がバレる可能性は大と言えるでしょう。

もちろん、銀行からの郵送物ですから怪しまれる可能性はそこまで高くありませんが、中身を見られてしまえばアウトですよね。

 

郵送物なしで利用可能なカードローンも多いですが、残念なことにミスターカードローンは郵送物が必ず自宅に届きます。

キャッシュカードや契約書類が、どうしても郵送物として送られてきてしまうのです。

ミスターカードローンの申し込みの流れは、「申込⇒仮審査⇒本審査⇒カードローン口座開設」となります。

仮審査から口座を開設の手続きは約1週間程度かかります。

手続き完了後に契約書類とローンカードが郵送で届きます。

ですから、申込から1~2週間の間に住信SBIネット銀行から郵送物が来ると思ってよいでしょう。

 

郵送物は自宅以外で受け取ることは出来ませんので、自宅に郵送物無しとすることは出来ません。

あとで揉めないためにも正直に家族に打ち明けるか、もしくは郵送物に常に目を光らせておくしかないでしょう。

 

ちなみに、大手消費者金融などの自動契約機があるカードローンであれば、郵便物が自宅に来ることはありません。

確かにミスターカードローンは銀行系カードローンで安心の低金利です。

ただ、郵便物が来てしまうのがどうしても困る場合は、大手消費者金融のカードローンで契約するのが良いでしょう。

お金を借りるにはコチラ
mokuji

住信SBIミスターカードローンは甘い審査基準か?

ミスターカードローンの審査基準

Mrカードローンを利用するにあたり、気になるのが「審査通過の基準」ではないでしょうか?

審査を通らないことにはカードローンの利用はできません。

出来ることなら審査基準はある程度把握しておきたいところですよね。

 

では、住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査基準は甘いほうなのでしょうか?

ミスターカードローンの融資対象は「安定した継続収入がある方」となります。

雇用形態の制限は特にありませんので、パートやアルバイトでも収入が安定していれば問題無く申し込み可能です。

ただし非正社員でも申し込みが可能だからといって、「審査に通りやすい」というわけではありませんので、その点は勘違いされないように。

 

残念ですが、基本的に審査が緩いカードローンはありません。

しかも銀行系は審査が厳しいことでも有名ですから、住信SBIネット銀行でもそう簡単に審査通過は出来ないと思ったほうが良いでしょう。

ちなみに、年金受給者の人もミスターカードローンでは申込は出来ません。

 

ミスターカードローンもそうですが、銀行系カードローンの場合、保証会社による「仮審査」と「銀行の本審査」の2つの審査に通過しなければ契約ができません。

消費者金融などは1社のみの審査となるため、利用しやすく対応も速いのです。

これに対し銀行系は「保証会社も審査を行う」ために、審査が厳しいうえに時間や日数もかかってしまうのです。

ミスターカードローンの場合は、仮審査は当日から翌営業日程度まで、本審査にはさらに数日程度の日数がかかるようです。

ですから、トータルで審査日数は「1週間近くかかる」と思ってよいでしょう。

審査が厳しい上に時間がかかるのが銀行系カードローンのデメリットとも言えるでしょうね。

 

審査の結果、「否決」とされた方は、一体何故審査に落ちたのでしょうか?

その原因を知りたいところでしょう。

ですが住信SBIネット銀行に限らず、多くの金融機関では否決の原因は一切教えてくれません。

あくまでも審査基準は非公開とされており、知ることは出来ないようになっています。

とは言え、審査で特に重要視している部分というのはある程度共通しているようです。

これを知っているだけでも不安なく申し込みができることでしょう。

 

審査で特に重要視されるのは「収入」と「勤続年数」、それに「信用情報」の主に3点です。

「収入」は高額であるほど有利を思われがちですが、実は「安定性」に重きが置かれることが多いです。

これは住信SBIネット銀行のカードローン審査でも例外ではありません。

もちろん収入額が大いに越したことはありませんが、それだけで判断されてしまっては非正社員の方はお金を借りることはかなり難しくなってしまいますよね。

収入は額よりも「毎月安定しているか?」のほうが重要視されやすいのです。

「月々の給料に大きな波がなく、一定以上の額をもらっている」ということが非常に大切なのです。

 

次に「勤続年数」ですが、長く働いていれば働いているほど「収入は安定している」と見られやすいです。

審査時に住信SBIネット銀行から「職を転々としない人」と判断されるわけですね。

一つの職場に長く勤務していれば、辞める可能性が低く、給料が毎月安定的に入ってくると判断されるのです。

勤続年数は極端に長くなくても良いですが、審査の厳しい銀行系であるミスターカードローンの場合は、最低でも6ヶ月~1年以上は一つの職場に努めていないと、審査通過は厳しいと思ったほうが良いでしょう。

 

最後に「信用情報」です。

信用情報とは「ローンやクレジットカードの利用履歴のこと」です。

これらの情報は「信用情報機関」にて管理・保持されています。

住信SBIネット銀行などの金融機関は、この信用情報を審査の際に閲覧することが許されています。

ですから、申し込み者がローンやクレジットの利用がないかを簡単に知ることが出来るのです。

信用情報で主に重要視されるのは「事故情報がないかどうか」です。

事故情報は金融機関にとってマイナス評価となり、もしもブラックリストなどであれば、住信SBIネット銀行に限らずどの金融の審査落ちは必至です。

返済を遅延していると事故情報として記録されますので、過去に返済遅延をしたことがある場合は審査通過は難しいと思ったほうが良いでしょう。

 

このように、住信SBIネット銀行のミスターカードローンは審査が甘いということはまずありえません。

むしろ審査基準は厳しいほうであるといえるでしょう。

しかし逆に言えば、正社員でなくとも「ちゃんと働いて収入に波がなければ審査に通ることは可能」といえます。

お金を借りるにはコチラ
mokuji

専業主婦・パートはお金を借りることはOK?

ミスターカードローン・主婦

住信SBIネット銀行のMRカードローンは「専業主婦やパート勤務の主婦」も利用することは可能なのでしょうか?

銀行系カードローンの中には主婦でも借入可能なところが多いですが、住信SBIネット銀行はどうなのか解説していきたいと思います。

ミスターカードローンを利用するための条件は「本人に安定的な継続収入があること」としています。

ですから、働いていない主婦、つまりは専業主婦・主夫の方は申込不可となります。

本人に安定収入があれば良いので、パート主婦の方は申し込み可能となります。

無職の方は基本的に申込みできませんのでご注意ください。

 

銀行によっては配偶者貸付による借入が可能なところもあります。

配偶者、つまりは旦那さんの収入と合算して年収の3分の1まで借入れする方法です。

この方法であれば専業主婦でも借り入れできるわけですが、住信SBIネット銀行では配偶者貸付は出来ません。

結局のところ本人に収入がない限りは、どんな理由にしても申込はできないということになります。

 

ちなみに、パートしてる主婦であっても収入が安定していなかったり、勤務日数が週一など少ない場合は、申込んでも審査に通る可能性は低いです。

最低でも「半年以上の勤続年数」と「週で3~4日のペース」で働いていないと厳しいと思ったほうが良いでしょう。

mokuji

アルバイト・フリーターでも審査に通る?

ミスターカードローン・アルバイトやフリーター

住信SBIネット銀行のMrカードローンは「フリーターやアルバイト」など、いわゆる非正社員でもキャッシング出来るのでしょうか?

「カードローンは正社員でないと審査に通らない」と言われることもありますが、実際はどうなのでしょうか?

ましてや銀行系ならなおさら審査通過が厳しそうに思えますよね。

 

ミスターカードローンはフリーターやアルバイトでも「毎月の収入が安定」していれば、特に問題なく申し込みは可能です。

実際に正社員でない人でも住信SBIネット銀行カードローンを利用しているケースは多く、安心して申込んでよいかと思います。

確かに、フリーターやアルバイトであれば正社員に比べると収入は正直そこまで多くないかもしれません。

そのため審査に通るのは無理と思われるかもしれませんが、単純に収入額だけで融資判断を下しているわけではありません。

 

もちろん、収入額が多ければ多少なりとも住信SBIネット銀行の審査は有利に働くかもしれません。

しかし収入面以外に様々なチェックポイントというものがあり、それらを総合的に判断して審査を行なっています。

 

月々の収入が安定していることは勿論ですが、勤続年数がある程度あることも重要視されます。

長い期間1つの職場で働いていれば、それだけ収入が安定していると見られます。

最低でも1年以上は同じ勤務先でアルバイトなりをしているのであれば、仮にフリーターでも審査通過の希望が持てるでしょう。

mokuji

学生はバイトしてても申し込みは出来ない!

ミスターカードローン・学生

サークル活動に休暇による旅行、飲み会、学費、家賃や光熱費などなど学生は何かとお金が必要ですよね。

大学生ともなると、アルバイトをしてこれらの費用を自分で賄っているという人も多いのではないでしょうか?

ですが、学業が基本ですからアルバイトと言ってもそこまで高額な収入は望めませんよね。

「アルバイト代だけでは足らない」…そんな時に役立つのが住信SBIネット銀行のMRカードローンです。

ただ、果たして学生でも借りることは出来るのでしょうか?

 

これに関してですが、残念ながらミスターカードローンでは学生さんの申込不可となっています。

返済能力と判断能力が十分ではないという判断から利用を不可としているのでしょう。

このように、学生ですと利用可能なカードローンはそう多くはありません。

返済能力が十分ではありませんから、貸付を行わない金融機関のほうが多いのです。

 

学生の場合、学生専用のローンを提供している金融業者で借りるのが一般的です。

アルバイトをしている学生であれば、比較的利用しやすく良心的です。

中には18歳~19歳の未成年者でも、親権者の同意を得られれば利用可能としているところもあります。

 

銀行系カードローンだと、仮に正社員であっても審査に通るのは難しい場合もあります。

ですから、学生が申し込み可能であっても審査通過はかなり難しいといえるでしょう。

 

どうしてもお金が必要という学生さんは、親や兄弟に相談するか、学生OKの大手消費者金融などあたってみることをオススメします。

お金を借りるにはコチラ
mokuji

派遣・契約社員でもキャッシングOK!

ミスターカードローン・派遣・契約社員

予想もしていなかった出費でどうしてもお金が必要。

このような事は誰にでも一度はあるもの。

そしてそれは派遣社員や契約社員でも同じことがいえます。

そのような時にカードローンのキャッシングは解決策の一つになります。

 

住信SBIネット銀行のMRカードローンはハイスペックですから、派遣社員や契約社員の方の中にも利用したいと思う人は多いことでしょう。

ですが、「派遣や契約社員だと利用は無理なのでは?」と諦めてしまう人も多いようです。

最近は「正社員じゃないから」といった理由で門前払いされることは非常に少なくなりました。

そして、それは住信SBIネット銀行カードローンにも同様のことがいえます。

 

住信SBIのミスターカードローンの利用条件は「満20歳以上で安定した継続収入がある事」と記載されています。

そして、雇用形態は特に制限していませんので、派遣や契約社員として働いている場合でも申し込み可能です。

 

正社員に比べると審査で不利になることは多少あるかもしれません。

ですが住信SBIネット銀行の審査は、単に収入や雇用形態だけで判断されるわけではありません。

収入は多ければ確かに多少有利になるかもしれませんが、それ以外でもチェックされる点はいくつかあります。

また、収入はどちらかと言うと安定しているかのほうが重要視されますので、年収が多くなくても安定的であれば審査通過の可能性は十分にあります。

もちろん、過去のクレジットヒストリーも重要視されており、「返済滞納の履歴がない・他社借入がない場合」は評価が高くなりやすいです。

 

このように、ちゃんと働いているのであれば、ミスターカードローンで派遣社員の方がお金を借りることは十分可能です。

ただ、派遣や契約社員の方は「在籍確認時の連絡先」に注意が必要です。

会社員であれば在籍確認の連絡先は勤務先で問題ありません。

しかし派遣の場合は、「派遣先ではなく派遣元、つまりは元の派遣会社」に電話がいくようにしなければいけません。

そうでないと在籍確認が取れず審査落ちとなる最悪なパターンもかんがえられますので、ここは絶対に間違えないようにしましょう。

mokuji

個人事業主・自営業も融資は可能!

ミスターカードローン・自営の個人事業主

個人事業主や自営業者はローンの審査に通るのが難しいと言われますが、住信SBIネット銀行のカードローンはどうでしょうか?

住信SBIネット銀行のMRカードローンでは「満20歳以上65歳以下の方で、継続して安定収入があること」を利用条件としています。

正社員でないとダメ、自営業者は申込不可といった制限はありません。

ですから、個人事業主や自営業者も問題なく融資を受けることが可能です。

 

ただし、注意点として「事業運転資金など事業に関することには使えません」ので、その点を理解した上で申し込みしましょう。

前述したように自営業者や個人事業主は会社員に比べ、カードローンなどの審査通過が難しいです。

「自営だと、どうしても収入が安定しにくい」というのが大きな理由と言えます。

逆に収入が安定的であれば、審査通過できキャッシング出来る可能性もあるということになります。

 

ただし、開業して間もない場合であれば、住信SBIネット銀行の審査に通るのはかなり厳しいでしょう。

営業年数は1年以上ないと、融資を受けるのは難しいと思ったほうが良いかもしれませんね。

 

また、自宅を仕事場としている場合、固定電話がないと申込は出来ませんのでその点も注意しましょう。

携帯電話のみですと、住信SBIネット銀行の審査自体を受けることが出来ませんので、この機会に固定電話の設置を検討してみると良いでしょう。

 

自営業の個人事業主の場合、ミスターカードローンの審査では必ず提出する書類があります。

それは「本人確認書類と収入証明書の2点」です。

収入証明書は、自営業者や個人事業主の場合は「確定申告書 or 市区町村が発行する所得証明書」となります。

いずれもコピーで問題ありませんよ。

mokuji

住信SBIネット銀行から在籍確認の電話があるの?

ミスターカードローン・在籍確認

住信SBIネット銀行のMRカードローンを利用する上で心配なのが、「職場の人にバレないかどうか?」ではないでしょうか?

できればカードローンでキャッシングしていることは職場の人に知られたくないですよね。

カードローンの利用がバレる可能性があるとすれば、それは審査時に行われる「在籍確認の電話連絡」のときです。

 

金融業者によっては「電話連絡なし」で在籍確認可能なところもあります。

では、果たしてミスターカードローンは勤務先への在籍確認電話は必ずあるんのでしょうか?

 

結論から言えば、ミスターカードローンでは在籍確認の電話連絡は「ほぼ確実」にあります。

保証会社の審査通過後、本審査にて仕事場へ在籍確認の電話連絡が行われます。

前述したように金融業者によっては「社員証の提出」で在籍確認OKなところもあります。

ですが、住信SBIネット銀行カードローンの場合は電話連絡のみとしていますので、これ以外の方法を取ることは出来ません。

 

「職場に電話連絡してほしくない」という方は多いかもしれません。

ですが、基本的に同僚や上司にバレる心配は必要ありません。

電話は担当者の個人名を名乗るからです。

そしてMrカードローンのことについては一切触れず、単に本人が在籍しているかを確認するだけですので、ものの1~2分程度で終わるでしょう。

 

ただし、人によっては生年月日などを聞かれる場合もありますので、同僚が隣にいると気まずい場合もあるようです。

ちなみに、希望があれば「住信SBIネット銀行」の名前で電話をしてきてもらうことも可能です。

「個人名よりも、銀行からの電話のほうが怪しまれない」という方もいるかと思いますので、好きな方を選択するのがオススメです。

仮に生年月日を聞かれたとしても、「自動車ローンを組む」などと言い訳すれば怪しまれることはないでしょう。

 

在籍確認は「申し込み者が申告通りの会社に働いていて、ちゃんと収入を得ているのか?」を確認すために行ないます。

ですから、この在籍確認なしに貸付を行うことは出来ません。

万が一確認が取れなかった場合は、残念ですが融資を断られる場合もあります。

電話した日が職場の休みだった場合は翌日以降に再度確認が行われます。

 

ただし、「在籍確認の電話は申し込み者本人が出なければいけない」…というものではありません。

電話を取った人が別の人でも、本人が在籍していることが分かればOKなのです。

 

このように、住信SBIネット銀行のミスターカードローンでは在籍確認を避けることは出来ません。

ですが職場の人に借金していることがバレる可能性はまずないと思ってよいでしょう。

お金を借りるにはコチラ
mokuji

住信SBIミスターカードローンの初回限度額は?

ミスターカードローン・限度額

住信SBIネット銀行のMRカードローンの初回に借りれるの限度額はいくらなのでしょうか?

出来ることなら自分の希望する額を借りれるのが理想ですが、実際はそうも行きません。

申し込み者の返済能力などから、「今現在はこの額までなら大丈夫」といった具合に、審査で上限金額が決定されます。

年収が同じであっても人によって初回限度額は異なるのです。

 

ミスターカードローンには「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2種類があります。

プレミアムコースの利用限度額は10万円から1000万円、スタンダードコースは10万円から300万円までとなります。

この範囲内で借り入れできるわけでですが、基本的に初回から限度額めいいっぱい借りれることはまずありません。

最初の限度額は、どちらも10~30万円程度ではないでしょうか。

 

ただ、プレミアムコースのほうが初回限度額は高めに設定されるとみて良いでしょう。

スタンダードコースの場合は50万円以下で設定される事が多いそうです。

 

ちなみにコースは2種類用意されていますが、好きな方を選択できるわけではありません。

審査によって利用できるコースが決められますので、「500万円借りたい」と思って申込んでも。審査の結果スタンダードコースでの利用となる事もありますし、その逆もあるということです。

また、限度額は10万円、20万円、30万円と言った具合に10万円単位で決定されます。

 

このように、カードローンの初回の限度額は人それぞれ異なります。

銀行系カードローンですと、初回は多くても100万円程度と言われています。

ですが銀行によって設定額は異なりますし、実際にミスターカードローンに申込をした人の中には「200万円近く初回から借りれた」という人もいるようです。

 

ちなみに限度額は審査によって決定されるわけですが、返済が遅れ気味になったりすると減額処置が行われる場合もあります。

最悪、新たに借り入れが出来なくなることもありますので、注意してくださいね。

mokuji

住信SBIミスターカードローンで増額するには?

ミスターカードローン増額

住信SBIネット銀行のMrカードローンはWEB上から限度額の増額申込が可能です。

従来は郵送で手続を取っていましたが、WEB上で出来るようになったことで24時間いつでも増額申込が可能になりました。

消費者金融系ですと融資限度額は10万円ずつ上がる事が多いですが、ミスターカードローンの場合は50万円以上も限度額を上げてもらった場合もあるようです。

 

ただし、住信SBIネット銀行カードローンで増額をするには「増額のための審査」に通過しなければいけません。

住信SBIネット銀行のような「銀行カードローン」は審査が厳しいことで有名ですが、増額の審査となると更に基準は厳しくなるでしょう。

ですので、ハードルが高くなることは覚悟したほうが良さそうです。

 

Mrカードローンで上限金額を上げてもらうには「実績と信用度」がかなり重要となってきます。

コツコツと「返済と借入れ」をしていくことで実績が積まれていきますので、仮に契約して間もない時に増額を申し込んでも、審査に通過することは無理でしょう。

ちなみに「増額した後も返済能力は十分あるのか?」を判断するために「収入証明の提出」が求められる場合もあるので、事前に用意しておくのがベストです。

 

また、場合によっては勤務先への再度在籍確認の電話も行われますので、土日休みの職場に勤務している場合は平日に申し込むようにしたほうが良いかもしれません。

金融機関は「顧客と連絡が取れない」というだけでも信頼度が落ち、審査時の印象が悪くなる場合もあるようです。

自身の携帯番号や住所など申告時と変更がある場合は、増額審査の申し込みの前に必ず届け出をしておくことです。

 

カードローンの増額は利用者の方から申し込むことで承認を得ることも可能ですが、理想は住信SBIネット銀行側から増額の案内がある事です。

向こうから案内があるということは利用者を優良顧客と認めている証拠ですから、そのぶん増額審査にも通る可能性が高まるということでもあるからです。

ですから、無理に増額を申し込まず、まずは実績と信頼を積むことが大切なのです。

目安としては半年から1年ぐらいミスターカードローンを利用してからが良いかと思います。

 

このように、住信SBIネット銀行に限らず増額というのはかなり時間がかかります。

そのため、もし急ぎでお金を借りたいのであれば、他社で新規にお金を借りるほうが早い場合もあります。

即日キャッシングが可能な金融機関も多いですから、短期的な利用であれば、新規に申し込んだほうが良いのかもしれませんよ。

お金を借りるにはコチラ
mokuji

住信SBIミスターカードローンの口コミや評判!

ミスターカードローンの口コミ評判

非常に低金利で評判の高い住信SBIネット銀行のMrカードローン。

では、実際の口コミの評価などはどのような感じなのでしょうか?

ここでは、ミスターカードローンの様々なクチコミを集めてみました。
 

評価の高い口コミ
・とにかく金利が低い
・電話サポートの対応が良い
・比較的審査スピードは早い
・敷居が高そうだけど意外といけた
 

不満の残る口コミ
・会員専用ページがとても使いにくい
・コースが選べないのが不満
・在籍確認で生年月日を聞かれた
・審査に3日ぐらいかかって遅かった

 

このように、良い口コミと悪い口コミを調べてみましたが、やはり一番多かったのは「金利が低い」というコと口コミです。

価格.comの人気カードローンランキングでも1位なのなのはやはり低金利なのが理由なようですね。

 

それ以外ですと、「サポートの対応が良かった」というのが結構多くみられました。

 

審査の日数やスピードについてですが、「早かった」という口コミと「時間がかかった」という口コミの両方が多くみられました。

これに関してですが、おそらく「人それぞれ審査の時間は変わってくる」ということなのでしょう。

特に問題のない人であれば即日で審査が終了する場合もあり、他社借入があったり、過去に返済が遅れたことがある人であれば、審査に3~4日から一週間かかる場合もあるようです。

これに関しては、人それぞれ変わってきますので、正直口コミはアテにならないでしょう。

 

「在籍確認の電話で生年月日を尋ねられた」というものに関しても、過去の金融履歴に不安がある人であれば聞かれる場合もあるようです。

逆に、何の問題もなければ電話確認で特に聞かれることもないようです。

 

このように、ミスターカードローンの口コミは色々とありましたが、トータルで総評するとかなり評判は良いようです。

ただ、人それぞれ審査の時間や聞かれることなどはかわってきますので、すべての口コミを鵜呑みにしないほうが良いかと思います。

mokuji

みんなが選ぶオススメカードローン お金を借りるにはコチラ