東京スター銀行カードローン

★このページの目次★

東京スター銀行以外も比較
人気の大手カードローン
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ

東京スター銀行とは?スターカードローンの特長は?

東京スター銀行

東京都港区赤坂に本店を置いている東京スター銀行は、2001年に営業を開始した第二都市銀行であり、正式名称は「株式会社東京スター銀行」となります。

東京スター銀行の金融機関コードは「0526」であり、2001年に会社を設立し、東京相和銀行から営業を譲渡され本格的な営業がスタートしました。
 

2002年には、東京信用組合や東京中央信用組合、千葉県商工信用組合などの組合から複数の営業を譲り受け、徐々に業績を拡大してきました。

さらに2005年2月に東海地区へ、10月には九州地区へも進出しており、同年に東京証券取引所一部に上場しました。
 

東京スター銀行の特徴として、自行が設置するATMを使った提携金融機関のキャッシュカードによる取扱手数料を一律無料としていることで、利用者の負担の軽減に繋がっています。

mokuji

スターカードローンはとにかく低金利!

東京スター銀行スターカードローン

ここまで簡単に東京スター銀行の設立についてご説明させていただきましたが、ここからは東京スター銀行カードローン 「スターカードローン」と「おまとめローン」についてご説明します。

まず「スターカードローン」というのは、東京スター銀行における個人向けの一般的な無担保融資商品であり、金利は「年率1.8~14.6%」、借入限度額最大1000万円で提供しています。

東京スター銀行では、大手消費者金融のような「無利子・無利息サービス」は行っていませんが、最低年率1.8%ともなれば、かなりの低金利といえます。
 

ちなみに、「審査に通過出来るかどうかなるべく早く知りたい」という時にも安心で、東京スター銀行カードローンでは審査結果はその日のうちに回答をもらうことができます。

さらに東京スター銀行の「スターワン口座」を既に持っている場合には、最短即日キャッシングが可能です。
 

東京スター銀行カードローンのキャッシングカードは、全国各地の「都市銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行」のATMだけではなく、「MICS」の表示があるコンビニのATMを使っても借入出来ます。

東京スター銀行カードローンでは、パートやアルバイトなどといった雇用形態でも安定収入があれば申込み可能となっており、総量規制の対象外ですので主婦が借りれるのはもちろん、学生さんや年金受給者も審査通過の対象となります。

大手カードローンも比較
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
 

mokuji

おまとめや借り換えはスターワンバンクローン

スターワンバンクローン

そして次に東京スター銀行の「おまとめローン」についてですが、これはその名の通り「他の金融機関からの借金を東京スター銀行でまとめて、借り換えることが出来るローン」のことです。

正式には「スターワンバンクローン」であり、最大1,000万円まで東京スター銀行にて借り換えが可能です。

場合によっては、おまとめによって金利を安くすることが出来るようになり、最終的な返済負担の軽減にも繋がります。
 

ただし、東京スター銀行スターワンバンクローンの審査は比較的厳しめです。

他社借入件数が3件を超えると審査通過は難しくなり、そのほかキャッシングやローンなどで返済遅延した経緯があると、スターワンバンクローンでは審査落ちする可能性が高いです。

やはり、他社借入の多い申込者相手ですので、多少は審査基準は厳しくなると考えられます。
 

東京スター銀行スターワンバンクローンはインターネットからでも審査申込み可能ですので、乗り換え・おまとめローンをご希望でしたら一度申込相談をしてみると良いでしょう。

mokuji

東京スター銀行【住宅ローン】は他にないサービスが多い

スターワン住宅ローン

カードローン以外でも住宅ローンも口コミで人気のある東京スター銀行。

東京スター銀行が取り扱う住宅ローンは「スターワン住宅ローン」です。

どのような特徴があるのか解説していきたいと思います。
 

まず融資金額ですが、東京スター銀行のスターワン住宅ローンでは「500万円から最高で1億円以内」まで対応となります。

スターワン住宅ローンの借りれる金額は、住宅ローンの中では比較的高額の部類に位置するのではないでしょうか?

融資期間は1年~35年となりますが、返済休暇期間も含めた場合は40年まで引き延ばすことが可能です。

東京スター銀行のスターワン住宅ローンでは、他の住宅ローンではあまり見かけないサービスを付帯しているのが特徴と言えます。
 

その1つが「返済休暇期間」というものです。

簡単に言ってしまえば「返済を一時的に休めるサービス」で、何かの事情で返済が困難な場合に利用できるものです。

インターネットにて手続可能で、「指定の期間の元本を1円まで減額することが出来るサービス」が返済休暇期間です。
 

ただし、スターワン住宅ローンの「利息の支払いの減額」は不可となります。

手続きによって取得された休暇期間分だけ最終返済日が繰り延べされます。

このスターワン住宅ローンの返済休暇期間は、返済開始から2年目以降に「最長7年間利用「することが出来ます。
 

一般的な住宅ローンは保証会社が保証となることが多いです。

そのため金利や事務手数料の他に「保証料」を支払わなければなりません。

その場合、保証料は「一括支払い方式」か「金利に上乗せとなる分割支払方式」のどちらかを選択できますが、これが意外にも大きな負担となってしまいます。

借入額が大きくなりますのでその他の諸費用もどうしても高額となってしまいます。

ですが、東京スター銀行のスターワン住宅ローンは保証会社を利用しませんので、保証料は一切かかりません。

また、事務手数料も他の住宅ローンと比べて金額は低めですので安心です。
 

東京スター銀行のスターワン住宅ローンでは、「病気や怪我で入院した際に見舞金」もちゃんとあります。

入院保険金は最高で10万円までで、日帰り入院も対象となります。
 

東京スター銀行のスターワン住宅ローンは購入建築資金だけでなく、他金融機関の住宅ローンからの借り換えもちゃんと対応しています。

既に住宅ローン減税を受けている場合でも、条件を満たしていれば、引き続きスターワン住宅ローンで住宅ローン減税を受けることも可能です。
 

住宅ローンは借入額が高額となるため審査はかなりシビアに行われます。

金融機関によっては「正社員でないと申込不可」とするところも多いです。

ですが、東京スター銀行は派遣社員や契約社員の方でも、安定した収入があれば住宅ローンを組むことが可能です。

かなり良心的な住宅ローンと言えるでしょう。
 

東京スター銀行のスターワン住宅ローンは「他にはないサービスを付帯しているの」が大きな特徴といえる住宅ローンです。

ですが、金利については他の住宅ローンとと比べると高く、一時繰り上げ返済の手数料も高いのがデメリットでもあります。

他には無い受託ローンサービスに魅力を感じる人には向いている住宅ローンと言えるでしょう。

mokuji

東京スター銀行【教育ローン】は使用用途が広い

東京スター銀行教育ローン

春は入学のシーズンですが、子どもの成長を悦ばしく思う反面、「学費」など教育にかかる資金の捻出に頭を悩ませる時期でもあります。

お子さんの学費のために貯金してきた家庭も多いかと思いますが、それだけでは足りないというところも多いのではないでしょうか?

奨学金を利用されるところも多いですが、ここでは東京スター銀行が取り扱う「学資・教育ローン」についてご紹介していきます。
 

東京スター銀行が扱う教育ローンは「教育・じぶん学びローン」という名称があります。

「教育・じぶん学びローン」は、学校内外を問わず「学びに関する費用に活用することが出来るローン」です。

東京スター銀行の教育ローンの融資金額は「10万円から最高で500万円」となり、1万円単位での借入れとなります。

融資期間は最長で7年、融資利率は保証料込みで「年率2.8%~7.8%」となります。

年率2.8%~7.8%という低金利さは、非常に使い勝手が良いメリットと言えます。
 

お金がかかるのは入学や進学時だけではありません。

授業料や教科書、制服、給食、遠足等など。

また、大学生になれば大学の授業料だけでなく「交通費や家賃・光熱費」、更には仕送りなど、とにかく様々な事にお金がかかります。

東京スター銀行の教育ローンならこれらの費用にも使うことが出来るので、資金使途は実に幅広いといえます。
 

対象となる教育施設は「幼稚園、小中学校、高等学校、専門学校、大学」などのほか、「塾、語学スクール、予備校」などにも使うことが可能です。

更には、東京スター銀行の教育ローンでは「資格取得や習い事」にも使用することが出来ます。

また、「教育・じぶん学びローン」は支払い済みの学費や学資費用も融資対象となります。

東京スター銀行の教育ローンの「申込2ヶ月以内に支払った費用」なら、領収書を提出することで申し込みが可能です。
 

そして「教育・じぶん学びローン」は家計に優しいのも嬉しい所。

最長4年間の元本据置期間を設定することが出来ます。

これにより、期間中は利息のみの支払いとなり、在学期間中の家計への負担を軽減できます。

ボーナス返済を併用されている場合は、利息のお支払いとボーナス返済分の利息を支払うことになります。
 

東京スター銀行の「教育・じぶん学びローン」は手続がとっても簡単なのも特徴の1つといえるでしょう。

インターネットもしくは電話にて申込みでき、必要書類の郵送で契約可能です。

一切来店しなくて良いので、仕事などで忙しい方でも安心して手続きできます。
 

東京スター銀行の教育ローンは「低金利で借入が可能」です。

教育資金が足りないという方は是非上手く活用してみると良いでしょう。

mokuji

東京スター銀行カードローンの申込みの仕方は?

東京スター銀行カードローンの申込方法

東京スター銀行では2種類のカードローンを取り扱っています。

1つはカードローンタイプである「スターカードローン」、もう一つはネット完結が可能なネットローンタイプの「バンクベスト」です。

ここではそれぞれの審査申込の仕方について解説していきます。

スターカードローンの申込方法!

スターカードローン(カードローンタイプ)

東京スター銀行スターカードローンは、「既に東京スター銀行の口座を持っている場合」は「カードローンの申込手続きがそのままで可能」です。

公式サイトから申し込みを行い、必要事項を入力していきましょう。
 

「東京スター銀行の口座をまだ持っていないという人」の場合は、まず先にスターワン口座の開設手続きをすることになります。

スターカードローンの申し込みページに「口座開設の申込フォーム」が用意されていますので、そちらから口座開設の手続を行ないます。
 

必要事項を入力し送信しましたら、後日、東京スター銀行よりEメールにて「インターネットバンキングの仮IDと仮パスワード」が届きます。

そのIDとパスワードで「東京スター銀行の会員ページ」にログインを行ない、スターワン口座開設の確定作業を行ないます。
 

スターワン口座開設の確定を行うと、約1週間後に東京スター銀行よりハガキが届きます。

それとは別に本人限定受取郵便で「キャッシュカード」も届きますが、この時点では東京スター銀行カードローンの手続が完了というわけではありません。
 

キャッシュカード受け取りから2~3日後に、Eメールにてスターワン口座の開設完了のお知らせが届きます。

このメールを受け取った日からスターワン口座を利用可能となります。

ここで初めてスターカードローンへ審査申し込みが可能となります。
 

新規の申し込みですと、東京スター銀行の口座開設に大体「1週間前後かかる」と見てよいでしょう。

ちなみに、最近東京スター銀行では、運転免許証さえあればアプリのみで口座開設ができるサービスもあります。

口座開設までに最短で5日はかかるようですが、PCなどから口座開設するよりも楽といえるでしょう。
 

スターカードローンは公式ホームページ、もしくは電話にて審査申込手続きを行ないます。

申し込み後、在籍確認のため保証会社より自宅に個人名で電話が来ます。

その後、「スターカードローンの仮審査の結果」の連絡が来ます。

Eメール、または書面での通知の場合は「審査落ち」ということになるので覚えておきましょう。
 

スターカードローンの仮審査を通過しましたら、いよいよ本審査へと入ります。

本審査はオンライン、もしくは郵送のいずれかを選択できます。

オンラインのほうが早めに契約手続きできますので、特に問題がないようであればオンラインで良いでしょう。
 

本審査に入る前に、東京スター銀行から改めて本人確認のための電話連絡が来ます。

その後、必要書類をアップロードし提出すると、スターカードローンの契約手続へと入ります。

後日、契約内容の控えが郵送にて届きますので、受け取れば正式な手続きが完了となります。
 

そして、その後に「ローンカード」と「暗証番号」が記載されたハガキが転送不要の書留郵便で届きます。

これがスターカードローン(カードローンタイプ)の申込の一連の流れとなります。

mokuji

バンクベスト(ネットローンタイプ)の申込の仕方

バンクベスト(ネットローンタイプ)

東京スター銀行のバンクベスト(ネットローンタイプ)は、スターカードローンのようにローンカードの発行なしで借入可能なタイプです。

ローンカードの発行がないのでスターワン口座の開設手続きは不要です。
 

バンクベストもスターカードローン同様に、東京スター銀行の公式ホームページより申し込みとなります。

バンクベスト申し込み後、在籍確認の電話が保証会社(新生フィナンシャル株式会社)より来ます。

確認が取れ次第、仮審査へと入り、その審査結果が電話・メール・書面のいずれかの方法で通知されます。

ちなみに、バンクベストでもスターカードローン同様に、電話以外での通知の場合は審査落ちということになります。
 

仮審査通過後、再度本人確認の電話が東京スター銀行から来ます。

電話連絡応対しましたら、必要書類を東京スター銀行へ提出し、契約手続へと入ります。

契約内容の控えは本人限定郵便で届きますので、受け取りましたら正式にバンクベストの契約手続が完了となります。

mokuji

東京スター銀行カードローンの返済方法は?

東京スター銀行カードローンの返済方法

次に東京スター銀行カードローンの「返済方法」についてです。

東京スター銀行カードローンの返済方法は、どちらも「約定日に口座より自動引き落とし」となります。
 

約定日はスターカードローンは毎月4日、バンクベストは5日と、どちらも「月の初めに返済」となります。

東京スター銀行カードローンでは「任意返済」にも対応しており、「東京スター銀行」か「ゆうちょ銀行」でも可能です。

バンクベストについては「一部繰り上げ返済」と「全額繰上返済」にも対応しています。
 

「約定返済額」はスターカードローンの場合は「月末時点のローン残高に応じて決定」となります。

バンクベストは「毎月20日時点のローン残高」に応じて翌月の返済額が決まります。
 

スターカードローンとバンクベストでは基準日が異なりますので、お間違えないように注意してくださいね。

東京スター銀行カードローンの「返済額の一覧表」は下記のようになっています。

東京スター銀行カードローンの返済額

東京スター銀行カードローンの「申し込み前に返済シュミレーションを行うと良いでしょう。

mokuji

東京スター銀行カードローンの必要書類!収入証明は必要?

東京スター銀行カードローンの必要書類

東京スター銀行カードローンでは審査の際にどのような書類が必要となるのでしょうか?

金融業者によって必要な書類は微妙に異なりますので、申し込み前に必ず確認し準備しておきましょう。

また、東京スター銀行カードローンには「カードローンタイプ」と「ネットローンタイプ」の2種類がありますが、それらも用意する書類は違うのか?

ここでは審査時に必要となる書類についてご紹介します。
 

まず、東京スター銀行カードローンの審査申し込み時に必ず必要となる書類が1点あります。

それが「本人確認書類」です。

東京スター銀行カードローンの申し込み者本人であることを確認するため、この本人確認書類は必ず提出しなければいけません。
 

本人確認書類は「運転免許証・パスポート」といった顔写真がついているものしか使えません。

運転免許証の場合、必ず表面と裏面をコピーして提出しましょう。

提出した書類に不備がある場合は返却となり、再提出となりますのでよく確認してから提出してください。
 

外国籍の場合は「在留カードもしくは特別永住者証明書の写し」も併せて東京スター銀行へ提出しなければなりません。

また、場合によっては後日、住民票の提出を求められることもあります。
 

東京スター銀行カードローンをオンライン契約する場合は、画像ファイルをアップロードし提出となります。

郵送契約の場合は契約書類と併せてポストへ投函となります。

ただし、東京スター銀行バンクベストの場合は郵送契約は不可ですので、アップロードによる提出のみとなります。

 

では、東京スター銀行カードローンでは「収入証明書や所得証明書」は必要なのでしょうか?
 

これに関してですが、東京スター銀行カードローンでは以前は「申込金額が300万円以上」の場合に収入証明書が必要でした。

しかし、現在では「前年度の収入が確認できる書類(源泉徴収票など)」を必ず提出しなければなりません。
 

また、現在の職場に「昨年に中途入社した人」「入社して1年未満の人」は、直近3ヵ月の給与明細を収入証明書として提出しなければなりません。

その際に「賞与明細」を持っているようであれば、一緒に提出が必要です。
 

仮に「外交員報酬」などにより確定申告を行っている場合は、確定申告書(1~2枚目)を収入証明書として提出する必要があります。
 

このように、東京スター銀行カードローンに申込をする場合は、ほぼ必ず収入証明書の提出が必要となります。

mokuji

東京スター銀行カードローンは即日融資を受けれる?

東京スター銀行カードローンで即日融資

予定外の出費で急遽お金が必要となった時でも、カードローンですぐその日にキャッシング出来れば安心ですよね?

即日融資は大手消費者金融の専売特許と思われがちですが、最近では銀行系カードローンでも即日融資に対応しているところが多くなりました。
 

「東京スター銀行カードローンも即日融資が出来るとありがたいんだけど」…このように思う人は多いのではないでしょうか?

ここでは「東京スター銀行カードローンが即日融資可能なのか、また、どのような条件があるのか解説します。
 

まず、結論から言いますと東京スター銀行カードローンでは条件を満たせば即日融資が可能です。

スペックの高い銀行系カードローンをすぐその日に即日で利用できるのは嬉しいところですね。

ただし、東京スター銀行カードローンで即日融資を受けるには、いつかの条件と注意点があります。
 

まず、東京スター銀行の「スターワン口座の普通預金口座」を持っていることが第一条件となります。

つまり、東京スター銀行と「全く取り引きがない新規の申し込み者」は即日融資は不可ということになります。

新規の方は、まず口座開設をしないとそもそも東京スター銀行カードローンに申し込むことが出来ません。

しかも口座の開設手続は約1週間近くかかりますので、まず当日にキャッシングするということは不可能ということになります。
 

ですが、既に東京スター銀行の口座を持っていれば、無条件に即日融資が利用できるわけでもありません。

当日の午前9時30分までに申込手続きも行ない、審査終了後、当日の正午までにWEB契約を完了させなければいけません。

混雑状況によっては審査に時間がかかることありますので、東京スター銀行カードローンの即日融資の条件は中々厳しいといえます。

しかも銀行営業日のみですから、平日しか即日融資は利用できません。
 

契約はWEBだけでなく郵送でも可能ですが、書類の受け取りなどに時間がかかりますので、当然ながら即日融資は不可となります。

ちなみに、東京スター銀行カードローンで即日融資を希望する場合は、必ずWEB契約を選択するようにしましょう。
 

また、東京スター銀行カードローンでは即日融資可能な金額も決まっており、「上限は10万円まで」と少額です。

他の銀行系カードローンに比べると、東京スター銀行では即日融資に関してはあまり使い勝手が良くないように感じますね。

もし、どうしても即日その日にお金を借りたいのであれば、自動契約機のある大手消費者金融などに申し込みをしたほうが良いでしょう。

即日融資を受けるなら
大手カードローンが人気
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
 

mokuji

東京スター銀行カードローンは土日借りるのは大丈夫?

東京スター銀行カードローンで土日

東京スター銀行カードローンは土日祝日でも、新規で申し込みをし、お金を借りることは可能なのでしょうか?

平日よりも週末に突然お金が必要になるケースは多いでしょう。
 

友人との付き合いや結婚式等など、予定もしていなかった休日の出費。

手元に余裕があれば問題ありませんが、そういった時に限ってお金が足らないんですよね。
 

既に東京スター銀行カードローンをお持ちであれば、コンビニATMなどですぐお金を借りれるので特に問題ありません。

しかし、まだ東京スター銀行カードローンを持っていない場合、土日祝日に新規で申しこみから借入まで出来るのでしょうか?
 

東京スター銀行カードローンはインターネットにて24時間いつでも「審査申し込み」は可能です。

ですが、東京スター銀行カードローンでは、土日や祝日、残念ながら即日でお金を借りることはできません。

スターカードローンの申し込み自体は受け付けているのですが、東京スター銀行では審査など必要な手続きは「平日の営業時間のみ対応」となります。
 

東京スター銀行だけでなく、銀行のカードローンでは基本的に「土曜日、日曜日、祝日」は休日でお休みとなります。

大手消費者金融のように自動契約機があれば、休日中でも問題無く即日融資が可能ですが、東京スター銀行には自動契約機はありません。
 

このように、東京スター銀行カードローンでは「あくまでも平日のみ手続可能」となるので注意が必要です。

週末や祝日にお金が必要なことが分かっている場合は、早めに東京スター銀行カードローンに申し込みしておくしか手はないかと思います。

スターカードローンは即日融資にも対応していますが、混雑具合によっては翌日以降の融資となる場合もあります。

ですから、出来るだけ余裕を持って手続を済ませておきましょう。
 

ただし、東京スター銀行の口座を持っていないと、まず先に口座開設をしなければいけません。

東京スター銀行の口座は約1週間前後かかりますので、お金が必要となる日までに間に合うか、ちゃんと逆算してみてから申し込みしましょう。

どうしても間に合わない場合は、土日も即日融資対応の他金融機関のカードローンを検討するのが良いかと思います。

土日にすぐ借りれるなら
大手の有名カードローン
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
 

mokuji

東京スター銀行は在籍確認なし?電話確認はくるの?

東京スター銀行カードローンの在籍確認

東京スター銀行カードローンは在籍確認の電話連絡はあるのでしょうか?

また、一体どのタイミングで勤務先に在籍確認の電話がかかってくるのでしょうか?

ここでは東京スター銀行カードローンの在籍確認について解説していきます。
 

スターカードローンを利用する上で心配なのが、「職場の人にバレたらイヤだな」ということではないでしょうか?

出来れば仕事場の同僚・上司・部下に借金していることは知られたくないものですよね。

変に噂になって職場に居づらくなるなんてことだけは避けたいはずです。

職場の人にカードローンの利用がバレる可能性があるとすれば、東京スター銀行の審査時に行われる在籍確認の電話のときです。

「自分以外の人が在籍確認の電話にでてしまったらバレてしまうのではないか?」と思うと気が気じゃないでしょう。
 

基本的に、東京スター銀行カードローンでは「保証会社の仮審査」と「東京スター銀行の本審査」の2回にわたり審査が行われます。

そして、在籍確認の電話は「本審査の時」に行われます。
 

金融業者によっては「保険証や社員証の提出」で、在籍確認の電話なしにしてくれる金融もあります。

ですが、東京スター銀行カードローンの在籍確認では、そのような対応はしてもらえません。

もし、保証会社の仮審査に落ちてしまえば電話連絡はありませんが、本審査を受ける場合は必ず電話連絡は行われます。
 

とは言え、東京スター銀行カードローンの在籍確認の電話で「職場の人に借金がバレる可能性」は限りなくゼロに近いと思って良いでしょう。

基本的に会社名ではなく「東京スター銀行の担当者個人名」で電話がきますので、安心してよいでしょう。

また、申し込み者本人が必ず在籍確認の電話に出る必要もありません。

在籍確認の電話では、東京スター銀行カードローンについては一切触れません。

ですので、万が一自分以外の人が東京スター銀行の在籍確認電話に出てもバレることはないです。

東京スター銀行側も十分に考慮してくれていますので、安心して良いでしょう。
 

ちなみに、在籍確認の電話連絡の日が「会社の休日」だった場合、在籍の確認が取れません。

この場合は休み明けに再度、東京スター銀行側から電話連絡が行われます。

在籍確認が取れない場合は審査落ちの可能性もありますので、あらかじめ職場の休身の日を東京スター銀行に伝えておくと良いかもしれませんね。

このように、東京スター銀行カードローンの審査時の在籍確認は、職場・勤務先に必ず電話がかかってくると思ったほうが良いでしょう。

お金を借りるにはコチラ
 

mokuji

東京スター銀行カードローンは自宅に郵送物が届く?

東京スター銀行カードローンの郵送物

東京スター銀行カードローンは契約後に郵送物が送られてくるのでしょうか?

「東京スター銀行カードローンを利用していることは出来れば家族に内緒にしておきたい」…このように思う方はかなり多いかと思います。
 

東京スター銀行カードローンの利用を家族にバレる可能性が高いのは、やはり自宅への郵送物ですよね。

カードローンの場合、「契約書とローンカード」のどちらか、もしくは両方が郵送物として自宅に送られてくる可能性が高いです。
 

中身を見られないかぎりは、東京スター銀行カードローンということはまずバレないと思ってよいでしょう。

また、銀行からの郵便物であれば、さほど怪しまれることも無いのではないでしょうか?

そうはいっても、やはり家族にバレないか不安という人は多いことでしょう。
 

では、東京スター銀行カードローンは審査終了後に自宅に必ず郵送物が届くのでしょうか?

スターカードローンには2種類あり「カードローンタイプ」と「ネットローンタイプ」があります。

カードローンタイプは、名前の通りキャッシュカードを使用して借入れをします。

そのため、ローンカードが必要となります。
 

東京スター銀行では自動契約機はありませんので、郵送にてローンカードを受け取らなければいけません。

また、東京スター銀行カードローンの契約後に「契約内容の控え」も届きます。

本人限定郵便であればバレる可能性は限りなくゼロに近いのですが、どうやら書留郵便で届くようです。

本人でなくても受け取りが可能ですので、バレる可能性はちょっと高めといえます。

このように東京スター銀行カードローン(カードローンタイプ)では必ず自宅に郵送物が送られてくることになります。
 

バンクベストなら本人限定受取郵便だから安心!

では、一方の「ネットローンタイプ」はどうでしょうか?

東京スター銀行カードローンのネットローンタイプでは、インターネットバンキングより利用することが出来ますので、ローンカードの発行はありません。

ですが、契約内容の控えはどうしても自宅に送られて来ます。
 

ただし、ネットローンの場合は「本人限定受取郵便」となりますので、申し込み者本人以外は受け取ることが出来ません。

ですから、カードローンタイプよりもネットローンタイプのほうが家族にバレる可能性はかなり低いといえます。

郵便物は郵便局で基本受け取りとなりますので、多少手間はかかりますが安心です。
 

このように、東京スター銀行カードローンでは必ず自宅に郵送物が送られてきます。

ですが、ネットローンタイプであれば「本人限定受取郵便」として受け取れるので、家族にみられる心配はありません。

どうしてもバレたくないという方は、ネットローンタイプの利用を検討してみるのが良いでしょう。
 

それか、自動契約機のある大手カードローンであれば、自動契約機で契約すれば家に郵送物はありません。

そちらも併せて検討してみるとよいでしょう。

自動契約機で契約すれば
家に郵送物が届くことなし!
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
 

mokuji

東京スター銀行は審査基準は甘め?厳しい?

東京スター銀行カードローンの審査基準

東京スター銀行スターカードローンを利用するには「仮審査と本審査」を通過しなければいけません。

出来ることなら審査が甘いほうが利用者にとっては嬉しいところですが、東京スター銀行カードローンの審査基準はどうなのでしょうか?
 

まず、東京スター銀行は「銀行」ということもあり、審査自体は多少は厳しいと思ったほうが良いでしょう。

金融業者によっては審査に通りやすいところも一部ではあるようですが、そういった金融業者は安全性の怪しい中小金融です。

無担保ローンの審査というのは、「申し込み者が十分な返済能力があるかどうか?」を見極めなければ貸倒れのリスクが高くなるわけです。

そのため、甘い基準の審査を行うようなことは基本的にあり得ません。
 

では、東京スター銀行カードローンで審査通過するための条件はどのような物があるのでしょうか?
 

まず、東京スター銀行スターカードローンを利用するためには、申し込み条件を満たしていることが大前提となります。

対象者は満20歳以上65歳未満で、本人か配偶者に「定期的な安定収入がある人」と決められています。

また、東京スター銀行以外の審査期間である「保証会社」の保証が受けられることも条件となります。
 

ちなみに、東京スター銀行かーでは「本人に安定的な収入があること」が審査に通る条件となっていますが、雇用形態については特に制限はありません。

本人に安定的な収入があり、勤続年数も1年以上ある場合は、東京スター銀行カードローンでの審査通過の可能性も高くなります。

上記の条件を満たしているのであれば、東京スター銀行カードローンにまずは申込んでみるとよいでしょう。
 

ただし、ブラックリスト入りしているなどの「今までの金融履歴が良くない場合」などは話は別です。

債務整理や多重債務者ですと、新たに融資を受けることはほぼ不可能だと思ったほうが良いでしょう。

これらの情報を「嘘をついて隠して申し込めば大丈夫」と思う人もいるようですが、残念ながら審査時のウソは必ずバレる仕組みになっています。

個人ローンの借入れや返済といった情報は「信用情報機関」に管理・保持されています。

利用履歴は勿論のこと、返済の遅延や他社借り入れ件数、法的整理を行なっていないかなど、ありとあらゆる情報が記録としてしっかり残っているのです。

東京スター銀行では審査の際に、この信用情報を必ず確認しています。

ですので、審査でのウソの申告を隠し通すことは出来ないのです。
 

そして前述したブラックリスト入りしているような人は、問答無用で審査でマイナス評価となり東京スター銀行カードローンでは審査落ちします。

ブラックリストは事故情報とも呼ばれており、この情報が記録されている間は「東京スター銀行カードローン以外にも、どのようなローンも組むことは出来ない」と思ったほうが良いでしょうね。

大手カードローンも比較
口コミ人気は伊達じゃない!
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
mokuji

東京スター銀行は専業主婦・パートは借りれるの?

東京スター銀行カードローンで専業主婦やパート

東京スター銀行カードローンは専業主婦やパート主婦でもお金を借りることは出来るのでしょうか?

東京スター銀行カードローンは、安定した継続収入があれば基本的に申し込み可能です。

しかし、専業主婦は働いていないため収入は当然ありません。

無職・無収入の人は申込みできませんが、専業主婦の場合は例外となります。

配偶者、つまりは「旦那さんに安定的な収入」があれば審査申し込みは出来ます。

これは「配偶者貸付」と言い、世帯収入で手続を行うことになります。
 

ただ、旦那さんの名義で契約するため、旦那さんの職場に在籍確認の電話が行きます。

そのため、夫に内緒で借りるということは出来ませんので、理解の上で申し込みしましょう。
 

一方でパート主婦の場合は本人に収入がありますので、配偶者貸付を利用することなく東京スター銀行カードローンに申込できます。

ただし、東京スター銀行カードローンでは安定的な収入だけでなく「勤務年数」も重要視されます。

ですので、パート勤務歴が1年未満ですと東京スター銀行カードローンの審査通過は難しいと思ったほうが良いでしょう。

現在の職場にある程度勤めていないと「収入が安定している」とは見なされませんので、この点は注意してください。
 

また、今の職場に長く働いているからと言って、週1といった「1週間に占める勤務日数が極端に少ない場合」も審査落ちする可能性はあります。

ちなみに専業主婦やパート主婦ですと、東京スター銀行カードローンでの限度額はそこまで大きく設定されることはありません。

最初に借りれる限度額は基本的には10万円~20万円前後と見てよいでしょう。

mokuji

東京スター銀行はバイトのフリーターでも借りれる?

東京スター銀行カードローンでアルバイトやフリーター

正社員ではないけど東京スター銀行カードローンで借りる事はできるのか?

フリーターやアルバイトの中には、このような疑問を持っている人もいるでしょう。

確かに一昔前は「正社員でないとローンの審査に通らない」と言われていました。

ですが、最近では銀行や消費者金融ではアルバイトやフリーターにも積極的に融資を行なっています。

ですから、フリーターやアルバイトのような正社員でなくても、東京スター銀行カードローンで問題なく審査通過は可能です。
 

ただし、東京スター銀行カードローンでは「安定した収入」が継続的になければ審査落ちするので注意してくださいね。

そのほか、「どのくらい今のバイト先で働いているのか?」などの勤続年数も重要視されます。

今のバイト先で働き始めたばかりですと、収入が安定しているとは言えません。

ですので、この時点で申込んでも審査通過は難しいでしょう。

勤続年数はアルバイトやフリーターとはいえ、1年以上あると比較的審査を有利にすすめることが出来るでしょう。

大手カードローンもオススメ
安心の金融業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
mokuji

学生は東京スター銀行でキャッシングできる?

東京スター銀行カードローンで学生

東京スター銀行カードローンは学生でもキャッシングは可能なのでしょうか?

大学生になると何かとお金が必要になる場面が多くなります。

アルバイトをしている学生さんも多いと思いますが、それだけでは物足りないと感じる場合もあるでしょう。

そんな時は東京スター銀行スターカードローンにもすいこみを申し込みをしてみるといいでしょう。

東京スター銀行カードローンでは学生でも審査通過し、お金を借りることは可能です。
 

ただ、東京スター銀行カードローンは学生なら無条件に申し込み可能というわけではありません。

まず、18歳19歳の未成年の学生さんはお金を借りることはできません。

未成年者の貸し付けは厳密にいえば違法ではありません。

しかし、東京スター銀行側はこれを認めてはおらず、スターカードローンでは未成年の学生は借りることはできないのです。
 

次に「定期的な安定的な収入があること」が絶対条件になります。

つまり、学生が東京スター銀行カードローンでお金を借りたいのであれば、アルバイトをしていないとNGということです。

毎月のアルバイト代が安定的に貰えていれば特に問題ありません。

現在働いているバイト先の勤務年数は、最低でも半年は必要でしょう。

理想の勤続年数は1年以上と言えます。

やはりある程度1つの職場で働き続けていないと「収入が安定している」とは見なされませんので、その点は気を付けましょう。
 

また、携帯電話やスマホを分割購入している学生さんは、分割支払いに遅延がないかもチェックしておきましょう。

携帯電話の分割払いとはいえ、東京スター銀行カードローンの審査では必ずチェックされます。

分割支払いを遅延していたり、少しでも滞納していると東京スター銀行カードローンで融資を受けるのが難しくなります。

学生でもバイトしてれば
本人契約可能なのはココ
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
mokuji

派遣や契約社員は東京スター銀行で借入可能?

東京スター銀行カードローンで派遣社員や契約社員

東京スター銀行カードローンの利用条件は満20歳以上で安定的な収入がある事です。

雇用形態の制限は特にありませんので、仮に正社員でなくても審査通過し、お金を借りることはできます。

ですから、派遣社員や契約社員でも東京スター銀行スターカードローンで借り入れすることは十分に可能ですよ。
 

派遣社員や契約社員となると、どうしても正社員よりは月収や年収が少なめです。

そして、その収入額や年収額というのは、東京スター銀行カードローンの審査に影響すると思われがちです。

ですが、東京スター銀行カードローンの審査では、収入面では額そのものよりも「毎月安定しているか?」のほうが重要視されます。

つまり仮に月収や年収が少なくても、毎月収入が安定していれば派遣社員や契約社員でも東京スター銀行カードローンでキャッシングは可能なのです。

ですが、逆にに波があるようですと、東京スター銀行カードローンの審査通過は難しくなります。
 

派遣社員、契約社員の方が東京スター銀行カードローンの審査に申し込む際に、特に注意したいのは「在籍確認の電話連絡先」です。

会社員の場合ですと、基本的には「勤務先」で良いのですが、派遣や契約社員の場合は異なります。

この場合は勤務先ではなく「派遣元の会社」、つまりは「登録している派遣会社」へ東京スター銀行から電話連絡がいくようにしなければいけません。

うっかり間違えてしまうと東京スター銀行からの在籍確認が取れず、審査落ちする場合もあるので間違えないようにしましょう。

派遣社員だからといって東京スター銀行カードローンでお金を貸してもらえないということはありませんので、安心して申込をしてくださいね。

大手カードローンも人気
即日融資に強いのはココ
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
mokuji

東京スター銀行では個人事業主・自営でも融資受けれる?

東京スター銀行カードローンで自営の個人事業主

個人事業主や自営業者が東京スター銀行スターカードローンでお金を借りるにはどうすれば良いのでしょうか?

また、東京スター銀行カードローンでは「事業運転資金」など「ビジネス目的で資金」を借り入れすることは出来るのでしょうか?

ここでは個人事業主と自営業者が東京スター銀行カードローンを利用する上での注意点などを解説します。
 

まず、東京スター銀行カードローンは申し込みの際に「雇用形態の制限」は特にありません。

安定した継続収入があれば、仮に自営や個人事業主も問題なく審査申込できます。

「自営業だと融資審査に通るのが難しい」とよく言われますが、これは会社員に比べ収入が安定しにくいからです。

確かに融資審査は多少不利になるかもしれませんが、基本的に東京スター銀行側に安定した収入証明できれば、自営業だろうが個人事業主だろうが特に問題ありません。
 

ちなみに自営業や個人事業主の場合、東京スター銀行カードローンの審査では「固定電話の有無も重要」となります。

固定電話がないと東京スター銀行カードローンの審査で審査落ちしてしまう場合も多いので注意しましょう。
 

また、自営の個人事業主の場合、審査の必要書類として「確定申告書の写し」や「納税証明書」などの「収入を証明する書類」の提出が必要となります。

できるだけ早めに融資を受けたいのであれば、これらの必要書類を事前に準備しておき、スムーズに東京スター銀行カードローンの審査が受けられるようにしておくことも大切ですよ。
 

そして、残念ながら東京スター銀行カードローンで借りたお金は「事業運転資金」には使えません。

東京スター銀行ではビジネス資金に使用可能なカードローンもありますので、もし運転資金を資金調達したいならそちらに申し込むと良いでしょう。

スターカードローンは、あくまでも「事業性資金には使えないカードローン」となります。

自営業ならココがオススメ
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
mokuji

キャバクラ・風俗嬢でも東京スター銀行で審査に通る?

東京スター銀行カードローンはキャバ嬢や風俗嬢でも借りれる?

キャバクラ嬢や風俗嬢など、いわゆる水商売をしている人でも、東京スター銀行カードローンではお金を借りれるのでしょうか?

水商売など夜のお仕事は「高収入が期待できる職業」として若い女性を中心に人気です。
 

ですが、お水の仕事は歩合制が基本ですから、高額な収入を得るようになるまでが大変な職業でもあります。

その為、カードローン審査で重要な「毎月の収入が安定する」というのは中々難しいと言われています。
 

風俗嬢やキャバ嬢などの水商売の人が「ローンの審査に通るのが難しい」と言われるのは、この収入の安定性が大きな理由の1つです。

決して、夜の仕事という「職業柄で審査に通らない」というわけではないのです。
 

ですが、逆に言えば「収入が安定していれば、水商売でも東京スター銀行カードローンで審査通過は十分に可能」なのです。
 

ただし、風俗店やキャバクラなどの「体験入店」といった日雇いバイトの場合は審査落ちする可能性は高いです。

勤務日数があまりにも少ないのが原因で、週3~4日はお店で働いていなければ東京スター銀行カードローンの審査通過は難しいでしょう。
 

風俗嬢やキャバクラ嬢の中には「勤務先を偽装して申し込みをする」という人もいます。

「アリバイ会社」と呼ばれる在籍偽造会社を利用して審査に申込む人もいるようですが、それは立派な犯罪ですので絶対に手を出さないでくださいね。
 

東京スター銀行カードローンの仮審査の後に行われる「本審査」では、在籍確認のために勤務先に電話連絡が行われます。

この在籍確認の時に聞かれるのは「基本的には本名」で源氏名はNGです。
 

キャバクラ店や風俗店の店長やスタッフは、源氏名だけで本名は知らないという人が多いでしょう。

お店の人に本名を伝えておく、もしくは在籍確認の電話は「源氏名と本名の両方で聞いてくれないか」を、事前に東京スター銀行に相談しておくとよいでしょう。

より詳しくはこのページも参考に⇒風俗嬢でもカードローンやキャッシングでお金を借りれる?

mokuji

東京スター銀行カードローンでの初回限度額は?

東京スター銀行カードローンの初回限度額

東京スター銀行カードローンの利用限度額は「10万円から500万円」です。

銀行のカードローンならではの高額融資は非常に魅力的ですよね。

「この範囲内なら自分の希望する金額を東京スター銀行カードローンで借りれる」…そう思う方も意外と多いです。

ですが、実際に希望する限度額を必ず借りれるわけではありません。

利用限度額は東京スター銀行の審査によって決定され、その額は人によって違います。
 

東京スター銀行カードローンで最初に借りれる金額は正直多くありません。

基本的に申し込み者の返済能力などを考慮して限度額は決定されます。

ですが、東京スター銀行カードローンで最初に借りれる限度額は、大体は10万円から30万円前後と見てよいでしょう。
 

中には「初回限度額100万円からの申込み」をされる人もいるようですが、いきなり最初から100万円の限度額が通ることは滅多にないでしょう。

東京スター銀行側からすれば、審査だけでは正直、「この申込者が本当に返済できるのか?(信用があるか?)」は分かりません。

ですから、最初は様子見で少額の貸付を行うことが多いのです。

そう考えると、理にかなっているといえるでしょう。
 

基本的にアルバイトやパートよりも、正社員のほうが限度額は多めに設定されることが多いです。

これは東京スター銀行カードローン以外のカードローンでも同じことがいえます。

やはり「収入の安定性」という点では正社員のほうが上ですからね。

このように、東京スター銀行カードローンでは、一般的に「初回の限度額は10万円~30万円ぐらい」と考えておくのが無難です。

↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
mokuji

東京スター銀行カードローンの増額方法は?

東京スター銀行カードローンの増額方法

東京スター銀行カードローンは契約後の「限度額の増額」はもちろん可能です。

ローン限度額を増額するためには「増額審査」に通過する必要があり、「自分で増額申込をするパターン」と「東京スター銀行から増額通知が来るパターン」の2通りがあります。
 

ただし、東京スター銀行から増額・増枠の連絡がくることは実はあまりありません。

「融資枠が増える」ということは、銀行側もそれだけリスクを抱えるわけです。

ですから、確実にお金を返してくれそうな人」にしか限度額の増額・増枠の案内はしません。

言ってみれば「東京スター銀行から増額の案内が来た人は優良顧客」というわけです。
 

もちろん、東京スター銀行から増額案内が来なくても、自分で増額審査に申し込むことで、上限金額を増やすことは可能です。

ですが、東京スター銀行側に優良顧客と見なされているわけではないので、それだけ増額の審査は厳しくなるということは忘れないで下さい。
 

東京スター銀行カードローンの増額審査では「収入証明書」が必ず必要となります。

会社員の場合は「給与明細もしくは源泉徴収票」、自営業や個人事業主の場合は「確定申告書の写し」を忘れずに用意しましょう。
 

東京スター銀行カードローンで限度額を上げるためには「借り入れと返済」を定期的に行い、実績を積むことがポイントです。

もちろん、一度も遅滞なく返済をしないことには信用度は上がりませんので、1日も遅れずに支払いをするように心がけましょう。
 

では、東京スター銀行カードローンで契約してから「どれ位の期間」が増額には必要なのでしょうか?

明確な基準は金融業者によって変わりますが、一般的に「消費者金融であれば最低半年」「銀行カードローンなら1年以上の実績」があったほうが、増額審査に通りやすいと言われています。

したがって、東京スター銀行カードローンでも「最低6か月~1年」ほどの利用期間がないと、増額審査通過は難しいでしょう。
 

また、東京スター銀行カードローンで増枠を検討しているのであれば、「他社での借り入れをしないこと」をお勧めします。

複数の金融業者から借り入れしているにも関わらず、東京スター銀行でも増枠もするとなれば、明らかに「返済能力の低い顧客」と判断されやすいからです。

また、お金を借りる目的がなくてもカードローンの多数契約をしているだけで審査に響く場合もあるようなので、必要ないカードローンは解約するのも手です。
 

以上のように、東京スター銀行カードローンで増枠融資や追加融資を受けるには手間も時間もかかります。

審査条件も増額となると厳しくなりますし、上限金額が必ず上がるとは限りません。

そのため、他社で新たにキャッシング申し込みをしたほうが、借りれるまでに早いケースもあります。

「今すぐ増枠したいほどお金が必要」という場合であれば、他のカードローンに新規申し込みを検討してみるのもオススメです。

東京スターで増額よりも
他社金融のが早く借りれる!
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
 

mokuji

東京スターカードローンの口コミ評判まとめ!

東京スター銀行カードローンの口コミ評判

東京スター銀行カードローンを申し込む際に、やはりチェックしておきたいのが「ネットの口コミ」でしょう。

実際に東京スター銀行カードローンを利用した人の口コミ評判は何よりも貴重です。

ここでは、東京スター銀行カードローンの気になる口コミの「評価や評判」をまとめてみました。
 

まず「ネット上の口コミサイト」や「2ちゃんねるの掲示板」では、下記のような口コミが多く見られました。
 

東京スターカードローンの口コミ
・他よりも金利が低くてお得
・審査は早いが融資に時間がかかった
・お金を借りれるまで1か月かかった
・郵便物が届くのが遅い
・店舗まで行ったが対応があまりよくない
・即日融資で借りれる上限金額が低い
・限度額が他に比べて低め
・口座開設をしないと申込めないのが面倒
 

数ある東京スター銀行カードローンの口コミを大まかにまとめてみましたが、やはり「実際にお金を借りれるまでに時間がかかる」といった内容のクチコミが多かったです。

また。東京スター銀行カードローンでは「口座開設」は必須事項ですので、「それが面倒」という口コミも多いようです。

ただ、比較的金利は低めなので、そこはお得に感じるというユーザーの口コミも多数見受けられました。

2chでの評価や評判についても、やはり「融資までに時間がかかる」という書き込みが多くありました。
 

このように、東京スター銀行カードローンの口コミをまとめてみると、「急ぎでお金が必要」という人にはあまり向いていないカードローンなのかもしれません。

ですが、専業主婦でも借りれる点や低金利差を考えると、時間に余裕がある人であれば申込んで損はないカードローンといえるでしょう。
 

ただ、あくまでもネットや2ちゃんの口コミですので、すべてが真実というわけではないので真に受けすぎないよう気を付けましょう。

口コミで高評価なのは
安心安全の大手カードローン
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
mokuji