トマト銀行ビジネスローン


 

トマト銀行よりも審査は早い!
ファクタリングなら即日資金調達!
↓ ↓ ↓ ↓
ファクタリング無料診断

トマト銀行の各ビジネスローン商品

トマト銀行・事業者向けローン

岡山県の地方銀行であるトマト銀行。

東北・関東圏にお住まいの人は「トマト銀行」という変わった名前になじみがないかも知れませんが、関西のほうでは割と有名な地方銀行です。

そんなトマト銀行では「トマト銀行カードローン」などの個人向けのキャッシングのほかに、事業者向けのビジネスローンやシンジケートローンなど存在しています。

では、トマト銀行の事業者向けローンにはどのようなものがあるのでしょうか?

代表的なものをご紹介していきましょう。

 

・トマト・ビジネスクイック500

トマト・ビジネスクイック500は「個人事業者専用のビジネスローン」です。

そのため、法人企業などは利用することができませんのでご注意を。

ビジネスクイック500では最大融資額が500万円となっており、基本的には次の日には審査結果が分かるスピード回答がウリです。

金利については4段階制となっており、年5.8%、年8.8%、年10.8%、年14.8%となっていますが、審査の結果次第でどれになるかは変わってきます。

ビジネスクイック500の大きな特徴としては、300万円までの融資に関しては確定申告書や所得証明書の提出は不要ということです。

カードローン並みの手軽さで申し込めるのは口コミなどでも評判だそうです。

そのほか、担保や保証人なども不要なので、資金繰りや運転運転資金に困っている自営業・個人事業主の人には強い味方になってくれるでしょう。

 

・トマト・ビジネスカードローン

トマト・ビジネスカードローンは上記のビジネスクイック500と違い、法人企業でも利用が可能です。

最大融資金額は100万円以上2,000万円以内なので大口融資にも対応してくれます。

金利に関しては変動金利を採用しているため、そのときの景気によって変わってくるので中が必要です。

ちなみに、トマト銀行と与信取引が6ヶ月以上なければ利用ができません。

そのほか業歴が3年以上・2期以上の確定申告を行なっていることも条件となるのでよく確認してから審査に申し込むようにしましょう。

 

・トマト・ビジネスサポートローンⅡ(はばたき・かがやき)

トマト銀行での事業資金大口融資となると、ビジネスサポートローンⅡ(はばたき・かがやき)がオススメです。

「はばたき」では5000万円以内、「かがやき」では1億5000万円以内の取引が最大で可能です。

ただし、「岡山県信用保証協会」の保証が受けられない場合は審査落ちしてしまうので注意しましょう。

審査期間については、原則、次の日には結果がわかるようなので、急ぎで資金調達したい方にも安心です。

このほかにもトマト銀行には、農業を営む人向けの「トマト農業サポートローン」「大地のやすらぎプラス」や、「トマト機械担保融資」なども存在します。

自分の目的に合わせたビジネスローンで資金調達するようにしましょう。

mokuji

トマト銀行ビジネスローンは甘い審査なのか?

トマト銀行ビジネスローンの審査基準

様々な事業者向けローンを取り扱っているトマト銀行ですが、融資のための審査は甘いほうなのでしょうか?

基本的には、トマト銀行の各ビジネスローンは審査は通りやすいということはまずありません。

トマト・ビジネスクイック500では「収入証明なし」「確定申告の写しの提出は必要なし」ということで申込みの敷居は非常に低いです。

しかし事業向けの融資やビジネスローンというのは、カードローンやキャッシングなどとは違い、大きな金額の貸付になることが多いです。

そのため、「返済できるかどうか」などを審査時に慎重に判断するので、審査自体は非常に厳しくなると考えるのが自然でしょう。

ビジネスサポートローンⅡの「はばたき」や「かがやき」に至っては5000万円~1億円物大金を融資することになります。

甘い審査で借入れできるはずがありませんよね?

ですので、トマト銀行のビジネスローンの審査基準は決して緩いわけではないと覚えておきましょう。

 

もし仮に、トマト銀行のビジネスローンを断られてしまってもあきらめるの早いです。

売掛金が安定してある会社であれば、ファクタリングなども利用可能です。

ファクタリングであれば即日に運転資金を調達することも可能。

さらに、銀行融資を断られていても関係ありません。

ですので、まずは無料診断でチェックしてみましょう。
 

トマト銀行で融資を断られてもOK!
ファクタリングなら即日資金調達!
↓ ↓ ↓ ↓
ファクタリング無料診断