主婦1・困り1
私は以前のダンナと離婚して、現在は子供が2人の母子家庭です。

今ちゃんと働いてはいるのですが、色々とお金がかかってしまい生活が苦しいです。助成金などを受けたいのですが手続きに時間がかかるため、出来るだけ早くお金を借りたいです。

仮に母子家庭だとしてもキャッシングなどでお金を借りることは出来ますか?

オペ・納得
母子家庭の人でもカードローンやキャッシングでお金を借りることは可能です!

では、審査通過のための条件についてご紹介していきましょう!


母子家庭でも融資は可能!
口コミ人気の大手金融はココ
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム

安心の30日間金利0円サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  アコム無利息サービスの条件
 
第2位プロミスプロミス

お得な30日間無利息サービス

↓ ↓ ↓ ↓
  プロミス30日間無利息サービスの条1
 

母子家庭が受けれる助成金や支援金は?

昔は少なめでしたが、現在では離婚による母子家庭・父子家庭と言うのは当たり前となっています。

少し前にはシングルマザーという言葉も流行ました。

ですが、簡単に母子家庭といえど、生活するのは非常に大変です。

例えば、母子家庭では子育てを一人でしなければならない上に、女手一つで「医療費」「生活費」「家賃」「養育費」「学費」などもしっかりと稼いでこなければなりません。

子供が小さければ、仕事をしているときは保育園に預けなければいけないため、「保育料」もかかってきてしまいます。
 

ですが、そんなときに助けとなってくれるのが、母子家庭に対する「国の手当て金・助成金・補助金」の支援制度です。

例えば、
「児童手当」
「児童扶養手当」
「児童育成手当」※1
「特別児童扶養手当」※2
「母子家庭、父子家庭の住宅手当」
「生活保護」
「ひとり親家族等医療費助成制度」
「乳幼児や義務教育就学児の医療費助成」
※1~2は所得制限あり。

…などが上げられ、所得が少なく生活に困っている母子家庭を助けてくれます。
 

また、母子家庭や父子家庭はいくつかの「税金免除・減免制度」も存在しています。

例えば、「所得税や住民税」「粗大ごみの処理代」「上下水道」「保育料」などを減免してくれる場合があり、「国民年金や国民健康保険の免除」「交通機関の割引制度」などもあります。

ただし、各減免や割引の制度には「厳しい審査」や「該当条件」があり、「どの母子家庭でも簡単にお金を借りることができ、援助を受けれる」というワケではありません。

mokuji

母子家庭がキャッシングするための条件は?

「どうしてもお金が足りない」「生活が苦しいくてお金を借りたい」…そんな状況で助成金制度を受けれない場合に考えるのが「カードローンやキャッシング」ではないでしょうか?

テレビCMや広告などで大手消費者金融や銀行がこぞって宣伝しているので、イヤでも目に付きますからね。

では、そんなカードローンやキャッシングでは、母子家庭の人でもお金を借りることが出来るのでしょうか?

これに関して、「正社員でなければ審査に通らない」「片親だとお金を借りることはできなそう…」そんなイメージを持ち「お金を借りたいけど母子家庭だから無理だろう」と、勝手に決め付けてしまってはいけません。

条件を満たしていれば、もちろん母子家庭の世帯でもキャッシングなどでお金を借りることは十分に可能です。

カードローンやキャッシングでお金を借りるための条件は各金融業者によって異なりますが、基本的に「働いて安定的な収入があること」「満20歳以上であること」の2点です。

ですから母子家庭だから融資を受けるのは無理ということはありません。

利用条件欄にも「母子家庭の方は貸付できません」といった記載もありませんので、安心して借りることができるでしょう。

金融業者から借りるお金は使い道自由ですから「生活費や子供の教育費」など様々な目的に使うことが可能ですよ。

他の「目的ローン」と異なり、資金用途の証明書を提出しなければいけないということもありません。
 

ただ、消費者金融や銀行のカードローンやキャッシングでお金を借りるには審査を受けて通過しなければいけません。

これはカードローンやキャッシングに限ったことではなく、母子家庭であろうが「融資を受けるには必ず審査」があります。

審査と聞くと憂鬱になる人がほとんどどかと思います。

お金を借りることができるのかどうか不安になりながら結果を待つわけですから、無理もありません。

まず、お金を借りるための審査基準は各金融業者によって異なります。

残念ながら、各金融に直接問い合わせても審査基準を教えてくれることはありません。

また、審査に落ちた場合でも原因を教えてくれることもありません。

このように、審査基準が分からないまま申し込みするのですから、そりゃあ不安になりますよね。

ましてや、お金に困っていて今すぐお金を借りたい母子家庭であれば、子供の生活もかかっているので軽い問題ではありません
 

上記でも述べましたが、審査基準を公開している金融業者は基本的にありません。

ですが、「審査でどの部分を重要視しているのか」というのはある程度、各金融業者で共通していると言われています。

カードローンやキャッシングでは繰り返し借り入れができる上に、コンビニATMでいとも簡単にお金を借りることができてしまう非常に便利なサービスです。

ですが、あくまでも「借金」なわけですから、当然、お金を借りるぶんに利息を付けて返済しなければいけません。

その為、金融会社側は審査で「申込をした人に十分な返済能力があるのか」を見極める必要があります。

返済能力があるのかを見極める為の判断材料として特に重要視されるのが「収入、勤続年数、信用情報」の3点です。

もちろん上記以外の部分も審査ではチェックされますが中でも特に重要となる部分が上記3点となります。

mokuji

母子家庭で年収が低くても安定していれば借りれる!

まず「収入面」ですが、冒頭でも触れたように「安定した収入がある事」がお金を借りる上での最低条件となります。

例えば「前年度は300万円だったのに今年の収入は半分の150万円」といったように年度ごとに大きく収入が異なると安定しているとは言えません。

逆に「前年度も今年度も収入はおおよそ200万円」と収入額は決して大きくなくても「波がない」という場合のほうが審査には通りやすいと言われています。

その方が計画的に返済してもらえるからです。

ですので、仮に年収の低い母子家庭だとしても、安定して収入があれば、お金を借りることは問題ないというわけなのです。

もちろん、雇用形態は特に重要視されません。

正社員の方がお金を借りる審査には有利かもしれませんが、パートやアルバイトの母子家庭のお母さんでもキャッシングされている人は沢山いるので安心してください。

mokuji

働き始めたばかりだと審査通過は厳しいかも!

次に勤務年数ですが、これは最低でも1年以上あるのが望ましいです。

金融業者によって勤続年数の指定しているところも多く、その殆どが1年以上と明記しています。

ですからこの勤続年数1年以上というのは「出来ればクリアしたいライン」といえるでしょう。

最低でも3ヶ月~半年は働いていないとまずいかも知れません。

働き始めの母子家庭の人や、勤務年数は長くても週1程度など「勤務日数が極端に短い場合」は、残念ですがお金を借りる審査に通るのは難しいと思った方が良いでしょう。

ただ、中には「働きはじめでてすぐでも融資OK」という金融業者もあるようですので、もし母子家庭で不安なのであれば、そちらを当たってみるのも良いでしょう。

mokuji

過去に返済遅延があったりブラックだと難しい!

最後に「信用情報」についてです。

信用情報というは「ローンやクレジットカードの利用履歴」の事を言います。

いままでの「ローン契約内容や返済履歴」」「借り入れ残高」など、ローンやクレジットに関するあらゆる情報が記録として残っています。

この信用情報は「指定信用情報機関」にて管理されています。

具体的には「CIC」「JBA」「JICC」などのことです。

正規の貸金業者はこれらの信用情報機関に加盟しており、信用情報機関を通して申込者の信用情報を必ず確認しているのです。

信用情報には「返済の遅延」や「踏み倒し」といった事故情報もきちんと登録されています。

仮に多重債務のブラックリストであれば、すぐに金融会社側にバレてしまうのです。

事故情報はマイナス評価となり、審査落ちする可能性が非常に高くなりますので注意しましょう。

「既にローンを組んでいる」「クレジットカードを利用している」という母子家庭の人は自分の信用情報をチェックしてみると良いでしょう。

mokuji

母子家庭にオススメなのは大手消費者金融!?

このように、母子家庭でも消費者金融や銀行系カードローンでお金を借りることは可能です。

しかし、様々な金融業者があるので、どのカードローンに申し込みをしようか迷っている母子家庭のお母さんも多いのではないでしょうか?

子供さんのことを考えるのであれば、絶対に安心して借り入れ出来るところが良いですよね。

オススメは銀行系と大手消費者金融です。

銀行系は金利が安いですから少ない負担でお金を借りることができます。

大手消費者金融は銀行よりは金利が高めですが、対応がとにかく早く、申し込んだその日のうちに融資を受ける事も可能です。

ですが銀行系の場合、「正社員でなければいけない」「前年度の年収が●●●万円以上」と言った指定が入る場合もあるため、母子家庭の人は出来れば大手消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

ちなみに、消費者金融の中には名前も聞いた事もない「中小サラ金業者」も存在します。

このような金融業者の中には、悪質な貸付を行うヤミ金なども紛れている場合があります。

ですので、安全にお金を借りたいのであれば「大手の消費者金融」を選ぶことが安心と言えるでしょう。

アコムプロミスなどは「銀行の傘下」に入っている消費者金融ですので、何か問題が起きた場合でも、安心の対応をしてくれるでしょう。

mokuji

みんなが選ぶオススメカードローン お金を借りるにはコチラ