教習所の運転免許・合宿ローン

↓ 気になる項目をクリック! ↓

カードローンで借りるほうが
後々使えるし、審査も早い!?
↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 
第2位プロミスプロミス
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要

 

教習所で運転免許を取るのはいくらかかる?

自動車学校ローンの審査

18歳以上になれば取れる車の運転免許。

高校在学中の早い時期に18歳になれば、高校3年生の夏から教習所に通う人も多いです。
 

大学生になれば夏休みなども長いため、運転免許を「教習所の合宿」に行って取得する「合宿免許」を選ぶ人も多いでしょう。

また、バイクなどの中型免許であれば高校生のときから教習所に通い取ることは可能です。
※参照ページ⇒「バイクローンは学生でも組めるんですか?
 

しかし、そんな「バイク・自動車の免許取得のための自動車学校」というのは無料で行けるわけではありません。

では、教習所で免許を取るのにかかるお金はいくらぐらいかかるものなのでしょうか?
 

おおよその金額ですが、通学教習所であれば費用は「28~35万円前後」はかかってしまいます。

普通免許のマニュアルであれば「33~35万円前後」

普通免許のオートマ限定であれば、MT免許よりも2万円前後安くなりますが、「28万~30万円」はかかります。
 

さらに、技能試験などに落ちれば追加料金がプラスされるため、要領が悪ければ40万円近くかかる場合もあります。

下記に「通学教習」のおおよその免許取得の料金を、種類別にまとめてみたのでぜひ参考にしてみてください。

 
教習所ローンが組めない時の秘策

mokuji

運転免許の料金相場はいくら?

運転免許費用の相場について

普通自動車(AT車限定)⇒28万~30万円
普通自動車(MT車)⇒33~35万円

★自動二輪(普通免許あり)
小型二輪免許(AT車限定)⇒9万円
小型二輪免許(MT車)⇒10万円
普通二輪免許(AT車限定)⇒11~12万円
普通二輪免許(MT車)⇒13万円
大型二輪免許(AT車限定)⇒18万円
大型二輪免許(MT車)⇒21万円

★自動二輪(普通免許なし)
小型二輪免許(AT車限定)⇒18万円
小型二輪免許(MT車)⇒20万円
普通二輪免許(AT車限定)⇒20万円
普通二輪免許(MT車)⇒22~23万円
大型二輪免許(AT車限定)⇒28万円
大型二輪免許(MT車)⇒30万円

★中大型・特殊(普通免許あり)
中型自動車免許⇒15~20万円
大型自動車免許⇒30~35万円
大型免許+大型特殊⇒38~40万円
けん引免許⇒10~15万円
けん引+大型免許⇒42~50万円
けん引+大型特殊免許⇒15~20万円
けん引+大型免許+大型特殊⇒40~45万円

★中大型・特殊(中型免許あり)
大型自動車免許⇒25~30万円
大型免許+大型特殊⇒30~33万円
けん引+大型免許⇒32~35万円
けん引+大型免許+大型特殊⇒30~35万円

※おおよその費用となるため、教習所によってかなり違いはあります。
 

ちなみに、「合宿免許」であれば通学免許よりも全般的に「8~10万円ほど金額が安い」という場合が多いです。

これは、教習所に入校~卒業までのスケジュールが完全に決まっており、予約のキャンセル・変更などがないため低価格に抑えられるんだそうです。
 

免許合宿なら「免許取得の期間」は最短で「普通免許AT限定は14日」「普通免許MTは16日MT」と非常に早いのも特徴です。

さらに路上講習・技能試験・筆記試験に落ちた場合の「追加料金がなし」というプランもあり、かなりお得ではあります。
 

ですが、仮に教習所の免許合宿に行ったとしても「20~25万円」は最低でもかかってしまいます。

小型2輪免許だとしても「19~23万円」はかかるでしょう。
※宿泊施設・プラン・教習所によって価格は大きく変わる場合があるので注意。
 

また、通学教習・合宿免許ともに、入校者が多くなる「2~3月」と「7月~8月」は1~2割分料金を上げる教習所も多いのが現状です。
 

ちなみに「合宿免許と通学教習はどっちがいいの?」といった疑問があるとおもいますが、もし時間があるのであれば「合宿免許」のほうが明らかに金額が安いのでオススメです。
 

ただ、免許合宿というのは「2週間前後」の期間がかかるため、長期の休みが少ない社会人・主婦などでは現実的に行くのは厳しいでしょう。

高校生や大学生の夏休みなどで合宿免許にいくというのが一般的なようですよ。

 
教習所ローンが組めない時の秘策

mokuji

教習所や自動車学校はローンを組めるの?

教習所でローンを組むことは可能

上記のように「教習所に通うお金」というのは非常に高額となります。
 

では、一括で教習費用を払えない人はどうすればいいのでしょうか?

教習所や車校などでは「ローンを組む」ということは可能なのでしょうか?
 

実は、車検ローンと同じく運転免許取得の費用というのはローンを組むことができるのです。

車検ローンについてはコチラを参考に
 

教習所のローンでは、大手銀行のほか、セゾンカード・エスポカード・セディナジャックスなどのクレジット会社などが教習所と提携しています。る場合が多いです。

そのほか、大学生協などでも車校ローンは取り扱っています。
 

最近では教習所ローンも「ネット申込み」が可能となり、簡単に審査申し込みができるためかなり便利になりました。

学生さんであれば「学割り」を適用してくれ、数万円安くなるドライビングスクールなどもあります。
 

さらに回数払い・分割払いももちろん可能で、「スキップ払い」という返済方法を選べば、返済の開始時期を遅らせることもOKです。

ただし、教習所のスキップ払いは未成年の学生向けが多いので注意してくださいね。
 

運転免許ローンの審査

このように、運転免許取得の費用はローンを組んでクレジット払いすることも可能です。

ただ、ローンとなるため「若干の金利・利息」が取られるので、現金払いよりもトータルで支払うお金が少しだけ高くなります。
 

金利の仕組みについては、当サイト内の「カードローンやキャッシングの金利・利息は大体いくら?」というページをご参考に。
 

しかし、「できるだけ早く運転免許がほしい」「すぐに教習所の頭金を用意できない」といった人には非常にありがたいですよね。
 

ちなみに、教習所のローンを組む際の審査では、多くの場合「本人確認書と住民票」が必要となるようです。

また、「視力や聴力などの身体能力が入校条件を満たしているか?」といったなどの審査・テストなどが行なわれる教習所もあるそうですよ。
 

この運転免許ローンはカードローンなどの審査に比べ必要書類が多かったり、身体テストがあったりと多少面倒さはあるようです。

 
教習所ローンが組めない時の秘策

mokuji

運転免許ローンの月々の分割費用はいくら?

では、自動車学校の運転免許ローンを組んだ場合、月々の分割で払う金額はいくらぐらいなのでしょうか?

また、分割の回数はどれぐらいなのでしょうか?
 

これに関してですが、各教習所によっても多少は変わりますが、

・10000~15000円前後を24回払い
・20000円前後を12回払い

…というのが一般的な相場となっているようです。
 

「大学生協の運転免許ローン」を例に挙げると、

・月額21800円の11回分割払い
・月額11400円の23回分割払い

…などが挙げられます。
 

 
ただし多くの場合、「初回に支払う返済金額」は「月額の返済費用よりも少し高め」になりますので注意しましょう。

また、教習所の費用を分割で払うわけですから「ローンの分割手数料」も取られることをお忘れなく。
 

ちなみに、教習所ローンの支払い方法には「夏・冬のボーナス払い」というのもあります。

こちらは一括返済か2回払いを選べますので、自分に合わせて選ぶと良いでしょう。
 

このように、教習所や自動車学校の運転免許ローンは「月々1~2万円程度の返済額」で、「分割回数は12~24回払い」が一般的となっているようです。

 
教習所ローンが組めない時の秘策

mokuji

車校ローンは未成年の学生も組める?保証人は必要?

教習所ローン・未成年の学生

では、教習所のローンは18歳・19歳の未成年者でも組めるのでしょうか?

また、ローンを組めるとしても両親(保護者)の承諾は必要なのか?

保証人や連帯保証人はどうなのでしょうか?
 

まず、結論から言うと「未成年者でも車校ローンを組める」という教習所ローンはあります。

例えば、セディナやジャックス、マルイのエポスカードやセゾンカードなどが挙げられます。
 

しかし、基本的には18歳以上の未成年者が対象となり、教習所ローンは組めるが「親の同意が必ず必要(保証人)」という場合が多いようです。

エポスカードに限っては「18~19歳でも保証人はいらない」と記載されていますが、親の承諾がなければ未成年はエポスカードは作れませんので、実質、両親の同意は必ず必要となります。
 

ちなみに「大手の銀行」などが提供している教習所ローンでは、そのほとんどが「未成年や学生さんが本人契約で免許ローンを組むのはムリ」な場合が多いようです。

つまり、大手の銀行の教習所ローンでは、親名義でローンを組むしかありません。
 

また、大学生協の運転免許ローンでも親権者などの「連帯保証人」が必ず必要となる上、学生証も必ず必要となります。
 

このように、「未成年者でも教習所のローンは組めるが、保護者の承諾(保証人)がなければ、まず無理」という感じになります。

mokuji

主婦やアルバイトでも運転免許ローンは組める?

教習所ローン・主婦やアルバイト

主婦やアルバイトのような正社員として働いていない人でも、本人名義の申込で教習所のローンは組めるのでしょうか?

これに関してはカードローンやキャッシングと同じく、「パートやアルバイトをちゃんとやっていて、毎月一定収入が安定してある人」であれば、本人名義で運転免許のローンを組むことは可能です。
※参照ページ⇒「パートや専業主婦でもカードローンでキャッシング可能?
 

ただし、あまりにもパートやバイトの出勤日数があまりにも少ないようであれば、自動車学校ローンの審査には通らない可能性が出てきます。
※詳しくはココを参考に⇒「カードローン審査は勤続年数が短いと通らない?
 

「正社員」として働いていないパートやアルバイトは、あまりにも出勤日数が少ないと「収入が安定していないので返済されるか怪しい」と審査で判断されてしまう場合が多いからです。
 

最低でも週3ぐらいは出勤していないと、教習所ローンの審査に通るのは厳しいのかも知れません。

また、1年以上は働いていなければ「保証人なし」で運転免許ローンを組むことは難しくなります。

派遣社員の方についても同様のことが言えます。
 

ちなみに、専業主婦の場合は「働いていない」と判断され、本人名義のローン申込みだと審査には通らない場合が多いようです。

ですので、「旦那さん名義で審査申込みをする」などの方法をとるしかないでしょう。
 

このように、パートやアルバイトさんでもある程度出勤日数が多く、正社員のように働いているのであれば本人名義での教習所ローン申込みは可能です。

 
教習所ローンが組めない時の秘策

mokuji

教習所ローンで「保証人ありなし」の基準はコレ!

運転免許ローンの保証人の有無の見分け表

上記で軽く触れましたが、自動車学校や教習所のローンを組む際に「保証人が必要となるケース」はどのような場合なのでしょうか?

ここでは、「一般的な運転免許ローン」を組む際の「保証人の有無の基準」について詳しくまとめてみました。
 

簡単にまとめると「未成年者なのか?」「働いているのかどうか?」「親と同居しているのか?」という3点が、「保証人のありなし」の大きなポイントとなります。
 

まず、上記の「未成年の学生が免許ローンを組めるのか?」の項でも触れましたが、「18~19歳の未成年者(高校生・大学生・社会人)」は基本的には保証人(親の承諾)なしでは教習所ローンを組むことはできません。

18歳未満では、仮に社会人として働いていても「本人契約」はできません。

ですので、そもそも「親名義でローンを組む」ということになります。
 

18歳以上20歳未満の場合、本人名義で自動車学校ローンを組むことは可能です。

しかし、仮に大学生だろうが社会人であろうが、保証人は必ず必要となります。

 

続いて「満20歳以上」が運転免許ローンを組む場合についてですが、

・社会人として働いていて勤続年数が1年以上
・学生だがアルバイトをしていて、親と一緒に住んでいる

…これ以外の場合は「保証人が必要」になる場合が多いです。
 

仮に、満20歳以上の学生さん(申込者)が親と同居しているのであれば、自動車学校側は保証人を取る必要はなくなります。

何かあれば、申込者の登録住所に連絡すれば申込者の親が住んでいるので、親に返済を求めればいいわけですからね。

ただし、アルバイトをしていないと自動車学校ローンを組むのは難しくなりますので注意してください。
 

満20歳以上の社会人の場合ですと、働き始めてすぐに教習所ローンを組む場合は「保証人が必要」になる場合が多いです。

最低でも1年以上は働いていないと、「保証人を付けなければ運転免許ローンを組むことはできない」と考えたほうが良いでしょう。
 

このように、運転免許ローンを組む際の保証人の有無について上記の通りです。

しかし、各教習所のローン審査の際に「不適切」と判断されれば、条件を満たしていても保証人が必要になる場合も多いです。

ですので、条件に当てはまれば「必ず100%保証人は必要ない」というわけではないので注意しましょう。

 
教習所ローンが組めない時の秘策

mokuji

カードローンなら保証人不要で免許費用を借りる事も

自動車学校や教習所のローンでは条件を満たしていない限り保証人は必要となります。

ですが大手カードローンなら基本的には保証人は必要ありません。
 

もし「保証人を付けるのがどうしてもイヤ・難しい」というのであれば、大手カードローンで教習所費用を借りてしまうのもオススメです。

必要書類や手続きなども、運転免許ローンと比べ早くて楽です。
 

ただ「未成年者は申込できない」のと、「バイトなどをしていて安定収入が毎月ない」という場合は審査通過できませんので注意してください。
 

第1位アコムアコム
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 
第2位プロミスプロミス
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要

 
 

mokuji

教習所や合宿免許のローン審査は甘いの?

教習所ローン審査甘い

では、教習所や合宿免許のローン審査というのは通りやすいほうなのでしょうか?

銀行や金融会社・クレカやカードローンなどの審査に比べて、教習所のローンだとなんだか審査基準は甘そうな感じもしますよね?
 

まず、結論から先に言うと「普通のローンに比べ自動車学校ローンは低金利でローンを組めるので、審査自体は慎重になり、決して甘いわけではない」ということが言えるでしょう。
 

安い金利でお金を貸すわけですから、貸す側の銀行や信販会社、自動車学校としては多少の「リスク」を背負うこととなります。

そのため、「返済はムリそうだな」という人に対してはローンを組ませるわけにはいかないでしょう。
 

ですので教習所のローンだとしても、やはり安定収入が見込める(返済が見込める)「正社員」のほうが審査ではどう考えても有利といえます。
 

もちろん、パートさんやフリーター・アルバイトでも審査に通ることは可能でしょう。

しかし、上記でも述べましたが、パートアルバイトは、週3日ぐらいは出勤していないと現実的にローンを組むことはむずかしくなるかもしれません。
 

ちなみに、クレジットカードやカードローンで「返済が遅れたことがある」という人は、正社員だろうがパート・アルバイトであろうが教習所のローン審査で落ちる可能性は高くなります。
※参照ページ⇒「カードローンの返済を延滞してしまったらどうなるの?
 

ちょっと話はそれますが、実は銀行や信販会社というのは「信用情報機関」と呼ばれる公共の機関を通じて「過去の情報」を共有しています。

そのため、「この人はどこでいくら借りている」「過去に返済遅延があった」というのは、審査時にすべて分かってしまうのです。
 

これは運転免許ローンの審査でも同じです。

ですので、仮に審査の際に「クレカやカードローンで借金はない」「借金返済が滞ったことはない」と嘘をついても審査で必ずバレます。
※参照ページ⇒「審査の申し込みで嘘をついたらどうなるの?
 

嘘がばれてしまえば信用を失い、自動車学校ローンといえど審査で落とされてしまいますので注意しましょう。

世の中、甘くはありませんね…汗
 

もちろん、審査の時には「勤務先への在籍確認」は必ず行なわれるので、仕事場を偽ったり、無職なのにウソをついてもまずバレます。
 

話を戻しますが、今までに「返済が遅れたことがある」というのは信用がかなり下がってしまうため、運転免許ローンの審査では相当不利となります。

また、他の金融業者からいっぱいお金を借りているのであれば、「返済できなそう」と判断されやすいので、審査落ちの確立は高くなります。
 

もちろん、ブラックリストに載っているのであれば、自動車学校のローンといえど組むことはできません。
※参照ページ⇒「ブラックでも融資OKのキャッシングはある?
 

このように、多少の金融事故があるという人は、教習所ローンの審査通過は難しくなります。

「教習所のローンだから、カードローンなどに比べ審査は甘いだろう」という考えは大間違いです。

基本的には、教習所のローンでも審査基準は甘くないと覚えておきましょう。
 

カードローンで借りて払ったほうが
楽チンだし実は便利かも!?
↓ ↓ ↓ ↓

お金を借りるにはコチラ
 

mokuji

免許ローンで審査に通らなかったときの【秘策】とは?

車校ローンの審査

では、教習所ローンの審査に落ちてしまい、ローンを組むことができなかったらどうすればいいのでしょうか?
 

「どうしても運転免許を取りたい!」という人の秘策として、「カードローンなどでキャッシングして現金を作る」という方法がオススメです。
 

消費者金融銀行カードローンでは、初回借入限度額は人によりますが「10~30万円」ぐらいキャッシングすることは可能です。

そのお金で教習所・自動車学校・合宿免許に申し込めばよいというわけです。

 
ちなみに、カードローンで教習所費用をまかなうメリットはもうひとつあります。

それは、運転免許を取った後に「自分のクルマを買いたい!」となったとき、カードローンがあればすぐに頭金を借りることも可能なのです。
 

マイカーローンなどは審査がより厳しくなるので、すぐにクルマを購入したいのであれば、カードローンを一枚持っていれば何かと役に立つことでしょう。

もう一度自動車ローンの審査を受けなくても済みますし。
 

大手のカードローンでは、条件を満たせば即日でお金を借りることも可能ですので、急な出費などにも対応してくれます。
 

↓ ↓ ↓ ↓

第1位アコムアコム
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 
第2位プロミスプロミス
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要

 

アコム・プロミス・モビットなどの大手カードローンであれば、パートやアルバイトをある程度していて、安定収入があれば審査通過は可能です。
 

また、教習所のローンと比べ、カードローンは審査のときの必要書類なども少なく「手続きなどが楽で早い」というメリットも挙げられます。
 

もし教習所のローン審査に通るのが難しそうであれば、カードローンでのキャッシングも検討してみるとよいでしょう。
 

カードローン以外の方法で自動車学校や教習所のお金を作りたいのであれば、こちらもページも参考にしてみてくださいね⇒お金を作る方法!すぐに現金を作るにはどうすればいい?

 

第1位アコムアコム
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 
第2位プロミスプロミス
↓ ↓ ↓ ↓

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要

 
mokuji