学生・疑問
世の中には様々なローンの形がありますが、「シンジケートローン」って言うのは一体どんな仕組みのローンなんですか?

シンジケートローンのメリットは一体何? デメリットは?

オペ・添え手
簡単に言うと、シンジゲートローンというのは複数の金融機関が集まって融資する「協調融資」のようなものです!

シンジケートローンのメリットは一度で大口の融資を受けることができること

シンジケートローンのデメリットとしては、融資の有無が「集まった金融機関の多数決」で決まるということでしょうか。


ファクタリング無料診断

シンジケートローンはどんなローン?

一般の人はあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、シンジケートローンというのは、複数の金融機関によって行われる「協調融資」のことを言います。

例えば日本政策投資銀行(DBJ)を始めとする様々な銀行にてファイナンシャル商品の一つとして取り扱っています。
 

一つのプロジェクトに対して、それぞれ複数の金融機関において債務者企業と個別にコミットメントや融資条件などを交渉し、その後、融資契約を行い融資を実行するというのも協調融資と一種なのですが、シンジケートローンというのは、これとは異なります。
 

そもそもシンジケートローンというのは、複数の金融機関で同一時期に、同一融資条件にて、同一融資契約書に基づいて、さらに同時期に融資を実行することになります。
 

複数の金融機関団を代表し、融資条件の交渉、または融資契約書ドラフト作成を行ったり、参加をしている金融機関を招集する金融機関のことを、主幹事(アレンジャー)と呼んでいます。

融資の契約をした後、資金実行や融資期間中のエージェント口座においての元利金の入金、または分配などの管理、そして債務者企業の各種報告などの参加金融機関に対しての情報提供、さらには関係者に対しての各種通知といった、実に様々な事務を行っている金融機関のことを、エージェントと呼んでいます。
 

一般的に、アレンジャーとエージェントというのは、既に存在しているメインバンクが兼ねて担うことが多い傾向にあります。

そして主幹事からの招集を受け、シンジケートローンに参加をする金融機関のことを、参加金融機関(パーティシパント)と呼んでいます。
 

以上のような仕組みで成り立つシンジケートローンというのは、相応規模のプロジェクトにおきまして、プロジェクトの資金需要を賄うために、複数の参加金融機関からの融資が必要な場合に行われます。
 

主幹事については、これまで債務者企業との取引が無かった金融機関に対しても幅広く声をかけていきますので、そのような新しい金融機関からも与信先としてお金を借りることの出来る信頼性が重要となります。

シンジケートローンはどのような企業であっても組成が可能というワケではなく、一定の事業規模を有しており、一定の評価を幅広い金融機関から受けている企業であって主幹事から勧誘される特徴があります。

そのため、言うならばシンジケートローンに勧誘された企業は、企業としての自信を持って良いでしょう。

mokuji

シンジケートローンのメリット・デメリットは?

では、簡単にシンジケートローンのメリット・デメリットについて説明させていただきます。

まず「シンジケートローンのメリット」は、個々の金融機関毎に個別条件が定められるのではなく、アレンジャーによって融資条件を取りまとめ、最終的に契約をするということです。

また、シンジケートローンは一度で多額の融資を受けることが出来ますので、資金調達に必要な手間を省くことが出来ます。

返済についても、シンジケートローンでは取りまとめている銀行(エージェント)の口座一つに集約されることから、企業における借入金管理が楽になります。

 

では逆に「シンジケートローンのデメリット」を挙げさせていただきます。

まず、「アレンジャーやエージェント」というポジションを決めなくてはいけないことで、普通の銀行融資の手続気に比べ手間が増えます。

また、シンジケートローンによる借入をする度に「契約書を作成」する必要がああり、手間がかかります。
 

そしてこのシンジケートローンの契約時には、「アレンジメントフィー」と呼ばれる「契約取りまとめ手数料」と、「エージェントフィー」という「事務取りまとめ手数料」が必要になります。

これは「融資を受けたお金の金利」とは別に払わなくてはいけない上に、アレンジメントフィーとエージェントフィーの合算手数料の相場は「金利の5%ほど」といわれています。

このように、「融資を受ける以外にも手数料を払わなくてはいけない」ことも、シンジケートローンのデメリットといえるでしょう。
 

さらに、シンジケートローンでは各銀行が融資を実行するかしないかといった意思決定というのは多数決で決定しますので、万が一何かトラブルがあった場合には、すべての借入が停止しまう可能性があります。
 

このように複数の銀行からお金を一度で借りることの出来るシンジケートローンですが、メリットとデメリットがありますので、企業がシンジケートローンを利用する際には、事前にきちんと将来のことを考えて検討する必要があるのです。

 
 

mokuji

学生・納得
つまりシンジケートローンというのは、いろんな金融が集まって出資しあうというわけですね。

確かにこれなら大きな融資もしてもらえるということか!

でも多数決となると、シンジケートローンはなかなか上手くいかなそう…汗

シンジケートローンって、なんか国会で法案を通すみたいな感じですね…汗

オペ・GOOD
多数決となると確かに難しい面もありますが、企業などからしてみると、やはり「大口の融資が可能なシンジケートローン」は非常に魅力的ですね。

シンジケートローンはあまり聞きなれない言葉ですが、「三菱東京UFJ銀行」や「りそな銀行」などの大手の銀行も取り扱っているので、覚えておいて損は無いでしょう。

ファクタリング無料診断